トルコ自毛植毛ってどう?日本は後進国?植え放題のエステセンタージャパンとは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

植え放題:55万円

という安さでトルコで自毛植毛を受けられる、業界最安値・特許庁への商標登録申請済みの海外医療ツーリズムに、

トルコ自毛植毛のエステセンター・ジャパン

があります。

■『海外植毛 トルコ医療ツーリズム』について

『海外植毛 トルコ医療ツーリズム』は、業界最安値・特許庁への商標登録申請済み、日本国内ではなく親日国・トルコで自毛植毛植え放題を行う医療ツーリズムサービスです。

引用:SankeiBiz「トルコでのPRP療法による自毛植毛植え放題サービス『海外植毛 トルコ医療ツーリズム』55万円で提供開始」より

別記事、

自毛植毛10クリニック手術料金・費用比較|安いのは?安くする方法や最安値は?
自毛植毛の各クリニックを比較してみました。 自毛植毛の手術料金・治療費用が安いクリニックは?安くする方法は?など、様々な面から比較しています。

でもご紹介した事がありますが、

日本国内において、55万円の予算で自毛植毛を受ける場合、ほとんどのクリニックにおいて500株の自毛植毛を受けられるか、受けられないかという程度の予算感です、

また、

日本国内で2,500株以上の「メガセッション」と呼ばれる広範囲の自毛植毛を行った場合、どれだけ安くても120万円は下りません

ので、特に薄毛の範囲の広い方であれば、日本国内のクリニックと比較しても群を抜いた安さである「植え放題:55万円」という響きに魅力を感じる方も決して少なくないと思います。

しかし、

トルコの自毛植毛って大丈夫なの?

と不安を感じる方もまた少なくないものと思われます。

そこで今回は、

トルコの自毛植毛ってどうなの?

などに関する話題です。

ここがポイント

・トルコは世界有数の「医療ツーリズム」や「美容ツーリズム」の大国

・トルコの「毛髪移植」市場は世界トップの規模を誇る

・トルコの植毛市場規模は日本の20倍以上

・トルコの自毛植毛が安いのではなく、そもそも日本の自毛植毛が高いという見解もある

・「エステセンター」はイスタンブールNO.1の症例数のクリニック

・「エステセンター・ジャパン」は特許庁東京都港区へ特許申請済みのサービス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自毛植毛キャンペーン情報

ここでは、自毛植毛をお得に受けるためのキャンペーン情報などをご紹介していきます。

メスを使用しないi-Directの「アイランドタワークリニック」で、6月限定の「誰でも最大5割引」プランを実施中

メスを使わない「i-ダイレクト」による自毛植毛を行っている、

アイランドタワークリニック

では、

2020年6月限定の『誰でも最大5割引』プランを実施中

です。

引用:アイランドタワークリニック

モニター協力で5割引

モニター無しでも3割引

など、非常に安く自毛植毛を受ける事ができます。

医療ツーリズム(医療観光)とは?

トルコの植毛市場の話題に入る前に、

医療ツーリズムとは何なのか?

について簡単に振り返ってみたいと思います。

受けたい医療のために海外を含めた「旅行」をして、よりよい治療を受けること

まず「医療ツーリズムとは何なのか?」についてですが、「一般社団法人メディカルツーリズム協会」によると、

自分が受けたい医療のために海外を含めた「旅行」をして、よりよい治療を受けることを、「医療ツーリズム」という

としています。

医療の情報についても、世界中の病院を訪ねなくてもそこで行われている治療や検査の情報、働いている医師やその他専門職スタッフについても知ることが出来るようになりました。

受けたい医療を選択することも自由になり、その選択肢は世界中にあります。自分が受けたい医療のために海外を含めた「旅行」をして、よりよい治療を受けるというのが当たり前の時代になりました。これを「医療ツーリズム」といいます。

引用:一般社団法人メディカルツーリズム協会「メディカルツーリズム®とは」より

トルコは「医療ツーリズム大国」

その中でも、

トルコは世界有数の「医療ツーリズム」や「美容ツーリズム」の大国

であるとされています。

下記の記事によると、トルコにおける上質で低価格のサービスを受けるため、「植毛」はもちろん、「臓器移植」「ガン治療」などの様々な分野において、世界各地から患者が集まっているのが、トルコの「医療ツーリズム」の特徴であり、

