【Google Apps Script(GAS)】空白文字(テキストの前後のスペース)を削除する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オンライン完結で通学不要!無料体験あり!
最短4週間でGASをマスターできる
Google Apps Scriptコース』開講中!
「49,000円のトレーニングがもれなく1つもらえる」8周年キャンペーンを6月7日まで実施中

今回は、Google Apps Script(GAS)で、スプレッドシートのセルに入力されたテキストの空白文字(テキストの前後のスペース)を削除する方法についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スプレッドシートのセルに入力されたテキストの、空白文字(テキストの前後のスペース)を削除する

Google Apps Script(GAS)で、スプレッドシートのセルに入力されたテキストの空白文字(テキストの前後のスペース)を削除するには、

trimWhitespace()

のスクリプトを使用します。

例として、下記の画像では、スプレッドシート上のセルA1に、

「 あ い う 」 ※テキストの前後にスペース(空白)が入っている

というテキストを入力しています。

次に、下記サンプル1のスクリプトを実行すると、テキスト前後のスペース(空白)が削除されます。

・サンプル1

function myFunction() {

var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sh = ss.getActiveSheet();

sh.getRange(‘A1’).trimWhitespace();

}

スプレッドシートにおいてはセルに入力された見えないスペース(空白)によって予期せぬミスをしてしまう場合もありますので、そういったミスを起こさないようにするために便利です。

タイトルとURLをコピーしました