【Google Apps Script(GAS)】トリガーを設定してスクリプトを実行する

スポンサーリンク
オンラインプログラミングスクール受講者数No.1!
最短4週間でGASをマスターできる
Google Apps Scriptコース』開講中!
PHPが学べるカリキュラムをもらえる「秋分の日プレゼントキャンペーン」を9月22日まで実施中

Google Apps Scriptのスクリプトエディタでは、

・タイマー指定

・スプレッドシートの起動時や編集時、フォーム送信時

・カレンダーの予定更新時

などの条件でトリガーを設定すると、設定した内容に基づいて自動でスクリプトを実行する事ができます。

今回は、トリガーの設定方法や、トリガーの種類についてご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トリガーを設定する

トリガーの設定は、スクリプトエディタ上部の「編集」⇒「現在のプロジェクトのトリガー」から行います。

現在のプロジェクトのトリガー

現在のプロジェクトのトリガー

 

現在のプロジェクトトリガーを開くと、

「トリガーが設定されていません。今すぐ追加するにはここをクリックしてください。」

というリンクが出ますので、これをクリックすると、

「実行」と「イベント」という設定内容が表示されますので、その時々で必要なトリガーを設定し、「保存」をクリックします。

プロジェクトトリガーを設定

プロジェクトトリガーを設定

ここで「承認が必要です」という画面が表示された場合、こちらの記事をご参照いただき承認を進めてください。

関連記事

※追記:トリガーの設定画面が変わったようです。

ある時期から、「編集」⇒「現在のプロジェクトのトリガー」を選択すると、「G Suite Developer Hub」の画面へ遷移するようになりました。

 

画面右下の「トリガーを追加」を選択すると、下記のような「トリガーを追加」画面へと遷移し、トリガーを設定する事ができます。

トリガーの種類

トリガーで指定できる「実行」および「イベント」の項目は、下記のようになります。

「スプレッドシートから」、「時間主導型」、「カレンダーから」など、様々な種類のトリガーを設定する事ができます。

・トリガーの種類(2018年9月現在)

実行イベント1イベント2イベント3イベント4
関数名を指定スプレッドシートから起動時  
編集時
値の変更
フォーム送信時
時間主導型特定の日時YYYY-MM-DD HH:MM 形式の日付
分タイマー1分ごと
5分ごと
10分ごと
15分ごと
30分ごと
時タイマー1時間ごと
2時間ごと
4時間ごと
6時間ごと
8時間ごと
12時間ごと
日タイマー午前0時~、1時間ごとに設定可能
週タイマー毎週月曜日~毎週日曜日日タイマーと同様の時間も設定可能
月タイマー1~31日タイマーと同様の時間も設定可能
カレンダーから予定を更新しましたメールアドレス 
関連記事
タイトルとURLをコピーしました