プログラミングを始めたい!初心者・未経験OKのプログラミングスクール比較8選

スポンサーリンク

近年の日本は、

プログラミングスキルの習得が当たり前

の時代になりつつあります。

文部科学省や大手企業など、様々な組織が「プログラミング教育」「プログラミングスキルの習得」などについて取り組みを始めている状況です。

そんな状況ですから、

私もプログラミングを始めたい!

と考えている方も非常に多いものと思います。

今回は、

・プログラミングを始める

・初心者がプログラミングを習う

などに関する話題です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プログラミング学習の必修化時代!プログラミングスキルの習得が当たり前の時代に

冒頭でも少し触れましたように、近年は文部科学省や大手企業など、様々な組織が「プログラミング教育」「プログラミングスキルの習得」などについて取り組みを始めいている状況です。

教育の現場において、プログラミング教育が必修化の流れが加速している

まず近年、教育の現場において、

プログラミング学習の必修化

の流れが加速しています。

・小学校では2020年にプログラミング教育が必修化

・2021年に中学校、2022年は高校の授業でも教科書を一新し、さらに高度なプログラミング教育の必修化を予定

など、その流れはとどまるところを知りません、

小学校でのプログラミング教育が2020年度から必修化されます。文部科学省が2017年3月に発表しました。

引用:日経XTECH

今後は、2021年に中学校、2022年は高校の授業でも教科書を一新し、さらに高度なプログラミング教育の必修化を予定、大学入試も関わってくるという。

引用:DIAMOND ONLINE『義務教育の「残念なプログラミング授業」、現役エンジニアが危惧』より

ある大手企業では、初級レベルのコーディング能力が必須になる

さらに、

ある大手企業では、プログラミング言語を記述する初級レベルのコーディング能力が必須

という取り組みを開始しています。

私はエンジニアじゃないからプログラミングの知識なんて必要ない

などという考えが通用しない企業は、今後も増加していくものと考えられます。

近く1万7000人超の社員に、コンピュータープログラムの仕組みや、CPU(中央演算処理装置)とGPU(画像処理半導体)の違いを理解するよう求める見通しだ。プログラミング言語を記述する初級レベルのコーディング能力が必須となる。

引用:SankeiBiz『楽天、プログラミングも必須 英語に続く「競争力」を求め社員能力向上』より

これからの日本はIT人材不足の時代

さらに経済産業省の調べによると、

IT人材の不足の規模は2030年の中位のシナリオで59万人、最大で79万人

に達する試算だそうです。

経済産業省の調べによると、IT人材の不足の規模は2030年の中位のシナリオで59万人、最大で79万人に達するという。この調査に対して、AWSの長崎社長は「なんとなく感じていたものの、この数字は予測を上回る」と語る。

引用:EnterpriseZine『「IT人材は2030年に60万人不足」AWSが育成プログラム発表』より

そういった意味においては、

今からでもITスキルを身につけておけば、仕事に困る可能性は向こう10年以上極めて低い

とも言えますので、2019年においてプログラミングを始めたいという考えをお持ちの方は、非常に良い考えであるように思います。

どのプログラミング言語に需要があるのか?

しかし、プログラミングを習いたいとは思いつつも、

どのプログラミング言語を学べば良いのか

について悩む方も多いものと思います。

そこで、2018年において現場で使われているプログラミング言語経験者人数や、スカウトに対する提示年収から、ニーズの高いプログラミング言語について見ていきたいと思います。

需要の高いプログラミング言語とは?

下記の調査によると、2018年にITエンジニア限定の競争入札型転職サイト「転職ドラフト」においてスカウトが多かったプログラム言語は、

1位:JavaScript(510件)
2位:Java(411件)
3位:PHP(384件)
4位:Ruby(294件)
5位:Node.js(238件)
6位:Python(230件)

となっています。

また同じく、プログラミング言語ごとのエンジニアのスカウト金額に関しては、

1位:Scala(678万円)
2位:Go(667万円)
3位:Perl(663万円)

