映画「翔んで埼玉」配信中!ネット視聴できる無料期間ありのおすすめ動画サイト

今回は、

映画「翔んで埼玉」

などに関する話題です。

ちなみに管理人は当ブログでも時々記事にしているように、埼玉県にはちょいちょい遊びにいきます。

特に秩父方面は大好きで、比較的頻繁に訪れているのですが、その他にも大宮(さいたま)、浦和、川口、草加、川越、所沢、坂戸、小鹿野などを訪れた事があります。

ただ秩父については、2019年現在ちょっと一言申したい事案があるのですが(苦笑)、映画「翔んで埼玉」からはだいぶ話が逸れてしまいますので、その話は一番最後にしたいと思います(苦笑)

映画「翔んで埼玉」をネット視聴できる動画配信サイト

まず、映画「翔んで埼玉」についてですが、管理人の戯言など聞きたくないという方の為に、今回は先に映画「翔んで埼玉」の配信サイトについてご紹介したいと思います(笑)

映画「翔んで埼玉」を配信している動画配信サイト

には、

U-NEXT【初回31日間無料お試しあり】

があります。

娘の結納のため東京へ向かう、埼玉在住の菅原家。道中、ラジオからある伝説の物語が流れ始める。それは東京屈指の名門校・白鵬堂学院を舞台に、生徒会長・壇ノ浦百美とアメリカ帰りの転校生・麻実麗の出会いから始まる、東京と埼玉の抗争の物語だった。

引用:U-NEXT【初回31日間無料お試しあり】

U-NEXT【初回31日間無料お試しあり】

は、

初回31日間無料お試し期間

があるため、

無料期間中に解約する事も可能

ですので、非常に利用しやすい動画配信サイトとなっています。

もちろん、無料期間中に解約すれば月額料金は発生しません。

また、

「翔んで埼玉」の視聴には540ポイントが必要(2019年9月現在)

になりますが、

U-NEXT【初回31日間無料お試しあり】では、

無料登録時に600ポイント(600円分)が特典として付与されるため、そのポイントを使って視聴する事が可能です

漫画版「翔んで埼玉」も配信中!

また、
U-NEXT【初回31日間無料お試しあり】

では、

漫画版「翔んで埼玉」も配信中

です。

こちらも324ポイントが必要な作品になりますが、映画と合わせて読めば、より「翔んで埼玉」を楽しむことができます。

TV番組で紹介されると共に大きな話題となっている「翔んで埼玉」の全3編! 魔夜峰央先生が埼玉県在住だった当時、埼玉県全体をおちょくった快作です。

引用:U-NEXT【初回31日間無料お試しあり】

映画「翔んで埼玉」とは?

まず、

「翔んで埼玉」とは何なのか?

について簡単に振り返っておきますと、元々「魔夜峰央」先生による漫画作品でしたが、2019年に実写版の映画が製作、公開されたという作品です。

その強烈な埼玉ネタが反響を呼び、大きな話題となった作品です。

『翔んで埼玉』(とんでさいたま)は、魔夜峰央による日本の漫画作品。『花とゆめ』(白泉社)1982年(昭和57年)冬の別冊および、1983年(昭和58年)春の別冊・夏の別冊に3回に分けて連載された。

2019年に実写映画版が公開。

引用:ウィキペディア

見る方の出身地によって評価が分かれる作品?

まず、映画「翔んで埼玉」を視聴して一番最初に思ったのが、

見る方の出身地によって評価が分かれる作品ではないか

という点です。

東京生まれ、埼玉生まれ、首都圏生まれ、地方生まれ、色々な方がいらっしゃるかと思いますが、見る方の出身地によって大分印象が違う可能性があります。

良い意味で、埼玉県だからこそネタで済む作品?

そしてこの作品は、

良い意味で、埼玉県だからこそネタで済む作品

ではないかなと思いました(笑)

本当に田舎な地方からしてみれば、なんだかんだで埼玉は首都圏ですし、確かに「ださいたま」などと言われる事もあったのでしょうが、

なんだかんだで冗談で済む心のゆとりがあるのも埼玉県

という印象です。

実際、

茨城県民からはクレームをつけられた

埼玉県民からのクレームは無い

という話もあります(苦笑)

なお、本作では埼玉県以上に茨城県も「日本の僻地という酷い描かれ方」をしているが、これは魔夜の妻が茨城県出身であることから「身内の地元ならば少しぐらいおちょくってもいい」と考えたためである。ただし後日、本作を起因として妻が親戚からクレームをつけられたという。埼玉県民から本作品に対するクレームは、まだ無いとのこと。

引用:ウィキペディア

それになんだかんだで、2019年5月1日現在の都道府県別人口ランキングでは5位です。

ほとんどの道府県は、埼玉県より人がいません。

出典:「都道府県市区町村 データと雑学で学ぼう遊ぼう」より

No. 都道府県 人口 ※2019年5月1日現在
1 東京都 13,843,403
2 神奈川県 9,179,835
3 大阪府 8,824,566
4 愛知県 7,539,185
5 埼玉県 7,322,645

「なんだかんだ」ばかりになってしまいましたが(笑)、もっと地方の、本当に田舎の県を相手にしてこのネタをやった場合、けっこう冗談では済まない強烈な反感を買ってしまい、場合によっては差別とまで言われてしまいそうな気もします(苦笑)

そう言った意味でも、

良い意味で、埼玉県だからこその作品

という印象です。

埼玉県に、そこまで自虐ネタに走る必要性を感じない

と言いますか、埼玉県ってそんなに自分を卑下したり、自虐ネタに走る必要なんかないと思います。

個人的には、秩父の自然の美しさに比べれば、東京23区なんかぶっちゃけ物理的にも感覚的にもほぼほぼゴミ臭くてかなわないですし、神奈川県の海なんかも別に綺麗だとは思えません。

要は、価値観は人によります。

「海を求めてトンネルを掘る」先見の明?

海を求めてトンネルを掘る

というのも、そもそも先人達は、不可能と馬鹿にされていたような事を実現し、人類史を進めてきました。

もちろん失敗例も数えきれないほどあるでしょうが、失敗を恐れてばかりではいつまで経っても前に進む事はできません。

それこそ近年では、海底下約100mの地中を通した「青函トンネル」もあります。

海を求めてトンネルを掘るどころか、現代では海の下にトンネルを掘れます。

馬鹿どころか、先見の明すらあったと言えなくもないように思います。

青函トンネル(せいかんトンネル)、又は青函隧道(せいかんずいどう)[3][注釈 3]は、本州の青森県東津軽郡今別町浜名と北海道(渡島総合振興局)上磯郡知内町湯の里を結ぶ北海道旅客鉄道(JR北海道)の鉄道トンネルである。

(中略)

津軽海峡の海底下約100mの地中を穿って設けられたトンネルで、全長53.85 kmは交通機関用のトンネルとしては日本一および東洋一である。全長は約53.9kmであることからゾーン539の愛称があった。

引用:ウィキペディア

千葉県 vs 埼玉県の出身地対決で噴き出した

個人的に作中で面白かったのは、

作品中盤の千葉県と埼玉県の出身地対決

です。

これには思わず噴き出してしまいました(笑)

少々ネタバレになってしまいますが、

千葉県が世界的ロックバンド「X JAPAN」の「YOSHIKI」さんを出したのに対し、埼玉県が誰を出したか?

ぜひ作品を見てご確認いただきたいです!

まさに「絶妙な人選」です(笑)

あと両者、

「弱い!」とか言うなw

失礼だろうがw

たしかに強くはないけどw

いや、ぶっちゃけ弱いけどww

まとめ ~そして西武秩父駅に物申す~

最後になりましたが、秩父に関して一言申したい事案の件についてです(笑)

埼玉について話題にする良い機会ですので、どうしても一言申したいです。

いや、別に埼玉の方々や、秩父の方々に文句があるという話ではありません。

ただ、

2019年現在の、再開発後の西武秩父駅は、なぜあのような閉鎖的空間にしてしまったんでしょうね?

秩父のシンボル「武甲山」

秩父の象徴、シンボルと言えば、なんといっても武甲山

ではないかと思います。

石灰岩の採掘により山体を削り続け、年月を重ねる事に山容が変化したりしてはいますが、長年に渡り多くの人々に恩恵をもたらし続け、その特徴的な山容も含めて全ての面においてまさに秩父の象徴たるに相応しい存在が「武甲山」だと思います。

しかし、あの再開発後の西武秩父駅はなんですかね?

フードコードに食券

はい、効率良いですね!便利です。

温泉も、無いよりはあった方が良いとは思います。

しかし私が納得いかないのは、

なぜ施設と武甲山を隔絶するような作りにしてしまったのか?

という点です。

以前の西武秩父駅は、立派でもなく、便利でもなく、いかにもローカル駅といった様相でしたが、武甲山と一体となったあの開放感は何物にも替え難いものであったように思います。

秩父の山川を堪能した後、西武秩父駅で武甲山を眺めながら飲食をしつつ、その日の秩父の思い出に耽ったり、話したりするのが醍醐味の一つだったような気がします。

ぶっちゃけあの施設の作りでしたら、別に秩父である必要は無いように思います。

強いて言えば、

開発を主導している某鉄道会社への苦言

になりますが、いつかどこかで一言申したかったので、この機会とさせていただきました(苦笑)

見る人が見れば面白い!

最後に「翔んで埼玉」からだいぶ脱線してしまいましたが、見る人が見れば間違いなく面白い作品ではあります。

まだ作品を見ていない

一度見たけど、また見たい

などという方は、

を利用して「翔んで埼玉」を視聴してみてはいかがでしょうか?

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。
最新の配信状況は各リンク先サイト内にてご確認ください。

※関連記事

私は複数の動画配信サービスに登録して利用しているのですが、今回は私が利用している動画配信サービスの中から U-NEXT ...
近年では、 ビデオ・オン・デマンド (Video On Demand、VOD) と呼ばれる動画配信サービスが非常に充実...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする