自毛植毛の生着率・定着率の基準や目安は?言及している機関やクリニックは?

スポンサーリンク

自毛植毛術を受けるにあたり、非常に気になるものの一つに、

移植毛の株(グラフト)の生着率(定着率)

があるかと思われます。

せっかく高額な治療費を出して自毛植毛を行ったとしても、移植毛の株(グラフト)のダメージにより低い生着率にとどまり、密度の薄い毛髪になってしまっては非常に残念な結果となってしまいます。

そこで今回は、

自毛植毛の生着率・定着率の基準や目安は?

生着率・定着率に言及している自毛植毛クリニックは?

などに関する話題です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自毛植毛の生着率、専門機関の報告は?

まず、専門機関による自毛植毛の生着率に関する報告から見ていきたいと思います。

自毛植毛術は82.5%以上という高い生着率が得られる

まず、自毛植毛の生着率についてですが、

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

によると、

自毛植毛術は82.5%以上という高い生着率が得られる

とされています。

解説:自毛植毛術の有用性に関して,男性型脱毛症や女性型脱毛症に対するシステマティック・レビューやランダム化比較試験は実施されていない.

しかし,2015 年度において世界全体で 397,048 件(男性 84.7%,女性 15.3%)の自毛植毛術が実施されている.

さらに,Beehner は著書の中で複数の報告を検討し,自毛植毛術は 82.5%以上という高い生着率が得られることを記載している.

※引用:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

世界全体で397,048件(2015年)

という非常に多くの自毛植毛が行われている中にあって、

82.5%以上

の生着率との事ですので、この報告を見る限り、

薄毛対策、AGA治療としての自毛植毛は、日本国内だけでなく、世界的にみても非常に高い実績がある

といって間違いなさそうです。

数年前の報告から、特に見解に変更なし

ちなみに2010年版の「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)」においても、

自毛植毛術は82.5%以上という高い生着率が得られる

との報告が記載されており、2017年版と比較してこの点に変化はありません。

少なくとも2010年から2017年にかけては、自毛植毛の生着率が悪化したなどという報告は見られず、見解に変更は無いようです。

自分の後頭部の毛組織を脱毛部に移植する自毛植毛術の有益性に関するシステマティック・レビューやランダム化比較試験の報告はないが,世界全体で年間 225,800 件 の 実 施 例(男 性 86.2%,女 性13.2%)が報告されている1).Beehner は過去の複数の報告を検討した著書の中で,自毛植毛術は 82.5% 以上という高い生着率が得られることを記載しており2),
本法が標準的治療法の一つとなっている根拠と考えられる.

引用:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)

自毛植毛の生着率(定着率)について言及しているクリニックは?

ここからは、

自毛植毛の生着率(定着率)について言及しているクリニック

について調べてみましたので、ご紹介していきたいと思います。

国内植毛シェア60%以上!自毛植毛一筋15年以上!「アイランドタワークリニック」

アイランドタワークリニック

は、

・国内植毛シェア60%以上 ※2013年アイランドタワークリニック調べ、2011年矢野経済研究所調べ

・自毛植毛一筋15年以上

を誇る植毛クリニックです。

下記の記事によると、

アイランドタワークリニック

の新宿院院長である坂本有孝先生が、

自毛は人工毛と違い生着率は95%以上

という点について言及しているようです。

先ほどご紹介した、日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」の記述と比べると、やや高めと言えるかと思われます。

国内の植毛手術シェア全体の50%以上を獲得している業界最大手、アイランドタワークリニック。そこで、同院新宿院・坂本有孝(ありたか)院長に、植毛に関するギモンをバシバシぶつけてみたぞ!

Q1)そもそも植毛って何?

「後頭部や側頭部などの自分の元気な毛を、薄毛部分に移植する医療手術です。厳密に言うと、植毛手術は“自毛植毛”と“人工毛植毛”に分かれるのですが、人工毛植毛は拒絶反応が起こりやすく、医学的にやるべきではないとまでいわれています。

そのため、近年は自毛植毛が主流になってきており、シェアが9割以上。自毛は人工毛と違い生着率は95%以上ですし、“植毛≒自毛植毛”と考えていいでしょう」

引用:ニコニコニュース『「植毛」に関する10の疑問ーー手術すれば一生もの、ハゲていた髪が生えかわり続ける!?』より

アイランドタワークリニック

は、

メスを使わないため、採取部分には直径0.8mmの採取穴が開くだけで出血が少ない

という特徴のある、

自毛植毛術「i-ダイレクト」

という独自の自毛植毛術を駆使する自毛植毛クリニックです。

引用:アイランドタワークリニック

最新の情報は、必ず「アイランドタワークリニック」サイト内にてご確認下さい。

クリニック名アイランドタワークリニック
植毛方式【i-ダイレクト】

<i-ダイレクトの特徴>

・医師が目視で健康な毛髪をピックアップ。メスを使わずに世界最小級の0.8mmのパンチグラフトで採取するので、痛みもなく傷跡もほとんど残らない

・精密なホール(移植箇所)のデザインが移植成功の鍵。医師が0.6mmのパンチで髪の向き、毛流までも細かくデザインするから、仕上がりも自然になる

・ピンセットを使わずに専用のインプランターで空気圧を使用して移植。移植株へのダメージを最小限に抑えられるので、最高水準の生着率が実現できる

※出典:アイランドタワークリニック

無料カウンセリングあり
クリニック所在地【新宿院】東京都新宿区西新宿 6-5-1 アイランドタワー5F

【大阪院】大阪市北区曽根崎 2-6-6 コウヅキキャピタルウエスト 7F

【名古屋院】名古屋市中村区名駅 4-24-8 いちご名古屋ビル 7F

【福岡院】福岡市中央区今泉 1-22-20 アベニュー天神 6F

関連リンクアイランドタワークリニック公式ホームページ

アイランドタワークリニック公式Twitter

アイランドタワークリニック公式Facebook

「アイランドタワークリニック 新宿院」所在地

「アイランドタワークリニック 大阪院」所在地

「アイランドタワークリニック 名古屋院」所在地

「アイランドタワークリニック 福岡院」所在地

※関連記事

アイランドタワークリニックの自毛植毛、特徴は?費用が安くなるキャンペーンは?
国内最大手と言っても過言ではない自毛植毛クリニックに、「アイランドタワークリニック」がありますが、この「アイランドタワークリニック」にはどのような特徴があるのでしょうか? 今回は、自毛植毛の「アイランドタワークリニック」に関する話題です。 ‎

30年以上の実績!「ヨコ美クリニック」

自毛植毛専門・ヨコ美クリニックは、

30年以上の実績

を持つ、神奈川県横浜市の植毛・自毛植毛専門クリニックです。

下記の記事によると、

自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

の院長である今川賢一郎先生が、

植毛の定着率は85~95%で平均90%程度

という点について言及しているようです。

こちらも先ほどご紹介した、日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」の記述と比べると、やや高めと言えるかと思われます。

植毛の定着率は85~95%で平均90%程度だとテキストに記載されていて、私もそう思います。

植毛後の濃さは40株/㎠の植えつけでは、80株/㎠を100%とすると50%ですが、定着率が90%だとしたら45%、35株/㎠の植えつけでは40%になります。

引用:ヨコ美クリニック

最新の情報は、必ず「自毛植毛専門・ヨコ美クリニック」サイト内にてご確認下さい。

クリニック名自毛植毛専門・ヨコ美クリニック
開院年1963年
植毛方式【FUT法】

※薄毛の範囲が大きい人、カツラを外したい人におすすめ

※仕上がりが自然

※ドナー部を広く刈り上げない

※定着率・発毛率が高い

※一度に3000グラフト以上採取できる(複数回の施術なら6000グラフト以上採取)

【FUE法】

※短いヘアスタイルの人、頭皮が固い人、ボディヘアを使用したい人におすすめ

※手術のイメージが少ない

※術後の痛みが殆どない

※ボディヘア植毛が可能(ヒゲ等、頭髪以外のヘアが利用できる)

