【Excel VBA】文字列の入力(VBA入門)

Excel VBA講座 開講中!

今回はExcel VBAにおける文字列の入力方法についてご紹介します。

文字列の入力

下記の例のように、コード内でダブルコーテーションで囲った文は、文字列として認識されます。

また、文字列そのものにダブルコーテーションを使いたい場合はダブルコーテーションを3つ続けます。

Sub 文字列の入力()

Cells(1, 1).Value = “文字列だよ”  ’ダブルコーテーションで囲った文は、文字列として認識されます。

Cells(2, 1).Value = “””ダブルコーテーション付き文字列だよ”””  ’文字列そのものにダブルコーテーションを使いたい場合、このように3つ続けます。

End Sub

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする