親にスマホを持たせたい!お得で安全な、おすすめのシニア向けスマホ選び

スポンサーリンク

2019年現在、60歳以上でスマートフォンを使っていない人の割合は、7割の約3000万人とされています。

60歳以上のスマートフォン所有率について「約4300万人のうち、3割の約1300万人がスマートフォンを使っているが、使っていない人は残り7割の約3000万人もいる」と説明する。

引用:ITmedia Mobile『スマホを持たない7割のシニア層へ ドコモと富士通が語る「らくらくスマホ」戦略』より

そして、その約3000万人を巡って、携帯キャリア各社はしのぎを削っているようです。

今回は、

60歳以上のシニア層の親にスマホを持たせたい

という方向けの話題です。

シニア層のスマートフォン、キャリアとトラブルになるケースも

携帯キャリア各社がしのぎを削る、シニア層の取り込みですが、キャリアとトラブルになるケースもあるようです。

下記の記事では、

某最大手の携帯キャリアが、スマホ契約時に76歳の女性に利用する事のない大量のオプション契約を押し売りした

事が問題視されています。

ツイートによれば、ドコモの請求書を書面で届くように契約変更したところ、76歳の母が大量のオプション契約を結んでいることに気付いたという。

夏野社長が公開した請求書には、「スゴ得コンテンツ利用料」「クラウド容量オプション利用料(50GB)」「dTV利用料」「dアニメストア利用料」「dヒッツ利用料」「dキッズ」「dマガジン」といったオプションサービスが並び、中には筋力トレーニングに関連するアプリが使い放題になる「Runtastic for docomo」といったサービスも含まれていた。上記オプションだけでも利用料金は3000円近くに上る。

引用:ITmediaNEWS『「76歳の母にひどい押し売り……OBとして情けない」 夏野氏、ドコモの契約オプションを批判』より

親にスマホを持たせた方が良いかどうかというより、持っていると楽しそう?

トラブルになるケースもあるシニア層のスマートフォン契約ですが、もちろん良い面もあります。

これは私の身の回りから考える印象ですが、一見スマホを使いこなせなさそうな60歳以上の人でも、持ってしまえば何だかんだでそれなりに使えている気がします。

それに、スマホを持っているとお孫さんと気軽に連絡を取ったりなどして、なんだか楽しそうな印象を受けます。

また、下記の記事でも触れられていますが、これまでにゲームなどやった事の無いような人が、いつの間にかポケモンGOにはまっているなどといった思わぬ現象も目撃した事もあります(笑)

そういった意味でも、60歳以上のシニアの方がスマホを持つという選択肢は、持たせた方が良いかどうかというより、持っていると楽しそうという点において、私個人の意見としては大いにありだと思います。

ポケモンGOの利用者層は10~60代以上と幅広く、インターネット行動分析・ヴァリューズの調査によると、28年7月の年代別利用者(10代以下は除く)の割合は20代が37%、30代25%、40代以上38%。しかし翌年6月には40代以上が48%と増加し、特に50~60代以上の定着率が高い。

こうしたシニア世代への浸透も研究を後押ししているといい、宮田教授は「高齢化社会というとマイナスに捉えられがちだが、長寿であることは本来、素晴らしいこと。それを実感できるような研究成果を挙げたい」と話す。

引用:ITmediaNEWS『シニア世代に浸透「ポケモンGO」で健康アップ 慶応大医学部で研究開始へ』より

家族でまとめてスマホを乗り換えるのにおすすめのサービス

親などのシニア層にスマホを持たせる際、ついでに家族全員でまとめてキャリアを変更する場合もあるかとおもいます。

ソフトバンクへの乗り換えで高額キャッシュバックがもらえるサービスとは?

家族全員でまとめてソフトバンクに乗り換える場合には、高額キャッシュバックをもらえる、「おとくケータイ.net」がお得です。

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

こちらのサービスは私も以前利用したのですが、私の時は、

30,000円のキャッシュバック

を貰ってソフトバンクへ乗り換えました。

おとくケータイのサービスを簡潔にご紹介すると、

・ドコモやauからソフトバンクに乗り換える事で、高額キャッシュバックがもらえる

・オンラインで手続きが完了するため、店舗に足を運ぶ必要がない

などといったもので、

・プライバシーマーク取得済

・ソフトバンク携帯の正規取扱店

・累計申し込み件数30万件突破 ※2019年3月現在

などという実績のあるサービスです。

新規契約の場合はキャッシュバック額が少し下がってしまうようですが、

キャンペーン内容によっては30,000円以上/1台程のキャッシュバック

をもらえる場合もありますので、家族でまとめて乗り換える場合は非常にお得なサービスとなっています。

こちらの記事では「おとくケータイ.net」の利用体験談や、おとくなキャンペーン情報などをご紹介しています。

みなさんがスマホを変えるのはどんなタイミングでしょうか? 1:年数縛りが終わるとき 2:最新の機種が出たとき 3:...
以前の記事では、「おとくケータイ.net」を利用して実際にキャッシュバックをもらった体験談などをご紹介しました。 こち...

シニア層のネット詐欺被害が急増中?

ところで、親などのシニア層にスマホを持たせる場合、最も怖いのが

詐欺被害

です。

国民生活センターの調査によると、シニア層をターゲットにした詐欺行為が頻発しており、2016年にあった相談のうち、多かった相談としては

1位:デジタルコンテンツその他
2位:アダルト情報サイト
3位:興信所

となっているようです。

また、あとで詐欺だと気が付いても、恥ずかしくて子どもに言えないという親も多いようです。

シニア層をターゲットにした詐欺行為も頻発している。国民生活センターの発表によると、2016年度にあった相談のうち、「デジタルコンテンツその他」と「アダルト情報サイト」が1位、2位となっている。増加が目立つカテゴリーとしてはトップが「デジタルコンテンツその他」で、利用した覚えのないサイト利用料の請求などに関する相談が増えたという。そして、「興信所」が第3位。アダルト情報サイトからの請求に関して依頼した探偵業者に関する相談が寄せられているという。7位には、「インターネット通信関連サービス」も入っている。

引用:INTERNET WATCH『シニアのネット詐欺被害が急増中』より

親のスマホを選ぶなら、ソフトバンクが安全?ソフトバンクの詐欺対策は?

それでは、ソフトバンクの詐欺対策はどのようになっているのでしょうか?

主なものとしては、

詐欺ウォール / Internet SagiWall

迷惑電話ブロック

などがあるようです。

ちなみに私は「詐欺ウォール」と「迷惑電話ブロック」のどちらも利用した経験がありますが、

迷惑電話にうっかり出てしまったなどという事は、2019年3月現在100%ない

です。

そういった意味では非常におすすめできるサービスであると言えます。

詐欺対策機能を搭載したシニア向け格安スマホなら「ワイモバイル」の『かんたんスマホ』もおすすめ

親にシニア向けの格安スマホを持たせたい

という場合には、

ワイモバイル

「かんたんスマホ」

もおすすめです。

ワイモバイルでは2019年2月末より、

シニア向けの 「かんたんスマホ」に詐欺対策機能を搭載しており、初期設定するだけで無料で利用できる

ようです。

まずはスマホの詐欺対策について。携帯電話大手・ソフトバンクの格安ブランド「ワイモバイル」が、先月末から詐欺対策機能を搭載したスマホの販売を開始しました。

(中略)

これはシニア向けの「かんたんスマホ」に搭載された、迷惑電話対策機能。2月末以降に発売された端末に搭載されていて、初期設定するだけで無料で利用できます。(警告対象の番号は、警察や行政機関の情報などを集約しているとのこと)

引用:exciteニュース『無料でできる!詐欺対策アプリ』より

まとめ

60歳以上のシニア層の親にスマホを持たせたい

という方向けの話題をご紹介してきました。

最後に整理しますと、

「詐欺ウォール」や「迷惑電話ブロック」などの詐欺対策も充実しているソフトバンクに家族でお得に乗り換えるなら、

キャッシュバックキャンペーン実施中!【おとくケータイ.net】

詐欺対策機能を搭載したシニア向け格安スマホなら

ワイモバイル

がおすすめです。

もし、親などの60歳以上のシニア層にスマホを持たせる事を検討しているようでしたら、今回ご紹介したサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする