植毛に必要な資格は?厳格なABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)認定医は?

当たり前ではありますが、

植毛を行うには医師免許が必要

です。

しかし、2019年には、医師免許なしで植毛を行ったとして逮捕者が出る事件がありました。

愛知県警は、30日、クリニックの元理事の男(49)と元看護士の女(54)を逮捕。2人は共謀して昨年1月~9月までの間、医師免許がないのに患者の頭皮に麻酔注射を打ったり、植毛手術をしていた疑いが持たれている。

引用:exiciteニュース『無免許で植毛手術した男女に怒りの声殺到 「人工毛で1本200円」は妥当か関係者に聞いた』より

もちろん、このような事件は滅多にあるものではないかとは思いますが、

植毛を行う医師の資格や経歴

というのが気になってしまう方も少なくないものと思われます。

「植毛を行うには医師免許が必要」であるのは当然の事として、

さらに厳格な資格を持っている医師はいないのか?

と思われる方もいらっしゃるかと思われます。

そこで今回は、植毛における厳格な資格のひとつである、

ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)

に関する話題です。

ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)とは?

まず、

ABHRS(American Board Of Hair Restoration Surgery)

とは、日本語で、

アメリカ毛髪外科専門医制度

の事ですが、これはいったい何なのでしょうか?

毛髪修復手術の専門に特化した唯一の試験

ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)ホームページ

によると、

Now with multiple examinations administered, the ABHRS exam stands as the only psychometrically and statistically validated examination dedicated to the specialty of hair restoration surgery.

(現在、複数の検査が実施されているABHRS試験は、毛髪修復手術の専門に特化した唯一の心理測定的および統計的に検証された試験です。)

出典:ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)ホームページ

などとされています。

ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)認定医は、世界で200人程しかいない

また、植毛を行う医師でいらっしゃる、長井正寿 医師によると、

全世界で200人あまりと限られた植毛医のグループ

・正しい資格を持った毛髪外科医(移植医)は世界に200人+α程度

・資格基準が簡単ではないからこそ、10年経っても人数が増えない

などとしています。

正しい資格を持った毛髪外科医(移植医)は世界に200人+α程度しかいません。

資格基準が簡単ではないからこそ、10年経ってもそんなに増えない。

だからこそ意味があるのです。

引用:AGA 薄毛・抜け毛 なら自毛植毛 専門医 長井正寿 アメリカ毛髪学会専門医

受験資格が厳格であるため、認定医師が増えない

さらに、

自毛植毛専門・ヨコ美クリニック」の今川 賢一郎 医師も、

受験資格が厳格

国際学会の出席回数、生涯教育講座の出席時間、過去に行った植毛の実績、二次救急(ACLS)の講習会の受講などの証明が必要

などとしています。

受験資格がけっこう厳格で国際学会の出席回数、生涯教育講座の出席時間、過去に行った植毛の実績、二次救急(ACLS)の講習会の受講などの証明が必要です。

試験当日には口頭試験を3回受け、その後200題の筆記試験も受けなければなりません。(当然これは英語で行われます)

引用:ヨコ美クリニック

いずれにせよ、ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)が非常に厳格な資格であり、認定されるのが極めて難しい事であるのは間違いないようです。

日本国内の、「ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)認定医」とは?

全世界において200人程度しかいないとされる、

ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)認定医

ですが、それでは日本の「ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)認定医」にはどのような医師がいらっしゃるのでしょうか?

「今川 賢一郎」医師(ヨコ美クリニック 院長)

まず、先ほども少し名前が出ましたが、

自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

の院長でもいらっしゃる、

今川 賢一郎 医師

が、

ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)認定医

であるようです。

また日本人で初めてアメリカ毛髪外科専門医(American Board of Hair Restoration Surgery:ABHRS)に2006年に認定された。

引用:自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

については別記事、

別記事、 では、 ・自毛植毛とは? ・自毛植毛の施術方式の種類 ・株(グラフト)とは? などに...

などでもご紹介していますが、

・30年以上の実績

・院長も植毛経験者

・国内の他のクリニックと比較しても、料金が非常に安い

・無料カウンセリングから施術、アフターケアまで全て一人の医師が対応

・カウンセリングの医師と執刀医が違うといったことはない

などといった特徴のあるクリニックです。

引用:自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

引用:自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

最新の情報は、必ず「自毛植毛専門・ヨコ美クリニック 」サイト内にてご確認下さい。

クリニック名 自毛植毛専門・ヨコ美クリニック
開院年 1963年
植毛方式 【FUT法】

※薄毛の範囲が大きい人、カツラを外したい人におすすめ

※仕上がりが自然

※ドナー部を広く刈り上げない

※定着率・発毛率が高い

※一度に3000グラフト以上採取できる(複数回の施術なら6000グラフト以上採取)

【FUE法】

※短いヘアスタイルの人、頭皮が固い人、ボディヘアを使用したい人におすすめ

※手術のイメージが少ない

※術後の痛みが殆どない

※ボディヘア植毛が可能(ヒゲ等、頭髪以外のヘアが利用できる)

※線状の傷跡が残らない

※出典:自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

参考費用(税抜) ・基本料金なし

【FUT法】

・500株:34万円
・1,000株:60万円
・1,500株:80万円

・2,000株:120万円
・FUTメガセッションコース(2500株~採れるだけ):120万円(1グラフト480円以下)

【FUE法】

・500株:40万円
・1,000株:80万円
・1,500株:120万円

・2,000株:160万円
・2,500株:200万円
・3,000株:240万円

支払い方法 最高36回の医療ローンあり
実績など 1963年開設、植毛・自毛植毛において30年以上の実績

【以下、院長実績】

・日本人で初めてアメリカ毛髪外科専門医(American Board of Hair Restoration Surgery:ABHRS)に2006年に認定

・ 日本人医師で初めてマイクロ植毛・FUTについての発表

・植毛のバイブルとされている医学書Dr.M.Unger・Dr.R.Shapiro編の「Hair Transplantation 4版 Marcel Dekker」の執筆陣に選ばれ、「Hair Transplantation in Asian Patients:東洋人の植毛」の章を担当

・2010年には英文の医学書「Hair Restoration Surgery in Asians」を執筆しSpringer社より出版

※出典:自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

対応性別 男性、女性
無料カウンセリング あり
クリニック所在地 神奈川県横浜市西区北幸2-1-22

「ヨコ美クリニック」所在地

※関連記事

自毛植毛を行っているクリニックにも様々ありますが、 植毛において30年以上の実績 を誇る、神奈川県横浜市の自毛植毛クリニ...

「長井 正寿」医師(東京メモリアルクリニック)

こちらも、先ほど少し名前が出ましたが、

東京メモリアルクリニック

の、

長井 正寿 医師

も、

ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)認定医

であるようです。

長井正寿 医師に関しては、以前は、

湘南美容クリニック

にて勤務されていましたが、その後は「東京メモリアルクリニック」にご活躍の場を移されているようです。

ただ、「東京メモリアルクリニック」のホームページには、2019年現在「毛髪治療科」に関する記載がほとんど見られないため、残念ながらあまり詳しい情報を得る事ができません・・・

こちらについては、早めのホームページ更新を期待したいところではあります・・・

クリニック名 東京メモリアルクリニック
クリニック所在地 東京都渋谷区代々木2-16-7 山葉ビル2階

「東京メモリアルクリニック」所在地

「長井 正寿」医師には、「分山 博文」医師(湘南美容クリニックAGA福岡院 院長)という弟子がいる

また、長井 正寿 医師によると、

湘南美容クリニック 」の『AGA福岡院』

に、

分山 博文 医師

というお弟子さんがいらっしゃるようです。

長井 正寿 医師によると、

一番弟子の分山医師は、毛髪に関する全てにおいて長井と同等の事が出来ます。

としています。

一番弟子の分山医師は、毛髪に関する全てにおいて長井と同等の事が出来ます。

FUEの採取も、痛くない麻酔もかなりの腕前です!

引用:AGA 薄毛・抜け毛 なら自毛植毛 専門医 長井正寿 アメリカ毛髪学会専門医

一般的に、師匠というのはとかく弟子に厳しいものではありますが、師匠にここまで言わせる弟子というのも中々珍しく、余程自慢のお弟子さんなのだろうと推測されます。

もし、福岡で自毛植毛を受けたいという方は、

湘南美容クリニック 」の『AGA福岡院』

に、

分山 博文 医師

を訪ねてみるのも選択肢です。

また、

湘南美容クリニック

についても別記事、

別記事、 では、 ・自毛植毛とは? ・自毛植毛の施術方式の種類 ・株(グラフト)とは? などに...

などでご紹介した事がありますが、

AGA来院数56,893人の実績(2018年)

を誇る大手クリニックで、最先端のメスで切らない「ARTAS(アルタス)」植毛を行っているのが特徴です。

また、

・格安モニター募集

交通費サポート制度

なども行っており、遠方の方でも、

湘南美容クリニック 」の『AGA福岡院』

に来院しやすくなっています。

引用:湘南美容クリニック

最新の情報は、必ず「湘南美容クリニック 」サイト内にてご確認下さい。

クリニック名 湘南美容クリニック
開院年 2000年
植毛方式 【ARTAS(アルタス)植毛、FUE法】

<ARTAS(アルタス)植毛の特徴>

植毛ロボットARTASによって、髪の角度、向き、密度、本数を正確に把握し、ドナー採取部にムラを出すことなく、良質なドナーを採取する手術

<ARTAS(アルタス)植毛のメリット>

・切開しないため傷が小さくほとんど目立たない

・切らない植毛を希望の方でも施術可能

・ドナー採取時の傷口の治癒も早い

・デジタル処理で最適な間隔を算出し採取するため、ドナー採取部がムラにならない

・一定の質を維持でき、信頼できる質の毛包を極めて低い切断率で採取可能

・ドナー採取を機械で行うため、人の施術に比べて短時間で終わる

<ARTAS(アルタス)植毛の副作用(リスク)>

施術に伴い、痛み、赤み・熱感、初期脱毛、切れ毛・抜け毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、施術範囲のざ瘡の悪化、コメド、毛嚢炎、膨隆、色素沈着、点状出血、内出血、腫脹、灼熱感、瘢痕が生じることがある

