【Excel VBA】Do Whileステートメントを使った繰り返し処理

Excel VBA講座 開講中!

Excel VBAにおいては、条件を満たしている間だけ処理を繰り返す、Do Whileステートメントが存在します。

Do Whileステートメントは下記のように記述します。

Do While 条件式

条件を満たしている場合に実行する処理

Loop

Do Whileステートメントの使い方

実際の例を交えながらご紹介していきます。

下記の例ですが、以下のような内容になっています。

i = 1で、変数iの初期値を設定
Do While Cells(i, 1).Value <> “”は、セルA1から1行ずつセルを下っていき、セルが空欄でない場合は処理実行
Cells(i, 2).Value = iは、’セルB1~以降の行に、変数の値を入力
i = i + 1は、条件を満たして処理が実行された売、’変数iに1を足す
Loopで、変数iに1を足した状態でDo While~に戻る

Sub 繰り返し処理3()

Dim i As Long

i = 1 ‘変数iの初期値を設定

‘以下、Do Whileステートメントによる繰り返し処理
Do While Cells(i, 1).Value <> “” ‘セルA1から1行ずつセルを下っていき、セルが空欄でない場合は処理実行

Cells(i, 2).Value = i ‘セルB1~以降の行に、変数の値を入力

i = i + 1 ‘変数iに、1を足す

Loop ’Do Whileに戻る

End Sub

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする