【Google Apps Script(GAS)】テキストを列に分割する(区切り位置)

オンラインGAS講座 開講中!
オンライン無料体験あり!
最短4週間でGASをマスターできる
Google Apps Scriptコース』開講中!

今回は、Google Apps Script(GAS)でスプレッドシートのセルのテキストを列に分割する方法についてご紹介します。

スプレッドシートのセルのテキストを列に分割する

Google Apps Script(GAS)でテキストを列に分割するには、

splitTextToColumns(テキスト)

のスクリプトを使用します。

下記のサンプル1では、スプレッドシートのセルA1~A5に入力されたテキスト、

を、

・セルA1:「,」(カンマ)

・セルA2;「;」(セミコロン)

・セルA3:「.」(ピリオド)

・セルA4:「 」(スペース)

・セルA5:「%」

でそれぞれ分割しています。

・サンプル1

function myFunction() {

var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sh = ss.getActiveSheet();

sh.getRange(‘A1’).splitTextToColumns(‘,’);
sh.getRange(‘A2’).splitTextToColumns(‘;’);
sh.getRange(‘A3’).splitTextToColumns(‘.’);
sh.getRange(‘A4’).splitTextToColumns(‘ ‘);
sh.getRange(‘A5’).splitTextToColumns(‘%’);

}

また、「,」(カンマ)、「;」(セミコロン)、「.」(ピリオド)、「 」(スペース)は、それぞれ下記のスクリプトでも分割する事ができます。

splitTextToColumns(SpreadsheetApp.TextToColumnsDelimiter.COMMA)

splitTextToColumns(SpreadsheetApp.TextToColumnsDelimiter.SEMICOLON)

splitTextToColumns(SpreadsheetApp.TextToColumnsDelimiter.PERIOD)

splitTextToColumns(SpreadsheetApp.TextToColumnsDelimiter.SPACE)

下記のサンプル2は、上記のスクリプトを使用した場合のサンプルになります。

・サンプル2

function myFunction() {

var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sh = ss.getActiveSheet();

sh.getRange(‘A1’).splitTextToColumns(SpreadsheetApp.TextToColumnsDelimiter.COMMA);
sh.getRange(‘A2’).splitTextToColumns(SpreadsheetApp.TextToColumnsDelimiter.SEMICOLON);
sh.getRange(‘A3’).splitTextToColumns(SpreadsheetApp.TextToColumnsDelimiter.PERIOD);
sh.getRange(‘A4’).splitTextToColumns(SpreadsheetApp.TextToColumnsDelimiter.SPACE);
sh.getRange(‘A5’).splitTextToColumns(‘%’);

}

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする