スキャルピングOK!FX会社「JFX」の特徴は?メリットやデメリットは?

スポンサーリンク

FX会社にも非常に多くの種類があり、その特徴も様々です。

その中から今回は、

JFX

の特徴やメリット、デメリットなどについてご紹介していきます。

JFX ここがポイント

・スキャルピングOK(取引回数制限なし)

・とにかく情報の発信量が豊富

・1,000通貨単位の少ロットから取引でき、初心者でも比較的安心

・キャッシュバックやプレゼントなどのキャンペーンが充実

・「リアルタイム出金」により、最短当日出金が可能(急にお金を引き出したくなった時でも比較的安心)

「JFX」管理人的おすすめ度(最大★5つ)

【PCの使いやすさ】★★★★(注文方法は豊富、把握して使いこなすのはやや大変)

【スマホの使いやすさ】★★★★★(テクニカル表示から注文まで、スマホも非常に充実)

【情報量】★★★★★+(抜群!情報量豊富で、しかもほぼリアルタイム。これだけでも口座開設の価値あり)

【最低取引通貨単位】1,000通貨単位(比較的少額から取引でき、初心者でも入門しやすい)

【スプレッド】★★★★(最狭ではないが、最狭に近い)

【キャンペーン充実度】★★★★★+(抜群!キャッシュバックからプレゼントまで充実)

【初心者おすすめ度】★★★★★(1,000通貨単位から取引でき、情報も豊富)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「JFX」最新情報

ここでは、「JFX」の最新情報などをご紹介していきます。

「JFX」で『スプレッド大幅縮小キャンペーン』を実施中!キャッシュバックや食品プレゼントも引き続き実施中

JFX

では、

『スプレッド大幅縮小キャンペーン』を、12月1日2時までの期間限定で実施中

です。

【米ドル円】0.3銭 → 0.2銭 ※例外あり 原則固定

【ポンド米ドル】0.8pips → 0.6pips ※例外あり 原則固定

【ユーロ円】0.5銭 → 0.4銭 ※例外あり 原則固定

【ユーロドル】0.4pips → 0.3pips ※例外あり 原則固定

など、より取引がしやすい期間となっています。

また毎月恒例の、

・新規口座開設キャンペーン(最大101,000円キャッシュバック)

・やればやるほど!キャッシュバック!

・食品プレゼントキャンペーン

・あれらプレゼントキャンペーン

なども引き続き実施中です。

【スプレッドに関する注意事項】

※表示スプレッドの適用は、AM9:00から翌日AM2:00となります。適用時間のうち、流動性の低い時間帯や経済指標発表時等の例外的な事象、さらに天変地異等の突発的な事象によっては、スプレッドが広がり、約定結果が上記スプレッドと合致しない場合もあります。

「JFX」のメリットは?

ここからは、管理人が実際に利用してみて感じた、

JFX

の特徴やメリットについてご紹介していきます。

スキャルピングOK(取引回数制限なし)

FX会社によっては、「短時間での注文を繰り返し行う行為」を禁止しているFX会社もあります。

つまり、

スキャルピング禁止

と言ってよい訳ですが、

JFX

の場合、

スキャルピングOK(取引回数制限なし)

となっています。

これにより、

特にスキャルピングをメインとした取引を行いたい場合には、口座凍結などのリスクが無くて安心

です。

約定スピードが速い(最速0.001秒)

JFX

の特徴として、

約定スピードが速い(最速0.001秒)

というものがあります。

これに関しては管理人も実際に利用して体験していまして、

瞬間ヒゲ先を捉えての指値を狙った場合、他のFX会社だと約定してくれなかった・・・

という場合もありますが、

JFX

の場合、

瞬間的なヒゲ先でもしっかり捉えて約定してくれる

という印象が強いです。

この瞬間を動画などで撮影してご紹介するのは非常に難しいところではありますが、「約定スピードが速い(最速0.001秒)」というのは利用し続けるうちに実感するメリットであるように感じられます。

情報発信量が豊富

JFX

の大きな特徴のひとつとして、

情報発信量が非常に豊富

というものがあります。

【ほぼリアルタイム、スマホにもガンガン届く経済指標速報】

 

【分刻みで更新される経済ニュース】

 

【JFX株式会社の小林芳彦代表取締役自らが発信、ほぼ毎営業日更新されるマーケットナビ】

など、

その情報量の豊富さは業界有数と言っても過言ではない

ように考えられます。

FX会社にありがちな機械的な情報発信だけでなく、その道のプロ中のプロである、小林芳彦代表取締役の相場に対する考え方をリアルタイムで受け取る事ができるのは非常に参考になります。

https://twitter.com/JFXkobayashi?s=20
JFX株式会社
JFX株式会社が運営するYoutube公式アカウントです。実戦で役に立つ動画を多数UPしています。 【1】元インターバンクディーラー小林による相場観(毎日) 【2】著名個人投資家様とのタイアップ企画 【3】生トレードの収録動画  など ==========会社案内========== ▼ホームページ https:...

この点において、

JFX

は、

情報収集目的のためだけでも、口座を開設しておくのは非常におすすめ

と言えます。

1,000通貨単位から取引可能(初心者でも利用しやすい)

FX会社には、取引可能な最低通貨単位が10,000単位通貨からという場合もありますが、

JFX

は、

1,000単位通貨という、比較的少額からの取引が可能

となっています。

そのため、

比較的リスクが少なく、初心者にもおすすめ

と言えるかと考えられます。

キャッシュバックやプレゼントなどのキャンペーンが豊富

JFX

は、

キャッシュバックやプレゼントなどのキャンペーンが豊富

なのも特徴です。

・新規口座開設キャッシュバックキャンペーン

・取引高キャッシュバックキャンペーン

・食品プレゼントキャンペーン

・あられプレゼントキャンペーン

・有名トレーダーとのコラボキャンペーン(レポートやトレード手法、インジケーターのプレゼントなど)

など、FX会社に比較的多くみられるキャッシュバックだけでなく、食品プレゼントというユニークなキャンペーンも行っており、複数キャンペーンに重複して申込できるのも特徴です。

ちなみに管理人も積極的にキャンペーンには応募していまして、

ささっち氏

https://twitter.com/tradeacademia?s=20

スキャトレふうた氏

https://twitter.com/fuuta_fx_trader?s=20

ぶせな氏

https://twitter.com/busena_fx?s=20

などの有名トレーダーのレポートやトレード手法、インジケーターを入手し、勉強のために活用させていただいております。

食品はたくさん届く、しかも美味しい

また、食品プレゼントキャンペーンの食品は、思いのほか沢山届きます(笑)

しかも、どれも美味しいです(笑)

下記の画像は管理人がいただいた食品ですが、これでもけっこう食べた後です(笑)

最初は、

なぜに食品プレゼント?

と思っていた事もありましたが(笑)、タイミングによってはチャートからなかなか離れにくい場合もありますし、確かにすぐに食べられる食品を自宅に沢山保管しておけば、いざというときに便利ですし、よく考えてみると理にかなったプレゼントかもしれません。

リアルタイム出金(最短当日出金)が可能

FX会社に預けている資金を、何らかの理由により突然出金したくなった

という場合もあるかと思います。

しかし、FX会社によっては、出金までに数営業日を要する場合もあります。

その点において、

JFX

は、

リアルタイム出金により、最短当日出金が可能

となっています。

リアルタイム出金の利用可能金額は1,000円以上100万円以下

リアルタイム出金可能な時間帯は、平日9時30分から14時30分の間に振込依頼を完了した場合のみ(この時間帯以外および土日祝日の振込登録は、翌営業日9時30分以降の振込)

という点には注意が必要ですが、スピーディーな出金が可能なのが、

JFX

の特徴です。

「JFX」のデメリットは?

ここからは、管理人が実際に利用してみて感じた、

JFX

のデメリットについてご紹介していきます。

スプレッドはかなり狭い方ではあるが、最狭とまではいかない

JFX

のスプレッドについてですが、

ドル/円に関しては通常「0.3銭」(キャンペーンにより0.2銭の場合あり)

となっています。

スプレッドはかなり狭い方ではありますが、

通常「0.2銭」(キャンペーンにより0.1銭の場合あり)の「DMM FX」や「みんなのFX」などと比較すると若干広め

といえるかと思われます。

また、その他の主な通貨ペアの通常スプレッドは下記のようになります。

※最新の情報は、必ず各サイト内をご確認下さい。

通貨ペアJFXDMM FXみんなのFX外為ジャパン外為オンライン
ドル/円0.3銭0.2銭0.2銭0.2銭1.0銭
ユーロ/円0.5銭0.5銭0.4銭0.5銭2.0銭
ポンド/円1.0銭1.0銭0.8銭1.0銭4.0銭
豪ドル/円0.7銭0.7銭0.6銭0.7銭3.0銭
NZドル/円1.2銭1.2銭1.0銭1.2銭6.0銭
ユーロ/米ドル0.4銭0.4銭0.3銭0.4銭1.0銭
ポンド/米ドル1.0銭1.0銭0.8銭1.0銭3.0銭

とにかくスプレッドが狭くないと嫌だ!

という場合には、

みんなのFX

などのFX会社が選択肢に入ってくるかと考えられますが、

「スキャルピングOK(取引回数制限なし)」と公言しているのは、これらのFX会社の中では「JFX」だけ

ですし、

「みんなのFX」はスマホ取引機能がそれほど充実していない(テクニカル指標(移動平均線やボリンジャーバンドなど)とオシレーター(MACDなど)の表示がそれぞれ1つまで、トレンドライン・水平線・フィボナッチが引けない、など)

「DMM FX」は取引可能な最低通貨単位が10,000単位通貨から(初心者は特に注意)

など、スプレッドが狭いFX会社でもそれなりのデメリットはあります。

そのため、スプレッドだけで判断せず、取引スタイルによってどのFX会社を使用するか、実際に操作して確かめてみる事も重要です。

※管理人的には、「みんなのFX」はスプレッドも狭く、PCでの取引も問題ないものの、外出先でスマホ取引したい場合にはちょっと使いづらいかな、という印象もあります。

配信情報量が多い反面、スマホのプッシュ通知がガンガン届くので注意(要配信設定)

これは必ずしもデメリットとは言い難いところもありますが、

配信情報量が多い反面、昼だろうが夜だろうがスマホのプッシュ通知がガンガン届きますので、配信設定には注意が必要

です。

もちろん、

配信停止設定はかなり細かくできます

が、

「今日は相場から離れたい・・・」という場合などにはしっかり配信停止しておかないと、朝でも夜中でも経済指標がガンガン届きますので注意が必要

です。

まとめ ~JFXは、情報収集のためだけでも口座開設の価値あり~

今回は、

JFX

の特徴やメリット、デメリットなどについてご紹介してきました。

情報発信量が非常に多い、

JFX

は、口座開設するだけでも非常に価値のあるFX会社であると言えます。

皆様のFX会社選びの参考になりましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました