【Excel VBA】変数の宣言、型の種類(VBA入門)

スポンサーリンク
Excel VBA講座 開講中!

Excel VBAを始めるうえで、変数という存在に慣れるのは中々苦労する点かもしれないです。

変数には文字列や数値など、様々な値を代入(格納)する事ができ、代入した値をコード内で取得しつつ使用する事ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

変数の宣言

変数は、

Dim 変数名 As 型名

で宣言する事ができます。

例えば下記のようなものになります。

Dim 文字列 As String
Dim i As Long

変数に値を代入(格納)する

一度宣言した変数には、様々な値を代入(格納)する事ができます。

下記の例はLongという型(長整数型)の、iという名前の変数を宣言し、変数「i」に100の数値を格納した例になります。

Sub 変数に値を代入()

Dim i As Long ’iは変数名、Longは型(長整数型)

i = 100 ’変数iに100という数値を代入

MsgBox i ’変数iに代入されている値をメッセージボックスで確認

End Sub

一度代入(格納)した値を変更する事もでき、下記は変数「i」に一度代入(格納)した100の数値を、200に変更した例です。

Sub 変数の値を変更()

Dim i As Long ‘iは変数名、Longは型(長整数型)

i = 100 ’変数iに100という数値を代入

i = 200 ’変数iに代入する数値を200に変更

MsgBox i ’変数iに代入されている値をメッセージボックスで確認

End Sub

変数の型

変数には型というものが存在します。

データ型型名格納できる範囲
Integer整数型-32,768 ~ 32,767 の整数
Long長整数型-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647 の整数
Single単精度浮動小数点数型負の値:約-3.4×10(38乗)~-1.4×10(-45乗)
正の値:約1.4×10(-45乗)~1.8×10(38乗)
Double倍精度浮動小数点数型負の値:約-1.8×10(308乗)~-4.0×10(-324乗)
正の値:約4.9×10(-324乗)~1.8×10(308乗)
Currency通貨型-922,337,203,685,477.5808 ~ 922,337,203,685,477.00
String文字列型文字列
Date日付型日付:西暦100年1月1日~西暦9999年12月31日
時刻:0:00:00 ~ 23:59:59
Booleanブール型真 (True) または偽 (False)
Objectオブジェクト型オブジェクト
Variantバリアント型すべてのデータ

 

などですが、個人的な事務仕事上では、Long、String、Object、Variant、Boolean、Doubleくらいの順番(感覚値です)で使う機会が多かったように思います。

型については文字列、数値、オブジェクトなど多岐に渡りますが、一度に覚えようとはせず場数を踏みながら徐々に覚えていくくらいの軽めの気持ちで良いかと思います。(一度に全て覚えるのは中々ツライ、というかあまり意味ないかも・・・)

型の使い方の例としては、下記のようなものがあげられます。

Dim i As Long ’iは変数名、Longは型名(長整数型)

i = 100 ’ 数値(整数)なのでOK
i = “テスト” ’ “テスト”は文字列なのでエラーがでます

タイトルとURLをコピーしました