となっています。

こういったデータを見ていくと、どのプログラミング言語を学ぶべきか選択する際の参考になるかと思います。

 それによると、最もスカウトが多かったプログラム言語は動的なWebサイト構築などに使われるJavaScriptで510件。以下、Java(411件)、PHP(384件)、Ruby(294件)、Node.js(238件)、Python(230件)と続いた。

プログラミング言語ごとのエンジニアのスカウト金額に関しては、1位がScalaで678万円、2位がGoで667万円、Perlが663万円で3位だった。Scalaは開発生産性を高める簡潔な表記が可能で、TwitterやLinkedInなどのサービスでも利用されている。

引用:ITmedia「年収を上げたいエンジニアが習得しておきたいプログラミング言語は?」より

初心者でも学びやすい、おすすめのプログラミング言語は?

次に、

初心者でも学びやすい、おすすめのプログラミング言語

にはどういったものがあるのでしょうか?

TECH::CAMP(テックキャンプ)『【2018年版】初心者はどの言語が良い?おすすめプログラミング言語ランキングTOP10

によると、

・第1位:Webアプリ・機械学習・統計・IoT なんでもござれ「Python」

・第2位:Webエンジニアの必修言語:「JavaScript」

・第3位:楽しい、でも実用的!Webアプリ向け開発言語「Ruby」

・第4位:メガベンチャーがこぞって利用 一大ブームの「Scala」

・第5位:求人・受託案件数が豊富「PHP」

・第6位:iOS開発の王道「Swift」

・第7位:数学・統計が得意な人にオススメ 統計解析言語「R」

・第8位:VR開発ができるマイクロソフト生まれの言語「C#」

・第9位:新進気鋭のAndroid公式言語「Kotlin」

・第10位:プログラミング言語の基本にして鬼門「C」

出典:TECH::CAMP(テックキャンプ)『【2018年版】初心者はどの言語が良い?おすすめプログラミング言語ランキングTOP10

などがTOP10として挙げられています。

先ほどご紹介したスカウトが多かったプログラミング言語や、スカウト金額の高いプログラミング言語のランキングでも上位だったプログラミング言語た多数ランクインしており、どのプログラミング言語を始めるべきか、という点で非常に参考になるかと思われます。

【社会人向け】初心者講座あり、初心者歓迎のプログラミングスクールは?受講料金が安いのは?

社会人からプログラミングを学び始めるという場合、

・初心者講座がある

・初心者歓迎

などといったプログラミングスクールを選択したいという方も多いかと思われます。

そこれここからは、「初心者講座がある」「初心者歓迎」などといったプログラミングスクールを、

受講料金が安い順

にご紹介していきたいと思います。

【社会人向け】おすすめ1位:初心者コースあり、無料体験ありのオンラインプログラミングスクール「テックアカデミー」

TechAcademy [テックアカデミー]

は、

Webアプリケーションコース(Ruby on Rails)

Javaコース

フロントエンドコース

iPhoneアプリコース

Androidアプリコース

はじめてのプログラミングコース

スマートコントラクトコース

Pythonコース

AIコース

データサイエンスコース

Node.jsコース

Google Apps Scriptコース

Scratchコース

エンジニア転職保障コース

などをはじめとした、非常に多彩なプログラミング言語のコースを開講しているオンライン完結のプログラミングスクールです。

・受講生に1人ずつ現役エンジニアのパーソナルメンターがつく

・チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる

・オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート

・オンライン完結のため、必要な環境があれば全国どこからでも受講可能

などといった特徴があり、さらに、

プログラミング 無料体験

も実施しているため、まずは講義の様子を確認してからスタートする事ができるため安心です。

また、

はじめてのプログラミングコース

という、初心者でもプログラミングの基礎から学習できるオンラインのプログラミング学習コースも用意されており、こちらのコースでは、

・HTML/CSS

・PHP

・データベース

など、Webサイト開発に必要な要素を学ぶ事ができます。

もし、プログラミングを始める上でどの言語から学習したら良いか分からないという場合、

はじめてのプログラミングコース

から始めてみるのも選択肢です。

はじめてのプログラミングコースは、

・社会人:99,000円〜

・学生:89,000円〜

から受講する事ができ、

今回ご紹介する他のプログラミングスクールと比べても非常に安価

となっているもの特徴です。

※最新の情報は、必ず各サイト内をご確認下さい。

スクール名TechAcademy [テックアカデミー]
受講料金・社会人:99,000円〜

・学生:89,000円〜

※はじめてのプログラミングコース4週間の料金

受講形態オンライン完結
無料体験あり

テックアカデミー「プログラミング 無料体験」

言語・コース・Webアプリケーションコース(Ruby on Rails)

