【Google Apps Script(GAS)】文字列の結合

スポンサーリンク
オンライン完結で通学不要!無料体験あり!
最短4週間でGASをマスターできる
Google Apps Scriptコース』開講中!
申し込み金額の20%分のキャンペーンコードをプレゼントする「真夏の20%還元キャンペーン」を8月16日まで実施中

今回はGoogle Apps Scriptにおける文字列の結合や、注意点についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

文字列の結合方法

Google Apps Scriptにおいて文字列同士を結合する場合、文字列と文字列を「+」で結ぶ事により、結合できます。
下記の例では、変数strには「月曜日」という文字列が代入されます。

var str = ‘月’+’曜日’

ただし、文字列の型と数値の型、文字列の結合と数値の足し算が混在した場合、下記のようにすると本来、変数numberに代入したい値は「合計:2」であるにも関わらず、「合計:11」になってしまうので注意が必要です。
文字列と数値を結合すると、「’合計:’+ 1」の時点で、「合計:1」という文字列になり、その後に+1が来るため「合計:11」という結果になってしまいます。

var number = ‘合計:’+ 1+ 1

この場合は、下記のように先に数値の足し算を先に行う事で、「合計:2」という本来取得したい結果を得る事ができます。

var number = ‘合計:’+ (1+ 1)

function myFunction() {

var number = ‘合計:’+ (1 + 1);

Browser.msgBox(number);

}

タイトルとURLをコピーしました