【Google Apps Script(GAS)】ifによる条件分岐(==、>=、<=を使った比較演算子)

スポンサーリンク
オンラインプログラミングスクール受講者数No.1!
最短4週間でGASをマスターできる
Google Apps Scriptコース』開講中!
先着100名でPHPが学べるカリキュラムがもらえる「秋のプレゼントキャンペーン」を10月25日まで実施中

Google Apps Scriptにおける、ifによる条件分岐に、==、>=、<=の比較演算子を組み合わせた例をご紹介します。

その前に、今回使用する比較演算子についておさらいします。

==は左辺と右辺が等しい場合trueを返す

>=は左辺が右辺以上の場合trueを返す

<=は左辺が右辺以下の場合trueを返す

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ifによる条件分岐と、==、>=、<=を組み合わせる

下記のコードの変数iに、5の数値を代入して実行した場合、メッセージボックスには「5と等しい」と表示されます。

変数iに代入する数値を6以上に変更した場合、メッセージボックスには「6以上」と表示されます。

変数iに代入する数値を4以下に変更した場合、メッセージボックスには「4以下」と表示されます。

function myFunction() {

var i = 5; //変数に数値を格納

//変数iが「5」の場合
if (i == 5){

Browser.msgBox(‘5と等しい’); //変数iが5と等しい場合、この処理を実行

//変数iが6以上の場合
} else if (i >= 6) {

Browser.msgBox(‘6以上’); //変数iが6以上の場合、この処理を実行

//変数iが4以下の場合
} else if (i <= 4) {

Browser.msgBox(‘4以下’); //変数iが4以下の場合、この処理を実行

}
}

Google Apps Scriptの比較演算子についてはこちらの記事をご参照ください。

【Google Apps Script(GAS)】比較演算子と論理演算子
今回は、Google Apps Scriptにおける比較演算子と論理演算子についてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました