【Google Apps Script(GAS)】ifによる条件分岐(==を使った比較演算子)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
オンライン完結で通学不要!無料体験あり!
最短4週間でGASをマスターできる
Google Apps Scriptコース』開講中!
PHPが学べるカリキュラムがもらえる「厚切りジェイソンCPRO就任記念キャンペーン」を7月12日まで実施中

Google Apps Scriptにおいてもifによる条件分岐は非常に頻繁に使われます。

今回はifによる条件分岐を使った例についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ifによる条件分岐

Google Apps Scriptにおいては下記のように記述します。

if (条件式1){

条件式1を満たす場合の処理

(} else if (条件式2){
条件式1を満たさず、条件式2を満たす場合の処理)

(} else if (条件式3){
条件式1と条件式2を満たさず、条件式3を満たす場合の処理)
(}else{
上記いずれの条件式も満たさない場合の処理)
}

()の中のelse if~と、else~は省略する事ができます。

また、else If~は条件式4、条件式5~と、複数の条件を指定する事ができます。

ifによる条件分岐と、==を組み合わせる

例として、ifによる条件分岐に、==を使用した比較演算子を組み合わせた例をご紹介します。

その前に、今回使用する比較演算についておさらいします。

==は左辺と右辺が等しい場合、trueを返す

下記コードの変数strに、猫という文字列を代入して実行した場合、メッセージボックスには「猫である」と表示されます。

変数strに代入する文字列を馬に変更した場合、メッセージボックスには「馬である」と表示されます。

変数strに代入した文字列が猫でも馬でもない場合、メッセージボックスには「猫でも馬でもない」と表示されます。

function myFunction() {

var str = ‘猫’; //変数に文字列を格納

//変数strが「猫」の場合
if (str == ‘猫’){

Browser.msgBox(‘猫である’); //変数strが「猫」の場合、この処理を実行

//変数strが「馬」の場合
} else if (str == ‘馬’){

Browser.msgBox(‘馬である’); //変数strが「馬」の場合、この処理を実行

//変数strがIfとelse ifのどちらの条件にも該当しない場合
}else{

Browser.msgBox(‘猫でも馬でもない’); //変数strがIfとelse ifのどちらの条件にも該当しない場合、この処理を実行

}
}

Google Apps Scriptの比較演算子についてはこちらの記事をご参照ください。

【Google Apps Script(GAS)】比較演算子と論理演算子
今回は、Google Apps Scriptにおける比較演算子と論理演算子についてご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました