【Google Apps Script(GAS)】テキストの折り返し

オンラインGAS講座 開講中!
オンライン無料体験あり!
最短4週間でGASをマスターできる
Google Apps Scriptコース』開講中!

今回は、Google Apps Script(GAS)で、スプレッドシートのセルに入力されたテキストを折り返す方法についてご紹介します。

スプレッドシートのセルに入力されたテキストを折り返す

まず、下記の画像ではセルA1~A3に入力されたテキストは、

はみ出す

の状態になっています。

次に、テキストの折り返しに関連したスクリプトはそれぞれ下記になります。

【折り返す】

setWrapStrategy(SpreadsheetApp.WrapStrategy.WRAP)

【はみ出す】

setWrapStrategy(SpreadsheetApp.WrapStrategy.OVERFLOW)

【切り詰める】

setWrapStrategy(SpreadsheetApp.WrapStrategy.CLIP)

下記のサンプル1では、

・セルA1のテキストを「折り返す」

・セルA2のテキストを「はみ出す」

・セルA3のテキストを「切り詰める」

にそれぞれ設定しています。

・サンプル1

function myFunction() {

var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sh = ss.getActiveSheet();

sh.getRange(‘A1’).setWrapStrategy(SpreadsheetApp.WrapStrategy.WRAP); //折り返す
sh.getRange(‘A2’).setWrapStrategy(SpreadsheetApp.WrapStrategy.OVERFLOW); //はみ出す
sh.getRange(‘A3’).setWrapStrategy(SpreadsheetApp.WrapStrategy.CLIP); //切り詰める

}

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする