【Excel VBA】確認メッセージの表示、非表示

Excel VBA講座 開講中!

今回は、Excel VBAで確認メッセージを表示、非表示する方法をご紹介します。

確認メッセージの表示、非表示

まず、下記のサンプル1はアクティブシートの「Sheet1」を削除するコードです。

・サンプル1

Sub test()

ActiveWorkbook.Worksheets(“Sheet1”).Delete

End Sub

このコードを実行すると、

「このシートは完全に削除されます。続けますか?」

という確認メッセージが表示されます。

Excel VBAを使って自動化を行いたいのに、いちいちこの確認メッセージをクリックするのは非常に手間がかかります。

そこで、コードの実行時にこの確認メッセージを非表示にするには、

Application.DisplayAlerts = False

のコードを使用します。

また、確認メッセージを表示するには、

Application.DisplayAlerts = True

のコードを使用します。

下記のサンプル2では、

Application.DisplayAlerts = False

でいったん確認メッセージが表示されないようにしてから「Sheet1」を削除した後、

Application.DisplayAlerts = True

で再び確認メッセージが表示されるようにしています。

・サンプル2

Sub test()

Application.DisplayAlerts = False

ActiveWorkbook.Worksheets(“Sheet1”).Delete

Application.DisplayAlerts = True

End Sub

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする