【Google Apps Script(GAS)】行と列を削除する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オンライン完結で通学不要!無料体験あり!
最短4週間でGASをマスターできる
Google Apps Scriptコース』開講中!
「49,000円のトレーニングがもれなく1つもらえる」8周年キャンペーンを6月7日まで実施中

今回は、Google Apps Script(GAS)でスプレッドシートの行と列を削除する方法についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スプレッドシートの行を1行削除する

まず、スプレッドシートの行を1行削除するには、

deleteRow(行番号)

を使用します。

下記のサンプル1では、アクティブシートの1行目を削除します。

・サンプル1

function myFunction() {

var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sh = ss.getActiveSheet();

sh.deleteRow(1);

}

スプレッドシートの列を1列削除する

スプレッドシートの列を1列削除するには、

deleteColumn(列番号)

を使用します。

下記のサンプル1では、アクティブシートのA列を削除します。

・サンプル2

function myFunction() {

var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sh = ss.getActiveSheet();

sh.deleteColumn(1);

}

スプレッドシートの複数の行を削除する

スプレッドシートの複数の行を削除するには、

deleteRows(行番号, 行数)

を使用します。

下記のサンプル3では、アクティブシートの1行目と2行目を削除します。

・サンプル3

function myFunction() {

var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sh = ss.getActiveSheet();

sh.deleteRows(1, 2);

}

スプレッドシートの複数の列を削除する

スプレッドシートの複数の列を削除するには、

deleteColumns(列番号, 列数)

を使用します。

下記のサンプル4では、アクティブシートのA列とB列を削除します。

・サンプル4

function myFunction() {

var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sh = ss.getActiveSheet();

sh.deleteColumns(1, 2);

}

 

タイトルとURLをコピーしました