特に植毛にとって適切な場所である

という評価からも、トルコの植毛がいかに世界から注目されているかを伺い知る事ができます。

トルコはここ15年間で、医療分野の変化・転換期を迎えてきた。最新の医療サービスに向けた取り組みが実を結んだ。

上質で低価格のサービスにより、トルコは医療ツーリズムの大国となった。

トルコは、臓器移植、ガンの治療、美容、植毛などの分野で世界各地から患者が集まる大国となった。

治療を受ける患者の50パーセントは外国人である。

若く知識豊富な医療スタッフ、最新のインフラ、健全な病院を誇るトルコは、ヨーロッパよりもさらにずっと手ごろな治療費を提示している。

医療ツーリズムにおいて世界3位のトルコの目標は、2023年に200万人の外国人の患者を迎えて世界のトップに立つことである。

美容ツーリズムにおいてもトルコは上位に入っており、特に植毛にとって適切な場所である。

引用:TRT「トルコは医療ツーリズムの要の国」より

トルコは世界トップの「植毛大国」

特に植毛にとって適切な場所である

と称されるトルコの植毛ですが、次に、トルコにおける「毛髪移植」市場について見ていきたいと思います。

下記の記事によると、トルコにおける「毛髪移植」の市場規模などは、

・市場規模:10億ドル(1000億円以上)

・イスタンブールだけで約350カ所のクリニックがある

・毎月約5,000人もの人が髪を手に入れるためにトルコを訪れる

など、

トルコの「毛髪移植」市場は世界トップの規模を誇る

とされています。

毛髪移植は、トルコにおいて10億ドルのビッグビジネスだ。イスタンブールだけで約350カ所のクリニックがあり、約5,000人がより自然に近い髪を手にいれるために、毎月この国を訪れる。

(中略)

クリニックには毎月数千人の患者が訪れるが、その多くは湾岸地域からやって来る。「トルコが毛髪移植で世界トップを走り、その患者の多くがアラブ諸国からやって来ると知ったとき、どうしてそんなに多くの人が外見、特に自分の薄毛を気にするのかと思ったのです。その理由を知るために、この人たちに会って、それを理解したかったんです」と、サトリは言う。

引用:WIRED『トルコ、10億ドルの「植毛ビジネス」の舞台裏』より

トルコの植毛市場規模は日本の20倍以上!

巨大市場となっているトルコの植毛市場ですが、それに対して日本の植毛市場はどれほどのものなのでしょうか?

下記の調査によると、

2016年度の日本における植毛市場規模は44億円

とされています。

2016年度の毛髪業の市場規模は前年度比97.6%の1,369億円、植毛市場規模は同107.3%の44億円、発毛・育毛剤市場規模は同100.4%の675億円、ヘアケア剤市場規模は同102.3%の2,320億円であり、植毛市場、ヘアケア剤市場が好調であった。

引用:日本経済新聞「矢野経済研究所、ヘアケア市場に関する調査(2017年)結果を発表」より

先ほど、

トルコの植毛市場は10億ドル(1000億円以上)

という点についてご紹介しましたが、

44億円とされる日本の植毛市場と、10億ドル(1000億円以上)のトルコの植毛市場には実に20倍以上もの差

があります。

この数字から考えますと、

世界基準で見てみると、日本における植毛はトルコと比べて圧倒的にマイナー

であると言わざるを得ないのではないかと思われます。

日本は植毛の後進国?

ここまでの情報を考慮しますと、

実は日本は植毛の後進国なのではないか?

という疑問が湧いてくる方も少なくないのではと思います。

この点についてですが、

30年以上の実績を誇る

自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

の院長である今川賢一郎先生も、

たしかに日本は植毛の後進国である

という点について言及しています。

国内外の様々な植毛術を見てきた先生がおっしゃるのですから、日本とトルコの植毛市場規模の差を考慮しても、世界基準から見て日本は植毛の後進国扱いだとしても決して不思議では無いようにも思われます。

たしかに日本は植毛の後進国でしょう。

技術的には

①ワンパスはおろかデンスパッキングができない

②メガセッション(一回の移植株数が2500以上)ができない

③厳密な意味でのFUTができない

点がありますが、国際的にも非常識といえる高額な手術費の設定も問題です。

引用:ヨコ美クリニック

なぜトルコの植毛は安いのか?

先ほど日本の植毛費用について、「自毛植毛専門・ヨコ美クリニック」の院長である今川賢一郎先生の、

国際的にも非常識といえる高額な手術費の設定も問題です。

というお言葉が見られました。

日本で行うと非常に高額なクリニックが多い自毛植毛ですが、

植え放題:55万円

の「トルコ自毛植毛のエステセンター・ジャパン」は、なぜこれほどまでの安さを実現できるのでしょうか?

その理由には、

トルコのクリニックは、家賃や給料などの間接費が非常に安い

という点があるようです。

2015年初め、サトリはイスタンブールを訪れこの植毛手術について知り、そして学んだ。頭の周りにガーゼを巻いた男性たちを頻繁に目にしたサトリは、彼らに何が起ったのか不思議に思ったからだ。

ある友人が、彼らはただ単に毛髪をお得に購入しているだけ、と話してくれた。

トルコのクリニックは、家賃や給料などの間接費が非常に安いので、安価に手術を提供することができる、と説明してくれた。

引用:WIRED『トルコ、10億ドルの「植毛ビジネス」の舞台裏』より

確かに、日本において東京23区や横浜市などにクリニックを構えれば、家賃はさぞかし高額であろう事は容易に推測できます。

しかしトルコでは植毛の費用が安いにも関わらず、市場規模は日本の20倍以上なのですから、いかにトルコにおける「植毛」がメジャーな存在であるかがより際立っているようにも思われます。

トルコの自毛植毛を受けられる海外医療ツーリズムは?

ここまで、トルコや日本における植毛市場に関する話題についてご紹介してきましたが、ここからは改めて、

トルコの自毛植毛を受けられる海外医療ツーリズムである、

トルコ自毛植毛のエステセンター・ジャパン

についてご紹介していきたいと思います。

トルコ自毛植毛 海外医療ツーリズムの「エステセンター・ジャパン」

トルコ自毛植毛のエステセンター・ジャパンは、

自毛植毛の海外医療ツーリズムを提供するサービスです。

渡航先は世界トップクラスの親日国であるとされるトルコであり、トルコの医療機関「エステセンター」は、世界一の実績と信頼を誇るとされる医療機関です。

また治療費においても、

1泊4日(機中2泊)55万円で植え放題(航空券別)

という、業界最安値を誇る自毛植毛サービスです。

トルコ自毛植毛のエステセンター・ジャパン

のサービスの特徴としては、

・日本よりはるかに進んでいるトルコへの植毛ツアー

・トルコの大都市「イスタンブール」へは植毛する人が毎月5,000人以上押し寄せており、日本とは症例数が桁違い

・「エステセンター」はイスタンブールNO.1の症例数のクリニックである

・日本語とトルコ語の通訳は、サッカー日本代表の長友 佑都選手の通訳も兼任しているトルコ政府の公認通訳者なので安心して植毛が受けられる

・移動はすべて通訳、プライベートドライバーが同行する

・特許庁東京都港区へ特許申請済み

・生着率95%

などといった点が挙げられます。

■サービスの概要

日本よりはるかに進んでいるトルコへの植毛ツアーです。毎月イスタンブールへは植毛する人が毎月5,000人以上押し寄せるということで、症例数は日本と桁が違います。

日本語とトルコ語の通訳は、今現在トルコ イスタンブールのガラタサライで大活躍中、日本代表の長友 佑都選手の通訳も兼任しているトルコ政府の公認通訳者なので安心して植毛が受けられます。また移動はすべて通訳、プライベートドライバーが同行しますので海外での移動の心配はありません。

海外での植毛のすべてを、お客様の立場に立ってストレスフリーに手厚くコーディネート。
人へやさしさをもった親日国 トルコならではのサービスです。

高額医療とされていた植毛ですが、当社は特許庁へ植え放題の商標登録をしています。これまで高額であきらめていた方への新しいサービスです。薄毛の方には無くてはならないサービスを提供していきます。

エステセンターはトルコ イスタンブールNO.1の症例数のクリニックです。

引用:SankeiBiz「トルコでのPRP療法による自毛植毛植え放題サービス『海外植毛 トルコ医療ツーリズム』55万円で提供開始」より

また、航空券は別途自身で購入する必要がありますが、格安航空券の検索・比較・予約サイトには、

格安航空券エアトリ

海外航空券予約「株式会社CROOZ TRAVELIST」

などがあります。

こういったサービスを利用して最安値の航空券を検索すると非常に便利です。

下記の動画では、「エステセンター」の医師自らが自毛植毛を行った体験が紹介されています。

トルコで自毛植毛を受けつつ、ついでにイスタンブール観光を楽しむのが、トルコでは普通の光景

いくら、

トルコ自毛植毛のエステセンター・ジャパン

の自毛植毛が安いと言っても、

自毛植毛のためだけにトルコ行きはちょっと・・・

という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし実際には、

トルコで自毛植毛を受けつつ、ついでに観光を楽しむ、という選択肢は普通

であるようです。

下記の記事によると、実際トルコでは、

手術を終え、頭に包帯を巻いた患者が市内を観光しているという光景が普通

であるとされています。

日本国内においては、「自毛植毛を受けた事をバレたくない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、