・PHP/Laravelコース

・Javaコース

・フロントエンドコース

・iPhoneアプリコース

・Androidアプリコース

・Unityコース

・はじめてのプログラミングコース

・ブロックチェーンコース

・スマートコントラクトコース

・Pythonコース

・AIコース

・データサイエンスコース

・Scalaコース

・Node.jsコース

・Google Apps Scriptコース

・Scratchコース

・エンジニア転職保証コース

など

【社会人向け】おすすめ2位:未経験からのスタート率95%!無料体験ありのプログラミングスクール「Tech Boost」

【Tech Boost】は、

エンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているBranding Engineerが運営するプログラミングスクールです。

・卒業後すぐにエンジニアとして働くことのできるカリキュラム

・AIなどの最先端技術も学べる

・経験豊富なアドバイザーによるキャリア面談などの充実した環境

・就職、転職サポート付き

といった充実したサポート付きとなっています。

さらに、

・未経験からのスタート率95%

となっており、これからプログラミングを学びたい方、エンジニアにキャリアチェンジを考えている方に【Tech Boost】はおすすめできます。

※最新の情報は、必ず各サイト内をご確認下さい。

スクール名【Tech Boost】
受講料金【月額】

・社会人:29,800円

・学生:29,800円

 

【入学金】

・社会人:269,800円

・学生:199,800円

※期間:3ヶ月〜

※受講コースにより期間が異なる

※無料カウンセリングを通じて期間を提案

受講形態・オンライン

・オフライン

※教室所在地:東京都渋谷区

無料体験あり
言語・コース・Webコース
(Ruby/PHP/jQuery/React.jsより選択可能)
・イノベーティブコース(Blockchain / AI / IoTより選択可能)

【社会人向け】おすすめ3位:未経験OK!プログラミングスクール「TECH::CAMP(テックキャンプ)」

テックキャンプは、

初心者も歓迎しているプログラミングスクールです。

・トレーナーがマンツーマンで最適な学習プランを提案

・分からないところは何度でも質問ができる

などといった特徴のある、プログラミングスクールです。

※最新の情報は、必ず各サイト内をご確認下さい。

スクール名テックキャンプ
受講料金【月額】

・14,800円

【入学金】

・社会人:148,000円

受講形態・オンライン

・オフライン

※教室所在地:東京都、大阪府、愛知県

無料体験あり
言語・コース・Webサービス開発
(HTML、CSS、Ruby on Rails、JavaScript、SQL)
・AI(人工知能)入門(Python)・AIアプリ開発(応用)
(Ruby on RailsとAI)

管理人的おすすめ「Google Apps Script(GAS)」

ここで少々余談になりますが、別記事、

Google Apps Script講座を無料体験できるオンラインスクール
これまで、Google Apps Script(GAS)を学ぶための書籍やスクールは非常に少なく、物足りない印象でした。 しかし、ついにGoogle Apps Script(GAS)専門コースを開講したプログラミングスクールが登場しましたのでご紹介します。

でもご紹介していますように、近年ではGoogle社が提供している、

・Gメール
・Googleスプレッドシート
・Googleドライブ
・Googleフォーム
・Googleマップ
・Googleカレンダー
・Googleアナリティクス

などといったアプリケーションを導入している企業も非常に多いです。

そんなGoogle社が提供するアプリケーションを自動化する事のできるプログラミング言語に、

Google Apps Script(GAS)

があります。

Google Apps Script(GAS)は、

JavaScriptをベースとしたプログラム言語を使ってスプレッドシートなどを操作することができる

というものですが、

パソコンとGoogleアカウントがあれば誰でも手軽に始められる

ため、学び始めるハードルが低く、手軽にプログラミング言語を学び始める上では非常におすすめです。

また、Google Apps Script(GAS)の講座があるプログラミングスクールには、先ほどご紹介した、

テックアカデミー「Google Apps Scriptコース」

がありますが、手軽にプログラミング言語を学び始めたいという上では、Google Apps Script(GAS)もおすすめできる選択肢です。

【学生向け】学割があるプログラミングスクールや、大学生限定のプログラミングスクールは?

先ほども触れましたように、近年の日本は、

プログラミング学習の必修化

の流れが加速しています。

こういった状況ですので、

大学生からでもプログラミングを始めたい

という考えを持つのは当然の事のように思いますし、また非常に重要です。

多少始めるのが遅くとも、社会人になってから仕事と平行してプログラミングを学習するのは非常に労力がかかりますし、かといって学習を怠っていると、十数年後、小学生時代にプログラミングを学んできた後輩から下に見られてしまう可能性もあります。

また、将来プログラマーやエンジニアという職業に付かなくとも、近年の日本の労働環境はエンジニアとのコミュニケーションが必要な機会も非常に多いです。

業務レベルでプログラミングを使いこなせるのがベストではありますが、それよりも重要なのは「プログラミングでできることを知る」こと。

基本的な知識をいれておくだけでも、エンジニアとのコミュニケーションが円滑化し、自身の作業も大きく効率化できます。

使うことがないからとプログラミングを敬遠している方は、ぜひプログラミングを学んでみてください。きっと活きる機会があるはずです。

引用:ビヨンドNEWS「非エンジニアが「プログラミング」を学ぶべき3つの理由」より

そういった場合でも、プログラミングの基礎知識を身に付けていれば、相手から「こいつ話にならねえな・・・」というような態度を取られず、スムーズなコミュニケーションを取る事が可能となります。

そして、こういった状況を反映してか、近年では

・学割があるプログラミングスクール

・大学生限定プログラミングスクール

など、大学生でも利用しやすいプログラミングスクールが増加しつつあります。

学割があればやはり学生でも利用しやすいですし、大学生限定のプログラミングスクールであれば、同じ大学生同士、切磋琢磨したり、教えあったりしながら学ぶ事ができ、さらに新たな仲間も増えていきます。

そこでここからは、

・学割のあるプログラミングスクール

・大学生限定プログラミングスクール

の条件を満たしたプログラミングスクールを

受講料金が安い順

にご紹介していきたいと思います。

【学生向け】おすすめ1位:「大学生限定」プログラミングコミュニティ「ギークサロン」

大学生限定プログラミングコミュニティ ギークサロン

は、未経験でもたった3ヶ月でオリジナルプロダクトを開発できる大学生限定のプログラミングスクールです。

・業界最安値の受講料「29,800円/月×3ヶ月=89,400円(税抜)」

・同一コースであれば3ヶ月目以降の追加料金は不要(他コース受講の際は割引価格で受講可能)

・単に教科書的なプログラミングスキルを学ぶのではなく「3ヶ月でオリジナルプロダクトの開発を行う」という明確なゴールに向かって学習を進める

・未経験OK

・受講生1人1人に専属のメンターがついてサポート

・「iPhoneアプリ開発コース」「ゲーム開発コース」「webサービス開発コース」3つのコースから選ぶことが可能

・東京教室には経験者向けの上級コース「web Expertコース」あり

・オリジナルプロダクトのリリースをゴールにしているため、アプリリリースの実績は多数!

・就活や長期インターンなど受講後のサポートも充実

などといった特徴があります。

先ほども少し触れましたように、大学生限定のプログラミングスクールであるため、同じ大学生同士、切磋琢磨したり、教えあったりしながら学ぶ事ができ、さらに新たな仲間も増えていく事が期待できるのも魅力の一つです。

スクール名大学生限定プログラミングコミュニティ ギークサロン
受講料金29,800円/月×3ヶ月=89,400円(税抜)
受講形態・オンライン

・オフライン

※教室所在地:東京都渋谷区

無料体験あり
言語・コース・iPhoneアプリ開発コース

・ゲーム開発コース

・webサービス開発コース

・web Expertコース(東京教室のみ開講)

【学生向け】おすすめ2位:大学生限定プログラミングスクール「クリプテックアカデミア」

クリプテックアカデミア

も、

大学生限定のプログラミングスクール

です。

オンライン教室のため、ネット環境があれば全国どこからでも参加することができる

のも特徴です。

また、

【お試しプログラミングコース】

・108,000円(1ヶ月)

【しっかりプログラミングコース】

・264,000円(3ヶ月)※月々88,000円

【プロフェッショナル養成コース】

・468,000円(6ヶ月)※月々78,000円

【完全オーダーメイドコース】

・個別見積り(1~12ヶ月)

などといったコースを選ぶことができます。

スクール名クリプテックアカデミア ※大学生限定
受講料金【お試しプログラミングコース】

・108,000円(1ヶ月)

【しっかりプログラミングコース】

・264,000円(3ヶ月)※月々88,000円

【プロフェッショナル養成コース】

・468,000円(6ヶ月)※月々78,000円

【完全オーダーメイドコース】

・個別見積り(1~12ヶ月)

受講形態・オンライン

(全国対応)

言語・コース・特徴など【お試しプログラミングコース】

HTML/CSS/Javascript

【しっかりプログラミングコース】

PHP/Ruby/Python(Webアプリケーション)、またはSwift/JAVA/Kotlin/Unity(スマートフォンアプリ)

【プロフェッショナル養成コース】

PHP/Ruby/Python(Webアプリケーション)
Swift/JAVA/Kotlin/Unity(スマートフォンアプリ)
※両方を扱うことも可能

【完全オーダーメイドコース】

AI、ブロックチェーン、3D(VR/AR等)、ビックデータ解析、データサイエンス
、その他(PHP/Ruby/Python等)

【学生向け】おすすめ3位:学割あり、初心者コースあり、無料体験ありのオンラインプログラミングスクール「テックアカデミー」

TechAcademy [テックアカデミー]

については先ほど「社会人向け」の項目でもご紹介しましたが、

Webアプリケーションコース(Ruby on Rails)

Javaコース

フロントエンドコース

iPhoneアプリコース

Androidアプリコース

はじめてのプログラミングコース

スマートコントラクトコース

Pythonコース

AIコース

データサイエンスコース

Node.jsコース

Google Apps Scriptコース

Scratchコース

エンジニア転職保障コース

などをはじめとした、非常に多彩なプログラミング言語のコースを開講しているオンライン完結のプログラミングスクールです。

・受講生に1人ずつ現役エンジニアのパーソナルメンターがつく

・チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる

・オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート

・オンライン完結のため、必要な環境があれば全国どこからでも受講可能

などといった特徴があり、さらに、

プログラミング 無料体験

も実施しているため、まずは講義の様子を確認してからスタートする事ができるため安心です。

また、

はじめてのプログラミングコース

という、初心者でもプログラミングの基礎から学習できるオンラインのプログラミング学習コースも用意されており、こちらのコースでは、

・HTML/CSS

・PHP

・データベース

など、Webサイト開発に必要な要素を学ぶ事ができます。

もし、プログラミングを始める上でどの言語から学習したら良いか分からないという場合、

はじめてのプログラミングコース

から始めてみるのも選択肢です。

スクール名TechAcademy [テックアカデミー]
受講料金・社会人:99,000円〜

・学生:89,000円〜

※はじめてのプログラミングコース4週間の料金

受講形態オンライン完結
無料体験あり

テックアカデミー「プログラミング 無料体験」

言語・コース・Webアプリケーションコース(Ruby on Rails)

・PHP/Laravelコース

・Javaコース

・フロントエンドコース

・iPhoneアプリコース

・Androidアプリコース

・Unityコース

・はじめてのプログラミングコース

・ブロックチェーンコース

・スマートコントラクトコース

・Pythonコース

・AIコース

・データサイエンスコース

・Scalaコース

・Node.jsコース

・Google Apps Scriptコース

・Scratchコース

・エンジニア転職保証コース

など

【学生向け】おすすめ4位:未経験からのスタート率95%!学割、無料体験ありのプログラミングスクール「Tech Boost」

【Tech Boost】は、

エンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているBranding Engineerが運営するプログラミングスクールです。

・卒業後すぐにエンジニアとして働くことのできるカリキュラム

・AIなどの最先端技術も学べる

・経験豊富なアドバイザーによるキャリア面談などの充実した環境

・就職、転職サポート付き

といった充実したサポート付きとなっています。

さらに、

・未経験からのスタート率95%

となっており、これからプログラミングを学びたい方に、【Tech Boost】はおすすめできます。

スクール名【Tech Boost】
受講料金【月額】

・社会人:29,800円

・学生:19,800円

 

【入学金】

・社会人:219,800円

・学生:149,800円

※期間:3ヶ月〜

※受講コースにより期間が異なる

※無料カウンセリングを通じて期間を提案

受講形態・オンライン

・オフライン

※教室所在地:東京都渋谷区

無料体験あり
言語・コース・Webコース
(Ruby/PHP/jQuery/React.jsより選択可能)・イノベーティブコース(Blockchain / AI / IoTより選択可能)

【子ども向け】子ども向けのプログラミングスクールは?受講料金が安いのは?

小学校でのプログラミング学習の必修化

されている現代日本ではありますが、

・何を教えるかが曖昧な授業を、プログラミングの経験のない先生が子ども全員に対して均質に行うことは無理な話

・残念なプログラミング授業扱いされる

など、小学校のプログラミング教育における授業の内容などに対する疑問の声も見受けられます。

「子どもたちの興味や関心の向きはさまざま。一律できちんと授業内容を理解させることは通常の授業でも難しいと思います。小学校のプログラミング教育は情報活用の基本的な能力や論理的思考力を育むことが狙いだから、どの教科でも盛り込めるという考えが、そもそも論理的思考じゃない

「子どもたちの興味や関心の向きはさまざま。一律できちんと授業内容を理解させることは通常の授業でも難しいと思います。小学校のプログラミング教育は情報活用の基本的な能力や論理的思考力を育むことが狙いだから、どの教科でも盛り込めるという考えが、そもそも論理的思考じゃない。『プログラミング的思考』という、何を教えるかが曖昧な授業を、プログラミングの経験のない先生が子ども全員に対して均質に行うことは無理な話です」

検索エンジンの開発を行うNさんは、小学校のプログラミング教育に懐疑的だ。

プログラミング教育に不慣れな先生をサポートする「ICT支援員」制度が設けられてはいるものの、授業にはパッケージ化された教材が用いられるのが現実的だろう。しかしそれでは、プログラミングに通じる論理的思考力が養われるのかが懸念される。

引用:DIAMOND ONLINE『義務教育の「残念なプログラミング授業」、現役エンジニアが危惧』より

それでいて、

今後、プログラミング教育は、大学入試も関わってくる

とされていますから、非常にタチが悪い側面があります。

今後は、2021年に中学校、2022年は高校の授業でも教科書を一新し、さらに高度なプログラミング教育の必修化を予定、大学入試も関わってくるという。

引用:DIAMOND ONLINE『義務教育の「残念なプログラミング授業」、現役エンジニアが危惧』より

このような状況ですから、

・小学校や中学、高校などでのプログラミング教育に疑問を感じる

・どうせ勉強させるなら、しっかりしたプログラミング知識を身に付けさせたい

などと考える方も多いものと思われます。

また下記の記事では、

民間から専門の講師を招いてでも、単独の教科にしたほうがいい

という意見がありますが、ただでさえ不足しているとされている日本のIT人材ですし、各学校に民間から専門の講師を招く、というのは非常にハードルが高いようにも思われます。

「今行われている授業に、プログラミング教材を加えましたというだけなら中途半端。本気で将来IT業界で役立つ人材育成を目指すなら、民間から専門の講師を招いてでも、単独の教科にしたほうがいい」とNさんは言う。

引用:DIAMOND ONLINE『義務教育の「残念なプログラミング授業」、現役エンジニアが危惧』より

これらのような状況もあってか、近年では、

子ども向けのプログラミング教室

も増えてきているようです。

そういった「子ども向けプログラミング教室」を利用すれば、学校での授業内容の良し悪しに関係なく、しっかりとしたプログラミング知識を身につける事ができます。

そこでここからは、「子ども向けプログラミング教室」についてもご紹介していきます。

学校教材メーカー発!国内最大級の子供向けロボットプログラミング教室「エジソンアカデミー」【小学校3年生(8歳)以上向け】

全国900以上の教室のあるロボットプログラミング教室「エジソンアカデミー」は、

・2018年 経済産業省 ものづくり日本大賞特別賞受賞

・エジソンアカデミーで使用するロボットプログラミング教材は、世界25カ国・日本全国4,000カ所以上の幼稚園・保育園で採用

などといった実績のある、子ども向けプログラミング教室です。

さらに、

・推奨年齢:小学校3年生(8歳)以上 ※小学校3年生未満の受講も可能

・国内最大級!全国900以上の教室数

・初回授業からプログラミングが出来る

・国際大会(URC)に出場することも出来る

・プログラミングスクール、教材調査で5冠達成

・無料体験授業あり

などといった特徴もあり、実績と通いやすさにおいて非常に優れた子ども向けプログラミング教室です。

パズル×ロボット×プログラミングの3つとも学習できる「自考力キッズ」(小学校低学年向け)

小学1年生からのプログラミング教室なら、自考力キッズは、

先ほどご紹介した「全国900以上の教室のあるロボットプログラミング教室「エジソンアカデミー」」と同じ「株式会社アーテック」が運営する教室です。

・小学校低学年向け

・能力開発系の人気コンテンツである、パズル、ロボット、プログラミングが全部学べる

・全国40都道府県、約500の加盟教室数

・ロボットやプログラミングに興味が湧いたら、高学年向けの教室である「全国900以上の教室のあるロボットプログラミング教室「エジソンアカデミー」」への接続も可能

・英語版のカリキュラムがインターナショナルスクールで採用されている実績あり

・無料体験授業あり

などといった特徴のある、こちらも通いやすさと継続性に優れた子ども向けプログラミング教室です。

オンラインで学ぶプログラミング教室「D-SCHOOLオンライン」(小学生、中学生向け)

オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンラインは、

・小学生、中学生向け

・オンライン教室なので、ネット環境があれば全国どこからでも自宅で受講可能

・14日間の無料体験あり(マイクラッチJr(ジュニア)コース、マイクラッチコース、英語&プログラミングコース)

・継続率80%

などといった特徴のある、オンライン型のプログラミング教室です。

【子ども向けのプログラミングスクール】各教室の受講料金は?

次に、子ども向けプログラミングスクールの各教室の受講料金についてですが、

全国900以上の教室のあるロボットプログラミング教室「エジソンアカデミー」

小学1年生からのプログラミング教室なら、自考力キッズ

についてはサイト内に受講料金が記載されていないようです。

その理由は、

全国で合わせて1400以上の教室を展開しており、各教室ごとに受講料金が異なる

ためであるようです。

そのため、各サイト内から各教室へお問い合わせをする事で、受講料金を知る事ができます。

幸いにして教室数は非常に多いですし、自宅から通いやすい教室をピックアップし、複数教室の受講料を比較して教室を決めるのも良いかもしれません。

※最新の情報は、必ず各サイト内をご確認下さい

教室名受講料金特徴
全国900以上の教室のあるロボットプログラミング教室「エジソンアカデミー」・各教室にお問い合わせ下さい

※無料体験授業あり

・小学校3年生(8歳)以上向け

※小学校3年生未満の受講も可能

・全国900以上の教室数

小学1年生からのプログラミング教室なら、自考力キッズ・各教室にお問い合わせ下さい

※無料体験授業あり

・小学校低学年向け

・全国40都道府県、約500の加盟教室数

オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン・月額プラン:3,980円(税込)

・年額プラン:32,835円(税込)~

※14日間の無料体験あり

・小学生、中学生向け

・オンライン教室

まとめ

今回は、

・プログラミングを始める

・初心者がプログラミングを習う

などに関する話題についてご紹介してきました。

本記事が、皆ざまがプログラミングを始める際の参考になりましたら幸いです。

【社会人向けプログラミングスクール】

 

【学生向けプログラミングスクール】

 

【子供向けプログラミングスクール】

タイトルとURLをコピーしました