コンタクトレンズのネット購入は危険?安全?実際に利用して判明した実態とは

以前の記事では、

・私の眼科での酷い体験談

・眼科やコンタクトレンズショップとの付き合い方

・コンタクトレンズは処方箋なしでも購入できる(厳密に言うとコンタクトレンズの処方箋はない)

コンタクトレンズを購入する際、処方箋が必要と思っている方もいらっしゃるでしょう。しかし、実は眼科で処方箋をもらわなくても購入することはできます。

なぜなら、コンタクトレンズの処方箋というものは存在しないからです。そもそも処方箋は、「処方箋医薬品」を購入する場合に必要な書類です。コンタクトレンズは「高度管理医療機器」で「医薬品」ではないため、医療機関が薬剤師に指示する処方箋とは異なります。

眼科から販売店に渡される書類は「装着指示書」になりますので、法律上では処方箋がなくてもコンタクトレンズを購入することが可能です。

引用:LUTECIA株式会社ホームページ

・コンタクトレンズのインターネット通販おすすめショップ

などといった内容についてご紹介してきました。

※関連記事

みなさんは眼科にはよくいきますか? そして眼科でトラブルにあったりしたご経験はないでしょうか? 私は生まれつき目が悪く、...
私は正直なところ、これまでけっこう眼科で散々な目にあってきました。 ※体験談はこちら その体験談を簡潔にまとめる...

今回は実際にインターネット通販でコンタクトレンズを購入してみましたので、その体験談や、実店舗との比較結果などについてご紹介していきたいと思います。

インターネットでのコンタクトレンズ購入と、目の健康や眼科受診の関係について

インターネット通販でのコンタクトレンズ購入についてご紹介する前に、インターネットでのコンタクトレンズ購入と、目の健康や眼科の受診の関係について少々触れてみたいと思います。

近年、

コンタクトレンズを購入するたびに眼科を受診している人は4割強にとどまる

という事実が日本コンタクトレンズ協会の調査結果で明らかになっています。

さらには、

「コンタクトレンズのネット購入は危険なのでは?」

という意見や風潮も少なからずあるというのが現状のように思います。

コンタクトレンズを購入するたびに眼科を受診している人は4割強にとどまることが、日本コンタクトレンズ協会(東京・文京)の調査で分かった。若者に人気のカラーコンタクトでは2割にも満たなかった。受診をしないと目の健康を損ねるリスクがあるが、徹底されていない。厚生労働省も販売業者に受診の徹底を指導している。

(中略)

コンタクトレンズを購入する際、処方箋は必要ない。最近はインターネットなどで購入する人が増えている。ただ同協会によると、決められた使用時間を守らなかったり、正しく洗浄しなかったりすると感染症の恐れがある。重症化すれば失明することもあるという。

引用:日本経済新聞「コンタクト購入、眼科受診は4割 協会調査」より

インターネットでコンタクトレンズを購入する行為そのものが危険な訳ではない

しかし、コンタクトレンズをネット販売するショップは、その多くが法律やルールに従って運営・販売しているだけですし、

コンタクトレンズをインターネットで購入する行為そのものが危険、というのは半ば言いがかりに近いものがあるように思います。

これからコンタクトレンズのネット購入についてご紹介していきますが、

結論から言いますと、実店舗よりネット購入の方がコンタクトレンズは圧倒的に安い

です。

むしろ、

眼科を受診したい方は、安くコンタクトレンズを購入して浮いたお金で思う存分眼科を受診すれば良いだけ

のようにも思われます。

コンタクトレンズをインターネットで購入する事のメリットは?

次に、コンタクトレンズをインターネットで購入する事のメリットについてですが、

まずは先ほども少し触れました、

実店舗購入より、インターネット購入の方が圧倒的に安い

という点が挙げられます。

これはインターネット販売全体に言える事かもしれませんが、

接客に割く人件費が最小限に抑えられ、店舗の家賃や土地代もかからないから

です。

また当然ではありますが、

インターネット販売も実店舗販売も、同じ商品なら品質も同じ

です。

さらに、

店舗まで足を運ぶ手間が必要なく、好きな時間に購入手続きができる

というのも大きなメリットかと思います。

目の健康を害するとすれば、それは利用者と眼科医の問題

目の健康を害するのは、基本的に利用者の眼科受診に関する問題で、コンタクトレンズのネットショップに問題がある訳ではありません。

それにそもそも、眼科を受診すれば必ず目は健康になるのでしょうか?