※出典:湘南美容クリニック

参考費用(税込) 【ARTAS植毛、FUE法】※下記は通常料金となります。

・基本料金なし

・500グラフト:49.5万円

・750グラフト:69.75万円

・1000グラフト:89万円

・1250グラフト:103.75万円

・1500グラフト:118.5万円

・2000グラフト:146万円

・2500グラフト:172.5万円 

・3000グラフト:189万円

【シークレットシェーブン】※下記は通常料金となります。

・基本料金なし

・500グラフト:74.5万円 

・750グラフト:105万円 

・1000グラフト:134万円 

※仙台院はARTASのみ

※シークレットシェーブン植毛は斎藤医師、笠井医師、藤井医師、分山医師限定

支払い方法 現金、デビットカード、ビットコイン、クレジットカード、メディカルローン(月々3000円以上の返済であれば、1回~84回までの分割払いが可能)
実績など ・AGA薄毛治療 全国64院展開中の、SBCメディカルグループ

・2014年「ARTASインストラクター認定書」授与

・2014年「アメリカ毛髪学会専門医試験 口答試験官任命書」授与

※出典:湘南美容クリニック

対応性別 男性、女性
無料カウンセリング あり
クリニック所在地 ※全国64院(2019年5月時点)の内、自毛植毛を受けられるクリニックは下記のみになります。

【湘南美容クリニックAGA 新宿本院】東京都渋谷区代々木2-2-13 新宿TRビル4階

【湘南AGAクリニック 仙台院】宮城県仙台市宮城野区榴岡2-2-12 アーバンライフ橋本2F

【湘南AGAクリニック 大阪院】大阪府大阪市北区曾根崎新地1-4-12 桜橋プラザビル6F

【湘南美容クリニックAGA 福岡院】福岡市中央区渡辺通4-9-25 天神ロフトビル7階

「湘南美容クリニックAGA 新宿本院」所在地

「湘南AGAクリニック 仙台院」所在地

「湘南AGAクリニック 大阪院」所在地

「湘南美容クリニックAGA 福岡院」所在地

まとめ

今回は、植毛における厳格な資格のひとつである、

ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)

に関する話題についてご紹介してきました。

世界に200人程度しかいないとされる、

ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)認定医

ですが、日本国内には、

・今川 賢一郎 医師(自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

・長井 正寿 医師(東京メモリアルクリニック

などがいらっしゃいます。

そして、その長井 正寿 医師が、

一番弟子の分山医師は、毛髪に関する全てにおいて長井と同等の事が出来ます。

と絶賛する、

・分山 博文 医師(「湘南美容クリニック 」の『AGA福岡院』)

もいらっしゃいます。

もし、自毛植毛を受ける上で医師の資格にこだわりたいという場合、

ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)認定医

という基準で選んでみるのも一つの選択肢ではないでしょうか?

※関連記事

多くの日本人が悩んでいる切実な問題の一つに、 薄毛 があります。 薄毛に悩む日本人の推定人口は、 ・男性1300万人...
別記事、 では、 ・自毛植毛とは? ・自毛植毛の施術方式の種類 ・株(グラフト)とは? などに...
これまで、 などの記事で、自毛植毛に関する様々な話題についてご紹介してきました。 どのクリニックを選ぶに...
以前の記事、 では、自毛植毛の費用面を中心にご紹介してきました。 82.5%以上という高い生着率が得られる ...
自毛植毛といいますと、 刈り上げた後頭部のドナー部から、株(グラフト)を採取する というイメージをお持ちの方も多いかと思...
以前の記事、 などでは、 ・一生ものの髪が生え続け、永続的にヘアサイクルを繰り返す事ができるのは自毛植毛...
以前の記事、 では、主に手術料金や治療費用にフォーカスして自毛植毛についてご紹介してきました。 しかし、どれだけ...
植え放題:55万円 という安さでトルコで自毛植毛を受けられる、業界最安値・特許庁への商標登録申請済みの海外医療ツーリズムに、 ...
薄毛対策、薄毛治療の一つに、 植毛 があります。 そして植毛には、 ・人工毛植毛 ・自毛植毛 な...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする