【Google Apps Script(GAS)】取得した日時に曜日を追加する

スポンサーリンク
オンラインプログラミングスクール受講者数No.1!
最短4週間でGASをマスターできる
Google Apps Scriptコース』開講中!
PHPが学べるカリキュラムをもらえる「秋分の日プレゼントキャンペーン」を9月22日まで実施中

以前、Google Apps Scriptで日時を取得する方法についてご紹介しましたが、今回は曜日も取得して反映する方法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

取得した日時に曜日を追加する

記事下部のサンプル1を元にご説明しますと、

まず、

var ary = [‘日’, ‘月’, ‘火’, ‘水’, ‘木’, ‘金’, ‘土’]

で、変数aryに曜日の文字列を配列で格納しています。

次に、

var now = new Date()

で現在日時を取得します。

日時を取得する方法については下記記事をご参照ください。

【Google Apps Script(GAS)】現在日時を指定した表示形式に変換して取得
今回はGoogle Apps Scriptにおける、現在日時を指定した表示形式に変換して取得する方法についてご紹介します。

曜日番号の取得は

getDay()

で行う事ができますので、

var week_num = new Date().getDay()

で曜日番号を取得します。
(曜日番号は、日が0、月が1、火が2、水が3、木が4、金が5、土が6、となります。)

次に、

var week = ‘(‘+ary[week_num]+’)’

では配列変数aryの配列番号0~6に格納された日~土の値を、変数week_numに格納した0~6の番号を使って指定することで取り出し、前後に()を付けて変数weekに代入します。

そして、

var time = Utilities.formatDate(now, ‘Asia/Tokyo’, ‘yyyy/MM/dd’)

で表示形式を変更した現在日時を取得して変数timeに代入し(今回はyyyy/MM/ddの形にしてます)、

Browser.msgBox(time+week)

で変数timeとweekを結合した文字列をメッセージボックスに表示させます。

・サンプル1

function myFunction() {

var ary = [‘日’, ‘月’, ‘火’, ‘水’, ‘木’, ‘金’, ‘土’];
var now = new Date();
var week_num = new Date().getDay();
var week = ‘(‘+ary[week_num]+’)’;
var time = Utilities.formatDate(now, ‘Asia/Tokyo’, ‘yyyy/MM/dd’);

Browser.msgBox(time+week);

}

曜日出力結果

曜日出力結果

タイトルとURLをコピーしました