【Google Apps Script(GAS)】スプレッドシートに連番を簡単に振る

オンラインGAS講座 開講中!
オンライン無料体験あり!
最短4週間でGASをマスターできる
Google Apps Scriptコース』開講中!

今回は、Google Script(GAS)を使ってスプレッドシートに連番を簡単に振る方法についてご紹介します。

スプレッドシートに単純に連番を振る

まず、スプレッドシートに単純に連番を振るスクリプトは、下記のようなものが考えられるかと思います。

・サンプル1

function myFunction() {

var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sh = ss.getActiveSheet();

for (var i = 0; i < 100; i++) {

sh.getRange(1 + i, 1).setValue(1 + i);

}
}

上記のサンプル1では、

sh.getRange(1 + i, 1).setValue(1 + i);

で、for文の変数iを利用して100までの連番を振っています。

スクリプトを実行する度にスプレッドシートに追加で連番を振る

先ほどご紹介したサンプル1のスクリプトで作成したスプレッドシートに対して、スプレッドシートの行数を利用しつつ、スクリプトを実行する度にスプレッドシートに追加で連番を振るスクリプトは、下記のようなものが考えられるかと思います。

・サンプル2

function myFunction() {

var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sh = ss.getActiveSheet();
var last_row = sh.getLastRow();

sh.getRange(last_row + 1, 1).setValue(last_row + 1);

}

上記のサンプル2では、

var last_row = sh.getLastRow();

でアクティブシートの最終行を取得し、

sh.getRange(last_row + 1, 1).setValue(last_row + 1);

で最終行の一行下に、最終行の数値を元にした連番を振っています。

(下記画像の色は手動で付けています)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする