中国産うなぎは危険?国産!安全!高級!極上うなぎ購入におすすめの通販サイト

みなさん、

鰻(うなぎ)

はお好きですか?

特に「土用の丑の日」が近くなると、無性にうなぎを食べたくなる方も多いかと思います。

今回は、

鰻(うなぎ)

に関する話題です。

鰻(うなぎ)、特に男性は大好き!

ところで、うなぎを好きな人はどのくらいいるのでしょうか?

下記の調査によると、うなぎを好きと答えた方の割合は、

・男性:82.3%

・女性:66.1%

となっており、男女共にうなぎを好きな方は多いものの、特に男性はうなぎを好きな方が非常に多いようです。

男女別では、女性では66.1%の“好き”計が、男性では82.3%。男性が16.2ポイント(以下、p)も上回り、男性のほうが“うなぎ好き”が多いことがわかります。

引用:産経新聞「<うなぎに関する意識調査>高くてもやっぱり食べたい!うなぎは男の”ごほうびメシ”」より

うなぎを食べる頻度は?

次に、皆がうなぎを食べる頻度はどのくらいなのでしょうか?

先ほどもご紹介した調査によると、

「半年に1回くらい」:26.2%

「2~3か月に1回くらい」:16.8%

「年に1回未満」:16.1%

「年に1回くらい」:15.8%

などとなっており、それほど頻繁に食べられている訳でもないようです。

また、

「最近何年間も、うなぎは食べていない」:18.9%

という調査結果も出ています。

少々余談になりますが、私も本記事を書いている時点では最近何年間もうなぎを食べていないような気がします。

といいますか、一昨日食べたものすら覚えているかどうか怪しいくらいですので、そもそも覚えていないだけかもしれません(苦笑)

次に、うなぎを食べる頻度を聞きました。すると、「半年に1回くらい」が26.2%で最も多く、「2~3か月に1回くらい」16.8%、「年に1回未満」16.1%、「年に1回くらい」15.8%が僅差で続きました。

一方で、「最近何年間も、うなぎは食べていない」も18.9%と2割近く。うなぎの価格高騰の影響もあるかもしれません。男女別では、男性14.7%に対し、女性では25.4%。性年代別では、年代が下がるほど「最近何年間も、うなぎは食べていない」が増える傾向にありました。

引用:産経新聞「<うなぎに関する意識調査>高くてもやっぱり食べたい!うなぎは男の”ごほうびメシ”」より

土用の丑の日とは?

ところで、うなぎといえば

「土用の丑の日」

ですが、この日にうなぎを食べるのにはどのような意味があるのでしょうか?

下記の記事によると、

・夏の土用の時期は暑さが厳しく夏バテをしやすい時期なので、昔から「精の付くもの」を食べる習慣があった

・精の付くものとしては「ウナギ」も奈良時代頃から有名だったようで、土用ウナギという風に結びついた

・今のように土用にウナギを食べる習慣が一般化したきっかけは、幕末の万能学者として有名な平賀源内だった

などといった内容が紹介されています。

ここで「平賀源内」の名前が出てくるのは少々意外にも思えますね・・・

土用丑の日とウナギ

夏の土用の時期は暑さが厳しく夏ばてをしやすい時期ですから、昔から「精の付くもの」を食べる習慣があり、土用蜆(しじみ)、土用餅、土用卵などの言葉が今も残っています。

また精の付くものとしては「ウナギ」も奈良時代頃から有名だったようで、土用ウナギという風に結びついたのでしょう。

今のように土用にウナギを食べる習慣が一般化したきっかけは幕末の万能学者として有名な平賀源内が、夏場にウナギが売れないので何とかしたいと近所のウナギ屋に相談され、「本日、土用丑の日」と書いた張り紙を張り出したところ、大繁盛したことがきっかけだと言われています。

引用:川口水産「土用の丑の日とは」より

「土用の丑の日」以外でうなぎを食べるタイミングは?

ところで、「土用の丑の日」以外にはどういった時にうなぎを食べる方が多いのでしょうか?

先ほどもご紹介した調査によると、

・1位:「自分へのごほうび(プチ贅沢)として」(19.4%)

・2位:「ふだんの食事のメニューの一つとして」(16.7%)

・3位:「(においをかいだりして)急に食べたくなったときに」(15.3%)

となっており、

自分へのごほうび

というちょっと特別なタイミングで食べる方が最も多いようです。

しかし、ふだんから食べている方も意外といますね・・・

あと、「におい」をかぐと食べたくなるのは本当によく分かります(笑)

夏の「土用の丑の日」以外では、どんなときにうなぎを食べるかを聞いてみました。すると、1位は「自分へのごほうび(プチ贅沢)として」19.4%。2位「ふだんの食事のメニューの一つとして」16.7%、3位「(においをかいだりして)急に食べたくなったときに」15.3%と続きました。

引用:産経新聞「<うなぎに関する意識調査>高くてもやっぱり食べたい!うなぎは男の”ごほうびメシ”」より

中国産のうなぎは危険?

うなぎといえば、スーパーなどでよくみかけるものに、

中国産

のうなぎがあります。

よく、

中国産のうなぎは危険!

という声も聞かれますが、それは本当なのでしょうか?

文春オンライン『中国人も「これは工業用だ」と絶句。戦慄の「ホルマリンウナギ」

によると、この記事を見ただけでも、

・2005年、合成抗菌剤マラカイトグリーンが中国産ウナギから検出された

・マラカイトグリーンとは、発がん性が指摘されている「猛毒」

・その後も違反は後を絶たず、2013年2月にもさいたま市で販売されていた中国産ウナギからマラカイトグリーンが検出された

・中国人も「これは工業用だ」と絶句

などといった内容が紹介されており、思わず「絶句」してしまうような内容となっています・・・

とりあえず、これからは安易に安価なうなぎを口にしないように気をつけたいと思います・・・

余談:お弁当屋さんにて・・・

また、とあるお弁当屋さんでの話ですが、年配の女性の方が「うな重」を注文していました。

するとお弁当屋さんの店員が、

「中国産ですけど大丈夫ですか?国産は置いてなくて・・・」

とわざわざ確認をしていました。

すると、その年配の女性の方は、

「あ、じゃあ結構です。別のにします。」

と返していました(苦笑)

他のお弁当と比較しても値段は高めですし、店側は売れた方が嬉しいでしょうに、それでもお客さんにわざわざ確認するあたりはやっぱり皆さん気にしてるんだな~、と思わされた出来事でした・・・

国産!安全!高級!極上!美味しいうなぎを食べるには?

ここまでうなぎに関する様々な情報をご紹介してきましたが、やっぱりうなぎは国産です!

先ほどご紹介した調査にも

・1位:「自分へのごほうび(プチ贅沢)として」(19.4%)

というものがありましたが、どうせ自分にごほうびをあげるなら、怪しくて毒っぽいうなぎではなく、

国産!安全!高級!極上!

の美味しいうなぎが一番です!

そこでここからは、「自分へのごほうび」にぴったりな国産!安全!高級!極上!のうなぎをご紹介していきたいと思います!

幻の三河一色産!『極上アオテうなぎ』なら「うなぎ通販の美食市」

うなぎ通販の美食市は、

愛知県一色町直送のうなぎの蒲焼き

を販売している通販サイトです。

「アオテ」と呼ばれる肉質の柔らかい上質なうなぎのみを選別して販売しています。

名店!博多久松の「鰻の蒲焼き」

博多久松「鰻の蒲焼き」は、

鹿児島県大隅半島のうなぎの蒲焼き

を販売している通販サイトです。

かなり食べ応えがありそうなボリュームたっぷりの「鰻の蒲焼き」を販売しているのも特徴なので、先ほどご紹介した調査にもありました、鰻好きの男性陣にもおすすめです。

まとめ

今回は、

鰻(うなぎ)

に関する様々な話題についてご紹介してきました。

やはり基本的にうなぎは「特別な日」や「特別なタイミング」で食べるという方も多いようです。

特別な日に食べる「特別なうなぎ」は、やはり怪しくて毒っぽいものではなく、

国産!安全!高級!極上!

の美味しいうなぎをチョイスしてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする