【Excel VBA】Forステートメントを使った繰り返し処理

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Excel VBA講座 開講中!

Excel VBAにおいて、指定した回数だけ繰り返し処理を実行したい場合、Forステートメントが頻繁に使われます。

Forステートメントは、以下のように書きます。

Dim 変数 As Long
For 変数 = 変数の初期値 To 変数の最小値

繰り返す処理内容を記述

Next 変数

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Forステートメントの使いかた

実際に動かしてみないと分かりにくいかもしれませんので、例を交えながらご紹介していきます。

下記の例ですが、以下のようになっています。

Dim i As Longで、繰り返す回数(整数)を格納するための変数を宣言
For i = 1 To 5で、変数iの初期値を1、最大値に5を指定し、1から1つずつ数値が増えていき、5になった時点で処理終了ように指定
Cells(i, 1).Value = “テスト” & iは、繰り返す処理の内容で、セルA1~A5に、文字列「テスト1~テスト5」を入力していく処理
Next iで、For i = 1 To 5のところに戻り、iが5までの処理が完了したら処理終了

Sub Forステートメントを使った繰り返し処理()

Dim i As Long ‘繰り返す回数(整数)を格納するための変数

‘以下、Forステートメントによる繰り返し処理
For i = 1 To 5 ‘変数iの初期値を1、最大値に5を指定、今回の場合、1から1つずつ数値が増えていき、5までの処理が完了したら処理終了

Cells(i, 1).Value = “テスト” & i ‘セルA1~A5に、文字列「テスト1~テスト5」を入力していく

Next i ‘For i = 1 To 5 に戻る

変数を2以上ずつ増加させたい場合

変数を2以上ずつ増加させたい場合は、下記のようにStepを使用します。

For i = 1 To 5 Step 2

3ずつ増加させたい場合はStep 3、4ずつ増加させたい場合はStep 4、としていきます。

下記の例は、先ほどのサンプルにStep 2を書き加えたものになります

Sub Forステートメントを使った繰り返し処理()

Dim i As Long ‘繰り返す回数(整数)を格納するための変数

‘以下、Forステートメントによる繰り返し処理
For i = 1 To 5 Step 2 ‘変数iの初期値を1、最大値に5を指定、今回の場合、1から2つずつ数値が増えていき、5までの処理が完了したら処理終了

Cells(i, 1).Value = “テスト” & i ‘セルA1~A5に、文字列「テスト1~テスト5」を入力していく

Next i ‘For i = 1 To 5 に戻る

End Sub

タイトルとURLをコピーしました