これは私の実体験による私見も少々入ってしまいますが、以前ご紹介した私の眼科での体験談からも、正直なところ個人的には信用できない眼科が非常に多いです。

少し振り返っただけでも、

・両目で同じ度数のコンタクトレンズを処方されて、斜視になる

・眼科で診察を受けてそのままコンタクトレンズを注文し、後日受け取りにいったら連絡も無しに突然病院が閉鎖されていた(もちろん診察料は無駄)

・眼科の診察を受けた後で、当院では貴方の目に合うコンタクトレンズは注文できないと言われ、診察代だけ取られる(問診の時点で分かっていたはず)

・原因が分からないのに、薬を出されて通院を求められる。聞いても「今回のストーリーでは・・・」などと意味不明な発言で誤魔化す

・ある日突然、当院の処方箋(厳密にはコンタクトレンズの処方箋などというものは無いが)では隣の眼鏡屋でしかコンタクトレンズを購入できないと言われる

など、対応に疑問を感じる眼科があまりにも多すぎます。

もちろん目は大事なものですし、定期的な眼科受診はするべきです。

しかし眼科を受診する人が少ないという実態も、患者と眼科医の信頼関係など、もっと深いところに問題があるのではないかと思わずにはいられません。

より安く、より便利なサービスへと利用者が流れるのは世の中の必然

また、先ほどご紹介した「隣の眼鏡屋でしかコンタクトレンズを購入できない」という一件も、単純に眼鏡屋と眼科医が協力関係にあるという事なのだと思います。

しかし当たり前の事ではありますが、世の中のサービスはどんどん進化しています。

そして、コンタクトレンズを安く販売しているネットショップもそれ相応の経営努力をした上でその安さを実現しています。

より安く、より便利なサービスへと利用者が流れていくのは世の中の当然の流れですし、内容が劣るサービスが淘汰されていくのもまた必然です。

そういった意味においては、彼ら(眼鏡屋と協力眼科医)の経営努力というのは、少々言葉の意味が違うかもしれませんし、言葉が悪いかもしれませんが、「癒着」的な努力が限界という事なのかもしれません。

眼科の受診者が少ないという事実を嘆く前に、世の中のニーズに合うように眼科も進化していく事が必要なのではないでしょうか?

コンタクトレンズは、実店舗の店頭価格が不明瞭な場合もある

また下記の記事では、

コンタクトレンズメーカーが、特定のコンタクトレンズを販売店に納入する際、店頭以外で販売価格を表示しないよう求めた疑いがある

などといった内容が紹介されています。

「特別価格」「店頭価格から10%OFF」――。街中で配られるコンタクトレンズのチラシなどで、商品の価格が具体的に表記されないのはメーカーによる圧力が背景となっている疑いがあるとして、公正取引委員会は11日午前、独占禁止法違反(不公正な取引方法)の疑いで大手3社の立ち入り検査に乗り出した。

立ち入り検査を受けたのは、日本アルコン▽クーパービジョン・ジャパン▽シード(いずれも東京)の3社。

関係者によると、3社は遅くとも数年前から、特定のコンタクトレンズを販売店に納入する際、店頭以外で販売価格を表示しないよう求めた疑いがある。従わない業者には出荷停止などをほのめかしていたとみられる。このため該当のレンズはチラシで「特別価格」などとしか記されず、販売店のサイトでは商品の紹介もしていないケースもあったという。

引用:朝日新聞DIGITAL『コンタクト「店頭価格を割引」チラシ 裏に店への圧力か』より

また、こういった背景には、

値崩れを起こすことはメーカーにとっても量販店にとっても好ましくないため、こうした価格表示の制限が業界全体の慣習になっていた可能性がある

とされており、また、

最終的につけを払わされるのは消費者だ

ともされています。

そんな私も、コンタクトレンズの値段が高くて、しかも値段が不明瞭でよく分からないと思った経験があります。

なにしろ私は、先ほどの記事で指摘されていたメーカーのコンタクトレンズを使用しているためです(苦笑)

しかも、アイシティさんからメルマガやハガキでクーポンが届いても、肝心のコンタクトレンズの価格がどこにも明記されていないため、「このハガキを持参で〇%OFF!」などと言われても、

元々の販売価格は?

と思う事も非常に多かったです。

コンタクトレンズのネット通販ショップは価格がしっかり明記されている場合がほとんど

しかし、

コンタクトレンズのネット通販ショップは、全てのコンタクトレンズの価格がしっかり明記されている場合がほとんど

です。

引用:レンズクラス

それはそうです。

価格が明記されていないネット通販など、怪しすぎて誰も利用するはずがありません。

普通は実店舗よりネット通販の方が怪しく感じる場合が多いというのが世間一般の感覚であるはずなのですが、コンタクトレンズに関していえば、ネット通販より実店舗の方が怪しいという、なんとも不思議な現状となっています。

コンタクトレンズを購入したネット通販ショップ ~その1:「アットスタイル」~

少々前置きが長くなってしまいましたが、ここからはインターネット通販でのコンタクトレンズ購入についてご紹介していきたいと思います。

コンタクトレンズのインターネットショップにも色々ありますが、まず

アットスタイル

いう、ネットショップで実際にコンタクトレンズを購入してみました。

国内正規品コンタクトレンズを全品処方箋なしで購入できる「アットスタイル」

今回アットスタイルで注文したコンタクトレンズは、

Alcon(アルコン)の

エアオプティクス乱視用

です。

乱視が強い私にはかかせないコンタクトレンズです!

「アットスタイル」のコンタクトレンズの注文方法

まずアットスタイルのサイト内で、注文したいコンタクトレンズの商品を選びます。

(今回はエアオプティクス乱視用でご紹介します)

度数などを指定する

コンタクトレンズの商品を選ぶと、

「左目用レンズデータ」「右目用レンズデータ」それぞれの

・DIA
・BC
・度数
・乱視度数
・乱視軸
・数量

を指定する画面が表示されますので、それぞれ入力して買い物かごに入れます。

※ここは非常に重要ですので、ご自身のコンタクトレンズの度数を間違えないよう入念な確認をしてください!

ログイン(または会員登録)と注文手続き

次に注文手続きへと進みますが、ここでログイン画面が表示され、会員登録していない方は会員登録が必要となります。

次に注文情報入力画面となりますが、ここでは、

・商品内容の確認
・ポイントを所持している場合にはポイントの利用
・クーポンを所持している場合にはクーポンの利用
・依頼主情報の確認や変更
・お届け先の変更
・支払い方法の選択
・クレジットカードを利用する場合はクレジットカードの情報入力
・配送方法に関する要望などを記入する備考欄

などを行う事ができます。

次に注文情報を確認したら、注文が完了となります。

「アットスタイル」でコンタクトレンズを注文した結果

丁寧なメール!

今回は深夜に注文させていただいたのですが、

まずはすぐに注文確認メールが届き、

翌日には、

注文に対するお礼のメール

と、

注文の発送手配完了メール

が届きます。

(もの凄く丁寧です!)

無事コンタクトレンズが到着!

そして注文から3日後には、無事コンタクトレンズが手元に届きました。

今回はAlcon(アルコン)のエアオプティクス乱視用を注文したのですが、商品は「日本アルコン株式会社」から配送されてきましたので、間違いのない商品であることが分かります!

それと、今回は処方箋の提出はなしで購入しました

緊急検証:「アットスタイル」のコンタクトレンズは偽物?

ところで、以前インターネットを閲覧していたところ、

アットスタイル コンタクト 偽物

という言葉が踊っていました。

そこで今回は、

アットスタイルのコンタクトレンズは偽物なのか?

という点について、アットスタイルのコンタクトレンズ発送元などに注目しながら、もう少し詳しく検証していきたいと思います。

結論:アットスタイルのコンタクトレンズは偽物ではない!

まず最初に結論から言ってしまいますが、

アットスタイルのコンタクトレンズは偽物ではありません!

しかも偽物どころか

国内正規品

です。

アットスタイルのコンタクトレンズの発送元

まず、アットスタイルからの「発送手配完了」メールの一部をご紹介します。

そして注文時に届いた「発送手配完了」メール内には、コンタクトレンズの発送元について下記のように記載されていました。

※下記メーカーの発送元は以下の通りでございます。
◆日本アルコン:日本アルコン株式会社東京物流センター(以下省略)

実際に届いたコンタクトレンズの伝票

そして実際に届いたコンタクトレンズの伝票などのご依頼主にも、

日本アルコン株式会社

や、

日本アルコン株式会社 東京物流センター

などといった記載があり、住所もしっかり記載されています。

日本アルコン株式会社の住所を確認する

さらに日本アルコン株式会社の住所を公式ホームページで確認したところ、下記のようになっています

所在地

〒105-6333
東京都港区虎ノ門1丁目23番1号 虎ノ門ヒルズ森タワー

引用:日本アルコン株式会社ホームページ

東京物流センター

〒272-0004
千葉県市川市原木2526-23 日通原木インターナショナルロジスティクスタウンNO.2

引用:日本アルコン株式会社ホームページ

日本アルコン株式会社の公式ホームページの住所を確認しても、伝票などの住所と一致していますので、

間違いなく日本アルコン株式会社から届いたコンタクトレンズである

といえます。

少なくとも「Alcon(アルコン)」のコンタクトレンズは偽物ではない!

このように、アットスタイルで購入した「Alcon(アルコン)」のコンタクトレンズに関しては、実際の発送元はアットスタイルではなく、

「日本アルコン株式会社」からの直接発送

になります。

まさか「日本アルコン株式会社」そのものが、わざわざ自社の偽商品を送付してくるなど、いくらなんでもそれはあり得ません(笑)

よって、

アットスタイルのコンタクトレンズは偽物という言葉は、真実ではありません!

この言葉はもしかしたら、「アットスタイル」の偽サイトが存在していた、などといった話から出た言葉であるのかもしれません。

(ちなみに私の方では偽サイトの存在は確認できていません)

コンタクトレンズを購入したネット通販ショップ ~その2:「レンズクラス」~

次に利用させていただいたコンタクトレンズのネット通販ショップは、

レンズクラス

という、ショップです。

全品国内正規品、値段も安い「レンズクラス」

レンズクラス

で注文したコンタクトレンズは、またまた

Alcon(アルコン)の

エアオプティクス乱視用

です。

私の生活の必需品なのでご了承ください・・・

「レンズクラス」のコンタクトレンズの注文方法

まず、レンズクラスのサイト内で、注文したいコンタクトレンズの商品を選びます。

(今回もエアオプティクス乱視用でご紹介します)

DIA、BC、度数、軸などを指定する

ここはどのネット通販ショップでもあまり変わりがありませんが、

コンタクトレンズの商品を選ぶと、

「左目用レンズデータ」「右目用レンズデータ」それぞれの

・近視度数
・BC
・度数
・乱視度数
・乱視軸
・数量

を指定する画面が表示されますので、それぞれ入力してカートに入れます。

※ここは非常に重要ですので、ご自身のコンタクトレンズの度数を間違えないよう入念な確認をしてください!

ログイン(または会員登録)と注文手続き

次に注文手続きへと進みますが、ここでログイン画面が表示され、会員登録していない方は会員登録が必要となります。

次に注文情報入力画面となりますが、ここでは、

・商品内容の確認
・クーポンを所持している場合にはクーポンの利用
・注文者情報の入力
・配送方法に関する要望などを記入する備考欄

などを行う事ができます。

Amazonアカウントでログインできる!

レンズクラスでコンタクトレンズを注文する際の大きなポイントとして、

Amazonのアカウントでログインすることができる

という点があります。

Amazonのアカウントに登録されている情報を利用して、簡単に注文する事ができる

ので、住所や支払い方法を入力するのが面倒だという方には非常に便利な機能です。

「レンズクラス」でコンタクトレンズを注文した結果

粛々と注文手続きが完了

今回は深夜に注文させていただいたのですが、

まずはすぐに

会員登録完了メール
注文に対するお礼のメール

が届き、

翌日には、

注文内容の確認メール
発送手配の完了メール

が届きます。

またAmazonアカウントでログインした場合は、合間合間にAmazonからのメールも届きます。

このように、特に何の事件や問題もなく(笑)、粛々と注文手続きが完了します。

無事コンタクトレンズが到着!

そして注文から3日後には、無事コンタクトレンズが手元に届きました。

今回はAlcon(アルコン)のエアオプティクス乱視用を注文したのですが、商品は「日本アルコン株式会社」から配送されてきました。

よって、先ほど「アットスタイル」の項目で検証した内容と同様に、

間違いのない本物のコンタクトレンズ

であることが分かります!

それと、こちらも処方箋の提出はなしで購入しました

粛々と手続き完了と思いきや・・・

粛々とコンタクトレンズの購入手続きが完了したと思った数日後、

ご利用ありがとうございますメール

が届きました!

メールの内容は、

無事コンタクトレンズが届いたかの確認

瞳の健康に関する情報

万が一不良品があった場合のメーカーサポート窓口情報

など、とても丁寧なアフターフォロー中心の内容になっています。

大変ありがたいことです。

「アットスタイル」vs「レンズクラス」どっちがお得?違いは何?

次に、

アットスタイル

レンズクラス

ではどちらがお得で何が違うのか、という点についてです。

「アットスタイル」vs「レンズクラス」他のコンタクトはどっちが安い?

先ほどは私が愛用しているコンタクトレンズの価格などについてご紹介させていただきましたが、ここからは他のコンタクトレンズの価格についても少し見てきたいと思います。

※価格は2019年7月時点の情報になります。最新の情報は必ず各サイト内をご確認下さい。
※全て1箱の価格となります。

商品名 アットスタイル   レンズクラス
メニコンワンデー 1.890円 1.583円
エアオプティクス乱視用 2,650円 2,410円
ワンデーアキュビューモイスト 2,470円 2,470円

上記の表を見ると、価格の安さでは全体的に

レンズクラス が安い

といって間違いなさそうです。

【結論】値段がお得で、機能的にも便利なのは「レンズクラス」

これまでの情報から、どちらのショップがお得で便利かを結論付けますと、

・価格の安さ

・Amazonアカウントが利用できる機能面

などを考慮した結果、

レンズクラス の方がより便利でお得なショップである

と言えます。

【余談】運営会社が同じ?

ところでお恥ずかしながら一通り注文した後に気付いたのですが、

アットスタイル

レンズクラス

は、どちらも運営会社が「株式会社カズマ」という会社であるようです。

おそらくは経営戦略上か、システム上の理由でショップを分けているのかと思われます。

(これはあくまでも私の推測です)

しかしまあ、どちらのショップも実店舗に比べれば圧倒的に価格が安い事に変わりはありませんし、利用者が不利益を被るという事も特にありませんので、必要以上に気にする程では無いものと思われます。

アイシティは高い?実店舗と価格を比べてみた

冒頭で、

実店舗のコンタクトレンズは店頭価格が不明瞭な場合もある

という点について触れました。

そこでここからは、

レンズクラス

アイシティ

に加え、以前の記事、

私は正直なところ、これまでけっこう眼科で散々な目にあってきました。 ※体験談はこちら その体験談を簡潔にまとめる...

でも非常に価格が安かった、コンタクトレンズのネット通販ショップ

レンズスマイル

も加えて比較していきたいと思います。

※2019年6月現在の情報となります。最新の情報は必ず各サイト内をご確認下さい。
※「-」は取り扱いが無かった商品になります。

カテゴリ 商品名 メーカー 1箱あたりの参考価格(税込)
レンズスマイル レンズクラス アイシティ 
1day フォーカスデイリーズアクア アルコン 1,380円 2,070円 2,030円 
デイリーズアクアコンフォートプラストーリック(乱視用) アルコン 2,950円 記載なし
ワンデーアキュビュー オアシス ジョンソン&ジョンソン 3,670円 記載なし 
ワンデーアキュビューオアシス 乱視用 (トーリック) 1日 ジョンソン&ジョンソン 3,680円
ワンデーアキュビューモイスト ジョンソン&ジョンソン 1,660円 2,520円 2,570円
ワンデーアキュビューモイスト乱視用 ジョンソン&ジョンソン 3,180円 記載なし 
ワンデーアキュビュートゥルーアイ ジョンソン&ジョンソン 2,090円 2,610円 3,110円 
メダリストワンデープラス ボシュロム 2,300円 2,462円 
メダリストワンデープラス乱視用 ボシュロム 2,040円 2,830円 記載なし
メニコンワンデー メニコン 1.830円
バイオメディックスワンデーエキストラトーリック 乱視用 1日 クーパービジョン 2,680円  
2week エアオプティクス乱視用 アルコン 2,370円 記載なし 
エアオプティクスアクア アルコン 2,150円 記載なし  
2ウィークファイン UV プラス シード 1,600円 – 
アキュビューオアシス ジョンソン&ジョンソン 1,980円 2,775円  2,678円
アキュビューオアシス乱視用 ジョンソン&ジョンソン 3,380円 3,120円 記載なし
メダリスト2 ボシュロム 1,680円 1,890円 記載なし
メダリスト66トーリック(乱視用) ボシュロム 2,480円 2,940円 記載なし
2ウィークメニコンプレミオ メニコン 1,960円 記載なし
2ウィークメニコンプレミオトーリック(乱視用) メニコン 2,920円 記載なし
2ウィークファイン UV プラス トーリック(乱視用) シード 2,740円
バイオメディックストーリック 乱視用 2週間 クーパービジョン 3,380円
バイオフィニティトーリック 乱視用 2週間 クーパービジョン 4,280円 記載なし
1ヶ月 エアオプティクスEXアクア(旧O2オプティクス) アルコン 2,330円 記載なし
マンスリーファイン UV シード 2,870円 – 

基本的にはネット通販ショップが安いが、高い・安い以前の問題で、価格の記載がほとんどない!

まず最初に補足しておきますと、先ほどの表は、

アイシティ:クーポン価格

レンズスマイル:通常価格

レンズクラス:通常価格

での比較になります。

レンズスマイル」と「レンズクラス」は、さらにクーポンなどによる割引が入ります。

その点を踏まえた上でさきほどの表をご覧いただくとお分かりいただけるかと思いますが、基本的に、

レンズスマイル

レンズクラス

のネット通販ショップが全体的に安いです。

しかしそれ以前に、「アイシティ」は、

価格を記載していないコンタクトレンズが多すぎ!

です。

これには私も以前から非常に不満を抱いており、

・店頭で会計する直前になって「いくらですか?」と聞かないと値段が分からない

・そもそも店員が値段について会計になるまで言わない

・会計直前になって今さら買わないとは言えないし、他に選択肢がないから仕方なく購入する

という状況が続いていました。

ちなみに「アイシティ」で値段が記載されていなかった、「Alcon(アルコン)エアオプティクス乱視用」を、「アイシティ」と「レンズクラス」で私が以前に購入した際の各ショップの価格比較が記になります、

※最新の情報は必ず各サイト内をご確認下さい

店舗名 商品名 価格
(右1箱+左1箱=2箱)
送料 合計金額
レンズクラス Alcon(アルコン)エアオプティクス乱視用 ¥4,720(税込) ¥510 ¥5,230(税込)
○イシティ ¥7,164(税込)
※10%割引クーポン使用
なし ¥7,164(税込)

こちらの表を見ていただくと、

レンズクラス

の価格の安さがお分かりいただけると思いますが、それ以前に「アイシティ」は、

都合の悪い価格はあえて伏せているのではないか

と勘ぐらざるを得ないような結果となっています。

しかし、

レンズスマイル

レンズクラス

ではもちろん、

全てのコンタクトレンズに価格が明記

してありますので、購入価格が分からずに不安になる心配がありません。

引用:レンズクラス

まとめ ~コンタクトレンズのネット購入に危険は無い!あるとすれば利用者側の問題~

今回は、

アットスタイル

レンズクラス

それぞれのインターネット通販ショップでコンタクトレンズを購入してみました。

結果としては、

・メール対応が凄く丁寧

・商品はしっかりコンタクトレンズメーカーから送られてくるので間違いなし

・価格も段違いに安い

・「アットスタイル」と「レンズクラス」なら、

レンズクラス がおすすめ

というものになりました。

さらに、コンタクトレンズの安さが自慢のネット通販ショップ、

レンズスマイル

もあるなど、コンタクトレンズのネット通販ショップも非常にバリエーション豊かです。

いずれのショップを利用するにせよ、コンタクトレンズの購入画面で度数の入力さえ間違えなければ、もの凄く便利なサービスである事は間違いないと思います!

(これはショップ側ではなく、自分自身の問題ですね!)

もちろん、

定期的な眼科検診は受けるべき

ではあると思いますが、コンタクトレンズの購入に関しては

店舗まで足を運ぶ手間が必要なく、安くて安心なインターネット通販を利用する

のもひとつの選択肢ではないでしょうか?

※関連記事

以前の記事では、 ・コンタクトレンズが安いネットショップ比較 ・コンタクトレンズのネット購入は危険?安全? などと...
私は正直なところ、これまでけっこう眼科で散々な目にあってきました。 ※体験談はこちら その体験談を簡潔にまとめる...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする