【Google Apps Script(GAS)】変数の宣言(GAS入門)

スポンサーリンク
オンラインプログラミングスクール受講者数No.1!
最短4週間でGASをマスターできる
Google Apps Scriptコース』開講中!
先着100名でPHPが学べるカリキュラムがもらえる「秋のプレゼントキャンペーン」を10月25日まで実施中

Google Apps Scriptにおいても変数は何度も宣言する必要がある、非常に重要なポイントです。

今回はその変数についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

変数の宣言方法

Google Apps Scriptで変数を宣言する場合、下記のようにします。

var 変数名 = 代入する値

ちなみにVBAでは変数を宣言する際に型を指定する必要がありましたが、Google Apps Scriptでは型を指定する必要はありません。

 

変数を使ったサンプルとして、下記のスクリプトをご紹介します。

下記のスクリプトでは、変数iに「100」の数値を代入し、変数strに「です。」という文字列を代入しています。

その代入した値を連結し、メッセージボックスに「100です。」と表示させています。

function myFunction() {

var i = 100;
var str = ‘です。’;

Browser.msgBox(i+str);

}

変数宣言のサンプル、実行結果

変数宣言のサンプル、実行結果

タイトルとURLをコピーしました