【Excel VBA】自動再計算、手動再計算

スポンサーリンク

Excel VBA講座 開講中!

これは通常のエクセル作業でも同様ですが、多くの関数を使用したファイルを編集する場合、手動計算に切り替えておかないと、事あるごとに再計算が入ってファイルが重く、いつまで経っても作業が進まなくなる場合があります。

これはExcel VBAでプログラムを書く場合でも同様で、必要に応じてプログラムの中で手動計算と自動再計算を切り替えていかないと、多くの関数を使用したファイルでは処理速度が非常に遅くなる場合があります。

そこで今回は、Excel VBAで自動再計算と手動再計算を切り替える方法についてご紹介します。

自動再計算と手動再計算の切り替え

Excel VBAでの手動計算と自動計算の切り替えは、下記コードで行う事ができます。

・手動計算
Application.Calculation = xlCalculationManual

・自動計算
Application.Calculation = xlCalculationAutomatic

手動計算にした後は忘れずに自動計算に切り替えないと、思うような処理結果が得られない場合がありますのでご注意ください。

下記は、手動計算と自動再計算のコードを使用したサンプルです。

Sub 自動計算、手動計算()

Application.Calculation = xlCalculationManual ‘手動計算に切り替え

‘ここに処理内容を記入

Application.Calculation = xlCalculationAutomatic ‘自動再計算を実行

End Sub

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする