【Google Apps Script(GAS)】スプレッドシートのセルに入力されている値を取得する(getValue、getValues)

スポンサーリンク
オンライン完結で通学不要!無料体験あり!
最短4週間でGASをマスターできる
Google Apps Scriptコース』開講中!
申し込み金額の20%分のキャンペーンコードをプレゼントする「真夏の20%還元キャンペーン」を8月16日まで実施中

今回はGoogle Apps Scriptにおける、スプレッドシートの単一セルに入力されている値の取得方法(getValue)と、セル範囲に入力されている値の取得方法(getValues)についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

単一セルに入力されている値を取得する(getValue)

Google Apps Scriptにおいて、単一セルに入力されている値を取得するには下記スクリプトを使用します。

getValue()

下記のサンプル1は、アクティブシートのセルA1に入力されている値を取得して変数strに代入し、メッセージボックスに表示させる例になります。

・サンプル1

function myFunction() {

var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sh = ss.getActiveSheet();
var str = sh.getRange(1, 1).getValue(); //アクティブシートのセルA1に入力されている値を取得し、変数strに代入

Browser.msgBox(str);

}

getValue処理結果

getValue処理結果

セル範囲に入力されている値を取得する(getValues)

先ほどのgetValueでは、セル範囲に入力されている値をまとめて取得することができません。
そこでセル範囲に入力されている値を取得するには下記スクリプトを使用します。

getValues()

一見分かりにくいかもしれませんが、「s」が付いているかいないかの違いになります。

下記の例は、アクティブシートのセルA1~A5の範囲に入力されている値を取得して変数strに代入し、メッセージボックスに表示させる例になります。

・サンプル2

function myFunction() {

var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sh = ss.getActiveSheet();
var last_row = sh.getLastRow();

var str = sh.getRange(1,1,last_row,1).getValues(); //アクティブシートのセルA1~A5の範囲に入力されている値を取得し、変数strに代入

Browser.msgBox(str);

}

getValues処理結果

getValues処理結果

タイトルとURLをコピーしました