※線状の傷跡が残らない

※出典:自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

カウンセリング料金電話及びHPからの予約受付 初診来院カウンセリング:1回2,200円(税込)
クリニック所在地神奈川県横浜市西区北幸2-1-22
関連リンクヨコ美クリニック公式ホームページ

「ヨコ美クリニック」所在地

※関連記事

自毛植毛「ヨコ美クリニック」ってどんなクリニック?特徴は?口コミや評判は?
自毛植毛を行っているクリニックにも様々ありますが、植毛において30年以上の実績を誇る、神奈川県横浜市の自毛植毛クリニックがあります。 今回は、自毛植毛の「ヨコ美クリニック」に関する話題です。
植毛に必要な資格は?厳格なABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)認定医は?
当たり前ではありますが、植毛を行うには医師免許が必要です。 そしてさらに厳格な植毛に関する資格に、「ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)」があります。 今回は、「ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)」の認定医などに関する話題です。

まとめ

今回は、

自毛植毛の生着率・定着率の基準や目安は?

生着率・定着率に言及している自毛植毛クリニックは?

などに関する話題についてご紹介してきました。

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)

の資料を参考にしたところによると、

自毛植毛術は82.5%以上という高い生着率が得られる

というのが専門家の見解であり、これが自毛植毛の生着率(定着率)のひとつ基準や目安と言ってよさそうです。

皆様の、自毛植毛クリニック選びの参考になりましたら幸いです。

※関連記事

自毛植毛とは?株(グラフト)とは?メリットやデメリット、主な施術方式は?
近年では数多くの育毛剤、薄毛治療法の開発・発表などが続けられていますが、その中でも比較的高い推奨度を誇る注目の薄毛治療に、自毛植毛があります。 今回は、「自毛植毛とは?」「自毛植毛のメリットや特徴は?デメリットは?」などに関する話題です。
自毛植毛10クリニック手術料金・費用比較|安いのは?安くする方法や最安値は?
自毛植毛の各クリニックを比較してみました。 自毛植毛の手術料金・治療費用が安いクリニックは?安くする方法は?など、様々な面から比較しています。
安全な自毛植毛クリニックの選び方、ポイントは「医師の経験」?どこで確認する?
自毛植毛においては、「十分な経験と技術を有する医師が施術する場合に限り」施術を行う事が推奨されているようです。 今回は、「自毛植毛のクリニック選び」に関する話題です。
刈り上げない自毛植毛のメリットやデメリットは?刈り上げないクリニックは?
自毛植毛といいますと、後頭部を刈り上げるというイメージをお持ちの方も多いかと思います。 しかしクリニックによっては、刈り上げない自毛植毛を行っているクリニックもあります。 そこで今回は、「刈り上げない自毛植毛のメリットやデメリットは?」「刈り上げない自毛植毛を行っているクリニックは?」などに関する話題です。
日帰り可能!土日祝日対応!休診日なし!多忙でも通える自毛植毛クリニックは?
男女共に、働き盛りと言ってよい年代に発症頻度が高くなるのが脱毛症です。 そのため自毛植毛を受けるにしても、「平日は仕事を休めない…」「行ける日が限られる…」「休めても一日だけ…」などという方もいらっしゃるかと思います。 今回は、「日帰り可能」「土日祝日対応」「休診日なし」の自毛植毛クリニックなどに関する話題です。
安全で失敗しない自毛植毛にはセカンドオピニオンがおすすめ?受付クリニックは?
費用が高くなりがちな自毛植毛の手術・治療ですから、できるだけ施術内容に納得した上で、かつ信頼できると判断したクリニックで気分良く受けたいものですが、自毛植毛のクリニックにおいても「セカンドオピニオン」を受け入れているクリニックはいくつか存在しているようです。 今回は、自毛植毛のセカンドオピニオンに関する話題です。
人工毛植毛は危険?メリットやデメリットは?他の植毛と比較するとどうなの?
薄毛対策、薄毛治療の一つに、植毛があります。 そして植毛には、「人工毛植毛」「自毛植毛」などがありますが、今回は主に、「人工毛植毛」に関する話題です。
タイトルとURLをコピーしました