トルコで自毛植毛を受けた場合、「バレる」とか「バレない」とか、そんな細かい事を気にせずに堂々と街を歩いていられる

というのも、ある意味大きなメリットかもしれません。

サトリが手術室に覗き入れば、そこでは明るいライトが患者の頭皮を照らしている。また一歩トルコの市内の通りに出れば、手術を終えた患者が家族を観光案内している。

「包帯を頭に巻いた男性たちが博物館を訪れていたり、通りを歩いていたり、レストランで食事をする姿は、よく目にする普通の光景ですよ」とサトリは言う。

「彼らはひとりだったり、奥さんや子どもたちと一緒だったり、あるいは手術を受けた友達と一緒だったりしますね。とても不思議で興味深い光景なんです」

引用:WIRED『トルコ、10億ドルの「植毛ビジネス」の舞台裏』より

自毛植毛と観光をセットで考えるのが、よりお得な利用方法

また、

トルコ自毛植毛のエステセンター・ジャパン

のサイト内においても、

・4星ホテルが4泊まで無料

・ついでにイスタンブール観光を楽しめる

などといった点も紹介されています。

トルコ自毛植毛のエステセンター・ジャパン

を利用する場合、

自毛植毛と観光をセットで考えるのが、よりお得な利用方法

であると言えそうです。

引用:トルコ自毛植毛のエステセンター・ジャパン

最新の情報は、必ず「トルコ自毛植毛のエステセンター・ジャパン」サイト内にてご確認下さい。

サービス名トルコ自毛植毛のエステセンター・ジャパン
開院年2000年
サービス開始年2019年
植毛方式【FUE法】

※世界的にもっとも細いマイクロモーターという新しい器具を使用して両耳の間の後頭部から毛根を取り、永久毛根から太い強い毛根を植毛する

※出典:トルコ自毛植毛のエステセンター・ジャパン

参考費用・55万円植え放題(航空券別)

※1泊4日(機中2泊)、業界最安値の上限55万円(航空券別)で植え放題

支払い方法振込み、現地カード払い(手数料8%)
実績など「エステセンター」はイスタンブールNO.1の症例数のクリニック

※出典:SankeiBiz「トルコでのPRP療法による自毛植毛植え放題サービス『海外植毛 トルコ医療ツーリズム』55万円で提供開始」より

対応性別トルコ自毛植毛のエステセンター・ジャパン」にお問い合わせ下さい
無料カウンセリング植毛できる本数の事前画像判断あり
クリニック所在地トルコ イスタンブール

自毛植毛の料金が安い国内クリニックは?

ここまで、

トルコ自毛植毛のエステセンター・ジャパン

に関する話題を中心にご紹介してきましたが、

やっぱり国内で自毛植毛を受けたい・・・

という方もいらっしゃるかと思います。

もし、国内で自毛植毛が安いクリニックを探したいという場合、別記事、

自毛植毛10クリニック手術料金・費用比較|安いのは?安くする方法や最安値は?
自毛植毛の各クリニックを比較してみました。 自毛植毛の手術料金・治療費用が安いクリニックは?安くする方法は?など、様々な面から比較しています。

でもご紹介していますが、

30年以上の実績を誇り、世界に200名ほどしかいないとされるほどに厳格な資格である、「ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)認定医」の「今川 賢一郎 医師」が院長を務める、

自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

の「FUT法」や、メスを使わないARTAS植毛の、

湘南美容クリニック

AGA治療専門のTOMクリニック

などが、国内で比較的安く自毛植毛を受ける事のできるクリニックとなっています。

※関連記事

自毛植毛10クリニック手術料金・費用比較|安いのは?安くする方法や最安値は?
自毛植毛の各クリニックを比較してみました。 自毛植毛の手術料金・治療費用が安いクリニックは?安くする方法は?など、様々な面から比較しています。
植毛に必要な資格は?厳格なABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)認定医は?
当たり前ではありますが、植毛を行うには医師免許が必要です。 そしてさらに厳格な植毛に関する資格に、「ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)」があります。 今回は、「ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)」の認定医などに関する話題です。
自毛植毛「ヨコ美クリニック」ってどんなクリニック?特徴は?口コミや評判は?
自毛植毛を行っているクリニックにも様々ありますが、植毛において30年以上の実績を誇る、神奈川県横浜市の自毛植毛クリニックがあります。 今回は、自毛植毛の「ヨコ美クリニック」に関する話題です。

まとめ

今回は、

トルコの自毛植毛ってどうなの?

などに関する話題についてご紹介してきました。

日本は先進国なんだから、植毛分野でも先進国!

と思われている方も多いかと思いますが、世界基準で見ればむしろ日本の植毛はマイナーであり、むしろ後進国とまで言ってしまっても過言ではない状況であるようです。

もし、

できるだけ安く、最先端の自毛植毛を受けたい!

という場合、日本国内に目を向けるより、トルコに目を向けるのも十分考えられる選択肢であるように思われます。

※関連記事

自毛植毛とは?株(グラフト)とは?メリットやデメリット、主な施術方式は?
近年では数多くの育毛剤、薄毛治療法の開発・発表などが続けられていますが、その中でも比較的高い推奨度を誇る注目の薄毛治療に、自毛植毛があります。 今回は、「自毛植毛とは?」「自毛植毛のメリットや特徴は?デメリットは?」などに関する話題です。
自毛植毛10クリニック手術料金・費用比較|安いのは?安くする方法や最安値は?
自毛植毛の各クリニックを比較してみました。 自毛植毛の手術料金・治療費用が安いクリニックは?安くする方法は?など、様々な面から比較しています。
安全な自毛植毛クリニックの選び方、ポイントは「医師の経験」?どこで確認する?
自毛植毛においては、「十分な経験と技術を有する医師が施術する場合に限り」施術を行う事が推奨されているようです。 今回は、「自毛植毛のクリニック選び」に関する話題です。
刈り上げない自毛植毛のメリットやデメリットは?刈り上げないクリニックは?
自毛植毛といいますと、後頭部を刈り上げるというイメージをお持ちの方も多いかと思います。 しかしクリニックによっては、刈り上げない自毛植毛を行っているクリニックもあります。 そこで今回は、「刈り上げない自毛植毛のメリットやデメリットは?」「刈り上げない自毛植毛を行っているクリニックは?」などに関する話題です。
日帰り可能!土日祝日対応!休診日なし!多忙でも通える自毛植毛クリニックは?
男女共に、働き盛りと言ってよい年代に発症頻度が高くなるのが脱毛症です。 そのため自毛植毛を受けるにしても、「平日は仕事を休めない…」「行ける日が限られる…」「休めても一日だけ…」などという方もいらっしゃるかと思います。 今回は、「日帰り可能」「土日祝日対応」「休診日なし」の自毛植毛クリニックなどに関する話題です。
安全で失敗しない自毛植毛にはセカンドオピニオンがおすすめ?受付クリニックは?
費用が高くなりがちな自毛植毛の手術・治療ですから、できるだけ施術内容に納得した上で、かつ信頼できると判断したクリニックで気分良く受けたいものですが、自毛植毛のクリニックにおいても「セカンドオピニオン」を受け入れているクリニックはいくつか存在しているようです。 今回は、自毛植毛のセカンドオピニオンに関する話題です。
人工毛植毛は危険?メリットやデメリットは?他の植毛と比較するとどうなの?
薄毛対策、薄毛治療の一つに、植毛があります。 そして植毛には、「人工毛植毛」「自毛植毛」などがありますが、今回は主に、「人工毛植毛」に関する話題です。
植毛に必要な資格は?厳格なABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)認定医は?
当たり前ではありますが、植毛を行うには医師免許が必要です。 そしてさらに厳格な植毛に関する資格に、「ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)」があります。 今回は、「ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)」の認定医などに関する話題です。
自毛植毛「ヨコ美クリニック」ってどんなクリニック?特徴は?口コミや評判は?
自毛植毛を行っているクリニックにも様々ありますが、植毛において30年以上の実績を誇る、神奈川県横浜市の自毛植毛クリニックがあります。 今回は、自毛植毛の「ヨコ美クリニック」に関する話題です。
タイトルとURLをコピーしました