2018-08

Excel VBA

【Excel VBA】定数を宣言する

定数は変数と同様に、文字列や数値など、様々な値を格納する事ができ、格納した値をコード内で取得しつつ使用する事ができます。 今回は定数についてご紹介します。
2020.07.05
Excel VBA

【Excel VBA】Forステートメントを使った繰り返し処理

Excel VBAにおいて、指定した回数だけ繰り返し処理を実行したい場合、Forステートメントが頻繁に使われます。 今回はForステートメントを使った繰り返し処理についてご紹介します。
2020.07.05
Excel VBA

【Excel VBA】Do Whileステートメントを使った繰り返し処理

Excel VBAには、条件を満たしている間だけ処理を繰り返す、Do Whileステートメントが存在します。今回は、Do Whileステートメントを使った繰り返し処理についてご紹介します。
2020.07.05
Excel VBA

【Excel VBA】置換と削除(Replace関数)

Excel VBAにおける文字列の置換と削除方法の中から、今回はReplace関数の方をご紹介します。
2020.07.05
Excel VBA

【Excel VBA】ファイルを開く、ファイルを閉じる

Excel VBAにおいては、色々な方法でファイルを開く事ができます。 今回は、何種類かの方法をご紹介します。
2020.07.05
Excel VBA

【Excel VBA】Sum関数、SumIf関数、SumIfs関数

今回はExcel VBAで数値を合計するための関数、Sum、SumIf、SumIfsについてご紹介します。
2020.07.05
Excel VBA

【Excel VBA】VLookUP関数

今回は、Excel VBAでのVLookUP関数についてご紹介します。
2020.07.05
Excel VBA

【Excel VBA】ピボットテーブルの作成例

今回は、Excel VBAで私がよく使用する、実用的(だと思っている)ピボットテーブル作成用プログラムの一例をご紹介します。
2020.07.05
Excel VBA

【Excel VBA】計算結果が0の場合、空白を返すユーザー定義関数

Excel VBAではオリジナルの関数である、ユーザー定義関数を作成する事ができます。 通常Excelに用意されている関数では実現できないような処理を実行したり、非常に長い関数になってしまうところを簡潔にまとめたりなど、アイディアによって様々な関数を作りだす事ができます。 今回は、計算結果が0の場合、空白を返すという、ユーザー定義関数をご紹介します。
2020.07.05
Excel VBA

【Excel VBA】指定した名前のシートが存在していた場合削除する(For Eachステートメント)

For Eachステートメントを使って指定した名前のシートが存在していた場合削除する方法についてご紹介します。
2020.07.05
タイトルとURLをコピーしました