【Excel VBA】シートの表示、非表示

Excel VBA講座 開講中!

今回は、Excel VBAでシートを表示、非表示する方法をご紹介します。

シートの非表示

Excel VBAでシートを非表示するには下記のコードを使用します。

Worksheets(シート名).Visible = False

下記のサンプル1では、アクティブなブックの「Sheet1」というシートを非表示にします。

・サンプル1

Sub test()

ActiveWorkbook.Worksheets(“Sheet1”).Visible = False

End Sub

シートの表示

反対に、Excel VBAでシートを表示するには下記のコードを使用します。

Worksheets(シート名).Visible = True

下記のサンプル2では、先ほど非表示にしたアクティブなブックの「Sheet1」というシートを再表示します。

・サンプル2

Sub test()

ActiveWorkbook.Worksheets(“Sheet1”).Visible = True

End Sub

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする