Apple Musicは曲が少ない?曲数が多いのは?定額制音楽聴き放題比較7選

近年は、

定額制音楽配信サービス

の利用者が着実に増加しており、

2018年末時点での総利用者数は1,980万人

と推計されており、さらに、

2021年末には2,370万人に拡大する

と予測されています。

 ICT総研では、音楽サービスの主流となりつつある定額制音楽配信サービスの市場動向について調査を行い、現在の市場規模を推計した。ICT総研の需要予測では、2018年末時点で日本国内の音楽配信サービスの利用者数は約1,980万人と推計される。

1,980万人の利用者のうち毎月一定額の料金が発生する有料サービス利用者数は1,010万人、無料のお試しサービスなどを利用中の無料サービス利用者数は970万人となる。

また、2019年末の時点では有料サービス1,140万人、無料サービス1,020万人で2,160万人に達する見込みだ。

さらに2020年末には有料・無料サービス合計で2,280万人、2021年末には2,370万人に拡大すると予測される。

引用:ICT総研「2019年 定額制音楽配信サービス利用動向に関する調査

今回は、

定額制音楽配信サービス

に関する話題です。

定額制音楽配信サービスの満足度は?

まず、

満足度の高い定額制音楽配信サービスは?

という点について見ていきたいと思います。

2018年末の時点での、満足度は?

定額制音楽配信サービスの、2018年末時点での満足度調査によると、

・1位:KKBOX(79.7ポイント)

・2位:Apple Music(78.1ポイント)

・3位:うたパス(77.2ポイント)

・4位:Amazon Music Unlimited(76.8ポイント)

・5位:Google play/YouTube Music(76.5ポイント)

・6位:レコチョクBest(75.1ポイント)

となっています。

 Webアンケートの顧客満足度調査結果では、KKBOXが79.7ポイントで1位、Apple Musicが78.1ポイントで2位、うたパスが77.2ポイントで3位につけている。さらにAmazon Music Unlimitedが76.8ポイント、Google Play Music /You Tube Music が76.5ポイント、レコチョクBestが75.1ポイントと続いている。Prime Musicは安価だが視聴できる楽曲が100万曲程度しかないため満足度は高くない。

引用:ICT総研「2019年 定額制音楽配信サービス利用動向に関する調査

特に上位6サービスは75ポイント~80ポイント内にひしめき合っており、満足度は拮抗しているといえます。

2019年現在のサービス内容は?定額制音楽配信サービス比較ランキング

2018年末時点においては、満足度上位の定額制音楽配信サービスにそれほどの差はありませんでした。

それでは、2019年現在のサービス内容はどのようになっているのでしょうか?

ここからは、各定額制音楽配信サービスの2019年現在の配信曲数を中心に、サービス内容を比較してみたいと思います。

※最新の情報は、必ず各サイト内をご確認下さい。

サービス名 月額料金 曲数 特徴
KKBOX 980円

※無料期間1ヶ月

4,000万曲以上 ・オフライン再生
Apple Music ・980円(個人)
・480円(学生)
・1,480円(ファミリー)

※無料期間3ヶ月

5,000万曲以上 ・広告なし
・オフライン再生
うたパス 500円(税抜) 5000以上のプレイリスト プレイリストが聴き放題
Amazon Music Unlimited ・980円(個人)
・1480円(ファミリー)
・380円(Echoプラン)
・0円(Prime Music)

※無料期間30日

6,500万曲以上
(Prime Music:約100万曲)
・広告なし
・オフライン再生
YouTube Music ・980円
・480円(学生)
・1480円(ファミリー)

※無料期間1ヶ月

4,000万曲以上 ・広告なし
・オフライン再生
RecMusic
(旧レコチョクBEST)
980円

※無料期間1ヶ月

650万曲以上 ・広告なし
・オフライン再生

おすすめ1位:「Amazon Music Unlimited」(曲数6,500万曲以上)

定額制音楽配信サービスのおすすめ1位は、

Amazon Music Unlimited

です。

2018年末の曲数は「4,000万曲ほど」でしたが、2019年に入って猛烈に曲数が増え、2019年現在では

6,500万曲以上

と、今回ご紹介する定額制音楽配信サービスの中でも群を抜いた曲数を誇っています。

実際に私も数ヶ月利用してみたところ、先日まで無かったアーティストの楽曲がある日大量に追加されていたりなど、どんどん曲が増えてきてちょっと驚いた、というのが率直な印象です。

また、

30日間無料お試し

という以前は無かったサービスも開始されているようで、ますます利用しやすいサービスとなっているようです。

また、

音楽を聴くだけでBOSEの最新ヘッドホンが当たるキャンペーン(9月18日まで)

を行うなど、お得なキャンペーンも定期的に開催しています。

こういったキャンペーンが充実しているのは、ネット通販最大手でもある「Amazon」らしいキャンペーンといえます。

引用:Amazon Music Unlimited

その他の料金面などにおいては今回ご紹介するほとんどの定額制音楽配信サービスとの特別な違いは無いですし、そういった面を考慮しても定額制音楽配信サービスのおすすめ1位は、

Amazon Music Unlimited

となりました。

引用:Amazon Music Unlimited

サービス名 月額料金 曲数 特徴
Amazon Music Unlimited ・980円(個人)
・1480円(ファミリー)
・380円(Echoプラン)
・0円(Prime Music)

※無料期間30日

6,500万曲以上
(Prime Music:約100万曲)
・広告なし
・オフライン再生

おすすめ2位:「Apple Music」(曲数5,000万曲以上)

定額制音楽配信サービスのおすすめ2位は、

Apple Music

です。

2019年時点における曲数は、

5,000万曲以上

となっており、1位のAmazon Music Unlimited とは1,000万曲以上の差が付いている状況となっています。

Amazon Music Unlimited に無い主な特徴としては、

3ヶ月の無料体験

という、より長い無料期間になるかと思います。

まずは試しに利用してみる、という点においてはApple Musicは便利ではありますが、曲数を重視する場合にはAmazon Music Unlimited に一歩劣る順位になってしまうかと思われます。

引用:Apple Music

サービス名 月額料金 曲数 特徴
Apple Music ・980円(個人)
・480円(学生)
・1,480円(ファミリー)

※無料期間3ヶ月

5,000万曲以上 ・広告なし
・オフライン再生

おすすめ3位:「KKBOX」(曲数4,000万曲以上)

定額制音楽配信サービスのおすすめ3位は、

KKBOX

です。

先ほどご紹介した2018年末時点での定額制音楽配信サービス満足度ランキングでは僅差で1位でしたが、2019年時点における曲数は、

4,000万曲以上

となっており、曲数だけでいえば1位では無いようです。

しかし、

1ヶ月間の無料期間

があるため利用しやすいサービスとなっていますので、まずは試しに利用してみて、自分が聴きたい曲やアーティストがあれば継続して利用してみるのも選択肢の一つかもしれません。

引用:KKBOX

サービス名 月額料金 曲数 特徴
KKBOX 980円

※無料期間1ヶ月

4,000万曲以上 ・オフライン再生

関連情報:「HMV」と「KKBOX」が共同運営!「HMVmusic」が2019年4月よりサービス開始!

また「KKBOX 」絡みの音楽配信サービスとして、2019年4月より、CDショップとして有名な「HMV」と「KKBOX」の共同運営による音楽配信サービスである、

4000万曲があなたの手に。聴き放題アプリなら【HMVmusic】

のサービスが始まったそうです。

引用:4000万曲があなたの手に。聴き放題アプリなら【HMVmusic】

・月額980円で4000万曲が聴き放題

・無料期間1ヶ月

というのは「KKBOX 」と同じですが、

・音楽の専門家であるHMVバイヤーが作成する独自プレイリストを配信

・ローチケのプレリク抽選先行当選確率アップ

・HMVポイント倍率アップ+オンラインクーポン毎月プレゼント

・UNITED CINEMAS 映画館で使えるクーポンを毎月プレゼント

・ローソントラベル トラベルクーポン毎月プレゼント

※上記特典は全て無料期間中は対象外

などといった特徴があるため、気になる特典がある場合にはこちらのサービスも要チェックです。

※有料プラン特典の付与は、有料プラン登録の翌月からとなります。

※有料プラン特典付与にはPontaカード登録が必要となります。

引用:4000万曲があなたの手に。聴き放題アプリなら【HMVmusic】

おすすめ4位:「YouTube Music」(曲数4,000万曲以上)

おすすめ4位は、

YouTube Music

です。

サイト内に曲数は明記されていないようですが、2019年現在の配信曲数は、

4,000万曲以上

であるとされています。

サービスを閲覧した率直な感想を述べますと、サイト内にサービス説明の記載が少なく、少々分かりにくいサービスであるようにも見受けられます。

また、楽曲から映像への切り替えも非常に簡単だ。楽曲はGoogle Play Musicと同等、つまり約4000万曲を

無料期間1ヶ月聴くことができる。

引用;Real Sound『YouTubeによる音楽サービス「YouTube Music」国内でもスタート 強みとポイントは?』より

サービス名 月額料金 曲数 特徴
YouTube Music ・980円
・480円(学生)
・1480円(ファミリー)

※無料期間1ヶ月

4,000万曲以上 ・広告なし
・オフライン再生

おすすめ5位:「RecMusic」(旧レコチョクBEST)(曲数650万曲以上)

定額制音楽配信サービスのおすすめ4位は、

RecMusic(旧レコチョクBEST)

です。

邦楽やJ-POPが充実したサービスではありますが、2019年時点における曲数は

650万曲以上

と今回ご紹介する他の定額制音楽配信サービスと比べると、いささか物足りない印象を受けます。

邦楽やJ-POPにしか興味が無い、という方にとっては十分選択肢に入るサービスであると思われますが、他のジャンルも聴きたいという場合には他サービスの利用を検討するのもアリかもしれません。

サービス名 月額料金 曲数 特徴
RecMusic
(旧レコチョクBEST)
980円

※無料期間1ヶ月

650万曲以上 ・広告なし
・オフライン再生

おすすめ6位:「うたパス」(5,000プレイリスト以上)

定額制音楽配信サービスのおすすめ6位は、

うたパス

です。

こちらは

プレイリストが聴き放題

という特徴のあるサービスで、2019年時点におけるプレイリスト数は、

5,000プレイリスト以上

となっています。

また、

月額料金:500円(税抜)

と、今回ご紹介する定額制音楽配信サービスの中ではかなり安い部類に入っており、

初回30日間無料お試し

のサービスもあるため、かなり利用しやすいサービスとなっています。

ちなみに先ほどご紹介した満足度調査に入っていた、

dヒッツ の運営会社は「NTTドコモ」

で、

うたパス の運営会社は「au」

となっているため、お互いを強く意識したサービス内容になっているようにも思われます。

サービス名 月額料金 曲数 特徴
うたパス 500円(税抜) 5000以上のプレイリスト プレイリストが聴き放題

1曲あたりのコスパが良い定額制音楽配信サービスは?

次に、

1曲当たりのコストパフォーマンス

の面でも定額制音楽配信サービスを比較していきたいと思います。

定額制音楽配信サービスのコスパ比較表

※最新の情報は、必ず各サイト内をご確認下さい。

順位 サービス名 曲数 1曲あたりの月額料金
1 Amazon Music Unlimited 6,500万曲以上 980円 ÷ 6,500万曲 = 0.000015円

※アルバム1枚(10曲)換算:0.00015円

2 Apple Music 5,000万曲以上 980円 ÷ 5,000万曲 = 0.000020円

※アルバム1枚(10曲)換算:0.00020円

3 KKBOX 4,000万曲以上 980円 ÷ 4,000万曲 = 0.000025円

※アルバム1枚(10曲)換算:0.00025円

YouTube Music 4,000万曲以上 980円 ÷ 4,000万曲 = 0.000025円

※アルバム1枚(10曲)換算:0.00025円

RecMusic
(旧レコチョクBEST)
650万曲以上 980円 ÷ 650万曲 = 0.00015円
6 うたパス 5000以上のプレイリスト 500円 ÷ 5000プレイリスト = 0.20円

コスパ1位:「Amazon Music Unlimited」(1曲あたり0.000015円)

定額制音楽配信サービスのコスパ1位は、

Amazon Music Unlimited

となりました。

6,500万曲という曲数を考えれば極めて妥当な順位ですが、

・1曲あたりの月額料金:0.000015円

・アルバム1枚(10曲)あたりの月額料金:0.00015円

となっており、改めて計算してみても非常にお得な月額料金であると言えます。

まとめ ~曲数の充実度、コスパにおいて「Amazon Music Unlimited」が頭一つリード!~

今回は、

定額制音楽配信サービス

に関する話題をご紹介してきました。

2018年末の定額制音楽配信サービス満足度調査では、満足度が拮抗していた上位6サービスですが、サービス内容としては、

Amazon Music Unlimited

が曲数の充実度やコスパにおいて頭一つ抜け出している印象を受けます。

もし、

曲数が充実した定額制音楽配信サービスを探している

という方がいらっしゃいましたら、

Amazon Music Unlimited

を選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする