文字列操作

Excel VBA

【Excel VBA】文字列の入力(VBA入門)

今回はExcel VBAにおける文字列の入力方法についてご紹介します。
2019.11.14
Excel VBA

【Excel VBA】セル番地をRangeプロパティで指定して文字を入力(VBA入門)

今回は、Excel VBAにおけるRangeプロパティを使用したシート上のセル番地の指定と文字の入力方法についてご紹介します
2019.11.14
Excel VBA

【Excel VBA】セル番地をCellsプロパティで指定して文字を入力(VBA入門)

今回は、Excel VBAにおけるCellsプロパティを使用したシート上のセル番地の指定と文字の入力方法についてご紹介します。
2019.11.14
Excel VBA

【Excel VBA】文字や書式のクリア

Excel VBAでは文字や書式をクリアするための様々な方法があります。 今回はその方法の一例をご紹介します。
2019.11.14
Excel VBA

【Excel VBA】計算結果が0の場合、空白を返すユーザー定義関数

Excel VBAではオリジナルの関数である、ユーザー定義関数を作成する事ができます。 通常Excelに用意されている関数では実現できないような処理を実行したり、非常に長い関数になってしまうところを簡潔にまとめたりなど、アイディアによって様々な関数を作りだす事ができます。 今回は、計算結果が0の場合、空白を返すという、ユーザー定義関数をご紹介します。
2019.11.14
Excel VBA

【Excel VBA】Split関数で文字列を区切る1

今回はExcel VBAで文字列を区切る方法(区切り位置)についてご紹介します。 今回の例を読み進めるにあたり、配列についてある程度理解している必要がありますのでご注意ください。
2019.11.14
Excel VBA

【Excel VBA】split関数で文字列を区切る2(UBound関数で配列の最大インデックスを調べる)

今回は前回の記事の続きです。 https://vba-gas.info/excel-vba-split1 前回のサンプル1では事前に配列の数が分かっていましたが、このままでは文字列を区切った後の配列数が事前に分からない場合に対処する事ができません。 そこで今回は、文字列を区切った後の配列数が事前に分からない場合の処理方法についてご紹介します。
2019.11.14
タイトルとURLをコピーしました