【Google Apps Script(GAS)】テキストの重複を削除する

オンラインGAS講座 開講中!
オンライン無料体験あり!
最短4週間でGASをマスターできる
Google Apps Scriptコース』開講中!

今回は、Google Apps Script(GAS)で、スプレッドシートのセルに入力されたテキストの重複を削除する方法についてご紹介します。

スプレッドシートのセルに入力されたテキストの重複を削除する

Google Apps Script(GAS)で、スプレッドシートのセルに入力されたテキストの重複を削除するには、

removeDuplicates()

のスクリプトを使用します。

例として、下記の画像では、

・スプレッドシート上のセルA1とA2に「あ」

・スプレッドシート上のセルA3に「い」

・スプレッドシート上のセルA4に「う」

というテキストを入力しています。

次に、下記サンプル1のスクリプトを実行すると、重複している「あ」のセルが片方削除されます。

・サンプル1

function myFunction() {

var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sh = ss.getActiveSheet();

sh.getRange(‘A1:A4’).removeDuplicates();

}

また、下記の画像では、

・スプレッドシート上のセルA1とA2に「あ」

・スプレッドシート上のセルA3に「い」

・スプレッドシート上のセルA4に「う」

・スプレッドシート上のセルB1とB2に「1」

・スプレッドシート上のセルB3に「2」

・スプレッドシート上のセルB4に「3」

というテキストが入力されており、1行目と2行目のテキストが重複しています。

そして下記のサンプル2では、重複している1行目と2行目の片方を削除しています。

・サンプル2

function myFunction() {

var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sh = ss.getActiveSheet();

sh.getRange(‘A1:B4’).removeDuplicates();

}

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする