自宅で鍛える腹筋トレーニング!持ち運べるジムや、ジムの代わりになるベンチ

以前の記事では、私が今も愛用している、自宅で使えるおすすめのエアロバイクをご紹介しました。

みなさんは定期的な運動を心がけていますか? 人間が健康的な生活を送るためには適度な運動は必要不可欠です。 しかし、 ...

実はこのエアロバイクとほぼ同時期に購入した、

自宅で負荷をかけた腹筋や背筋を行う事ができるトレーニング器具

があります。

しかし、どうやら以前と比べてグレードアップしており、価格もかなり上がっているようですが(苦笑)

それでも自宅に腹筋、背筋用のトレーニング器具を導入したい方の参考になればと思いますので、今回はそちらのトレーニング器具についてご紹介します。

腹筋や背筋用のトレーニング器具を購入したきっかけ

以前の記事でも触れたのですが、私がこのトレーニング器具を購入したきっかけは、ある時期にとある職場で働き始めた際、連日の深夜残業により時間的にも体力的にも定期的にジムへ通う事が難しくなったためです・・・

もっとも、トレーニング器具がなくても自宅で腹筋や背筋をする事は可能ではあるのですが、ジムで行うような負荷をかけたトレーニングを自宅でも再現したかったので、購入に踏み切りました。

自宅で負荷をかけた腹筋や背筋ができる「ファイティングロード (FIGHTINGROAD) 腹筋アーチベンチ」

私が自宅に導入したトレーニング器具の、グレードアップ版トレーニング器具がこちらのようです。

しかし前述したように、どうやら以前と比べてグレードアップしており、価格もかなり上がっているようです(苦笑)

「ファイティングロード」っていう名前がもう「いかにも!」って感じで良いですよね!

私が購入した時よりグレードアップしているようなので、あくまでも参考程度にはなってしまいますが、このトレーニング器具の長所や短所、グレードアップ後に変更されたと思われる点についてまとめてみました。

【長所】

負荷をかけた腹筋、背筋ができる(カーブがあるのでかなり効果的)

・腹筋と背筋の負荷は、5段階で調整可能

いつでも好きな時にトレーニングが出来るようになる

【短所】

各パーツのスポンジが外れやすい

ボルト部分が緩みやすく、ぐらつきやすい(締めなおせば直ります)

3年ほど使ったところで、腕立て用のバー(プッシュバー)を設置する部分の溶接がはがれた

・口コミでもたまに見かけるように、やや耐久面での不安はあるかもしれない(使用者の体格にもよるかも)

【変更された点】

折りたためるようになり、収納がよりコンパクトになった

・価格が約2倍になった(笑)

ちなみに短所で挙げた、腕立て用のバーに関して少々補足ですが、よく考えると、

腕立て用のバー(プッシュバー)を使った腕立て伏せだと、膝から上を使った腕立て伏せになるので負荷が弱い

・しかし腕立て伏せに関して言えば、付属のバーを使わずに普通に床でやったほうが、効果は高い

という考えにすぐ気付いたのもあり、その点に関しては現在あまり気にしていません(笑)

その他の腹筋、背筋用トレーニング器具

今回ご紹介したトレーニング器具以外にも、様々なトレーニング器具があるようです。

その中に、気になる器具もいくつかありましたので、少しピックアップしてみたいと思います。

東急スポーツオアシス フィットネスクラブがつくった シェイプアップベンチ

こちらのトレーニング器具は、腹筋の負荷調整は3段階と、先ほどご紹介したトレーニング器具より少ないですが、足回りのトレーニングにも使えるようです。

正直、なんだかこっちの方が良かったようにも見えなくはないです(笑)

世界初!自宅がジムになる、持ち運べるフィットネスジム「BODYBOSS」

さらに近年では、自宅をジムにできる持ち運べるフィットネスジムとして、

持ち運べるフィットネスジム「BODYBOSS」

などがあります。

「あなたの家がジムになる!」

をコンセプトに作られた万能トレーニング器具で、これ一台あれば、自宅で全身のシェイプアップができます。

「忙しくてジムに行く時間がない」

「家の近くにジムが無い」

などといった方におすすめの、

2018年に日本に上陸したばかりの最新トレーニング器具

です。

※関連記事

近年では、健康増進やダイエットブームにより、スポーツジムなどに通う方も増えているようです。 しかし、 ブームになればトラ...

まとめ

今回は、自宅で負荷をかけた腹筋や背筋を行うことができるトレーニング器具をご紹介してきました。

特に普通の腹筋や背筋だと物足りないという方には、今回ご紹介したようなトレーニング器具があると、いつでも負荷をかけたトレーニングが出来てとても便利なのでおすすめです。

自宅でもバリバリ体を鍛えたいトレーニングマニアは、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする