ミノキシジル誘導体とは?配合スカルプアイテムが安いのは?比較ランキング5選

スポンサーリンク

薄毛に悩む日本人の推定人口は、

・男性1300万人

・女性600万人

とされています。

男性1300万人、女性600万人――。この数字が何を示しているかわかるだろうか。正解は、薄毛に悩む日本人の推定人口だ。

引用:Business Journal「薄毛治療に革命!85%に発毛効果の新素材・ビュリクシール配合、“食べる育毛剤”がスゴい!」より

そんな中、薄毛対策に様々なスカルプアイテムが開発され続けている近年の日本ですが、今回はその中の一つ、

・ミノキシジル

・ミノキシジル誘導体

などに関する話題です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミノキシジルとは?

まず、

ミノキシジル

とは何なのか、簡単に振り返ってみたいと思います。

「ミノキシジル」は、壮年性脱毛症における「発毛」と「脱毛(抜け毛)の進行予防」の効果が認められている成分

下記の記事によると、「ミノキシジル」について、

壮年性脱毛症における「発毛」と「脱毛(抜け毛)の進行予防」の効果が認められている成分

であるとされています。

ミノキシジルとは、リアップシリーズの発毛剤の主成分で、壮年性脱毛症における「発毛」と「脱毛(抜け毛)の進行予防」の効果が認められています。ミノキシジルに発毛効果があることがわかったのは、1979年のこと。
その後、1988年にアメリカで厳密な臨床試験を経て有用性が確認され、医薬品としての発毛剤が誕生しました。これまでに、世界90ヵ国以上で承認され使われています。

引用:大正製薬「ミノキシジルとは」より

「ミノキシジル」は、国内の市販品では内服が認められておらず、塗布するものしかない

しかし「ミノキシジル」は、

・「ミノキシジル」は副作用の恐れから、国内の市販品では内服が認められていない

・「ミノキシジル」の発毛市販薬は、塗布するものしかない

というのが現状です。

ミノキシジルは高い発毛効果が知られていますが、副作用の恐れから国内の市販品では内服が認められていないため、現在の日本では、発毛市販薬は塗布するものしかありません。

引用:Business Journal「薄毛治療に革命!85%に発毛効果の新素材・ビュリクシール配合、“食べる育毛剤”がスゴい!」より

もし、「ミノキシジル」の内服薬を手に入れたいという場合、

湘南美容クリニック

のようなクリニックで処方してもらう必要があります。

「ミノキシジル」の薄毛対策としての推奨度は?

一方、

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

によると、ミノキシジルの推奨度は、

・ミノキシジルの外用:A(行うよう強く勧める)

・ミノキシジルの内服:D(行うべきではない)

などとなっており、

ミノキシジルは内服より、外用が強く勧められるとされる内容となっています。

※出典:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

推奨度推奨度の分類治療内容
A行うよう強く勧めるフィナステリドの内服(男性型脱毛症)、ミノキシジルの外用
B行うよう勧める自毛植毛(男性型脱毛症)、アデノシンの外用(男性型脱毛症)
C1行ってもよい自毛植毛(女性型脱毛症)、アデノシンの外用(女性型脱毛症)、かつらの着用
C2行わないほうがよいビマトプロストおよびラタノプロストの外用
D行うべきではない人工毛植毛術、フィナステリドの内服(女性型脱毛症)、ミノキシジルの内服

※引用:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

※関連記事

MINOXI JET(ミノキジェット)とは?治療を受けられるクリニックは?
今回は、男性型脱毛症と女性型脱毛症の両方に対して強く勧められている「ミノキシジルの外用」による薄毛治療のうち、MINOXI JET(ミノキジェット)に関する話題です。

「ミノキシジル誘導体」とは?

次に、「ミノキシジル」を塗布する市販薬についてですが、その前に、市販薬の説明によく書かれているものに、

ミノキシジル誘導体

というものがあります。

この、「ミノキシジル誘導体」とはなんなのでしょうか?

下記の記事によると「ミノキシジル誘導体」のひとつである「ピディオキシジル」について、

・ミノキシジルによく似た分子構造を持ち、同等以上の効果を発揮する成分

などといった点が紹介されています。

ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)について

ミノキシジルによく似た分子構造を持ち、同等以上の効果を発揮するピディオキシジル

ミノキシジルは世界初の発毛力を持つ医薬品として登場し、 現在日本をはじめ世界的にその名が知られる存在です。 ですが医薬品であるがゆえ副作用が存在するために、 使用を断念したり、ためらう薬品でもあります。 しかしミノキシジルと非常に似通った分子構造を持ちながら 副作用の心配が少ないという、優れた最新の育毛成分が誕生 しました。 それが『ピディオキシジル』です。

引用:パティエンス「ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)について」より

「ミノキシジル誘導体」にはどんなものがあるのか?

次に、「ミノキシジル誘導体」にはどんなものがあるのかについてですが、

「ピディオキシジル」

「ピロリジ二ルジアミノピリミジンオキシド」

などという呼び方をされる事があるようです。

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドとは?

別名を「ピディオキシジル」といい、主に男性用育毛剤に使用されている成分です。

元々、高血圧治療薬として開発されたミノキシジルという薬がありましたが、副作用として発毛効果があることがわかり、「リアップ」として販売されるようになりました。
しかしミノキシジルには本来の血圧降下作用に加えアレルギー、性欲減退などの副作用があり、そこで開発されたのがピディオキシジル(ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド)です。
ミノキシジルの分子構造を少し変えることで副作用を抑え、育毛作用はミノキシジルと同等、しかも吸収されやすいという特徴があります。

引用:リカラ「ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド」より

「ミノキシジル誘導体」を配合したスカルプアイテム比較ランキング

ここからは、「ミノキシジル誘導体」である、

・ピロリジ二ルジアミノピリミジンオキシド

・ピディオキシジル

を配合したスカルプアイテムをご紹介していきます。

スカルプアイテムと言うと、やはり「継続する」事が重要であると思いますし、価格が安いほうが継続しやすいという方も多いかと思います。

そこで今回は、分かりやすく価格が安い順にランキング形式でご紹介していきたいと思います。

※最新の情報は、必ず各サイト内をご確認下さい。

商品名価格主な成分返金保証
ミノックス【1本】

・2,780円(税込)※20日分

【スターターキット】

・8,980円(税込)※60日分

【5本セット】

・12,980円(税込)※100日分

・ピロリジ二ルジアミノピリミジンオキシド(ミノキシジル誘導体)なし
オーラ・スカルプ・エフ・トニック【1本】

・3,330円(税抜)※150mL

【2本セット】

・6,137円(税込)

【3本セット】

・8,974円(税込)

・ピロリジ二ルジアミノピリミジンオキシド(ミノキシジル誘導体) なし
薄毛・抜け毛対策のBOSTON スカルプエッセンス【1本】

・9,800円(税抜)※約1ヶ月分

【定期コース】

・1本:8,800円(税抜)

・キャピキシル5%

・ピディオキシジル1.5%(ミノキシジル誘導体)

45日間
バイタルウェーブ スカルプローション【1本】

・11,880円(税込)※約1ヶ月分

【3本セット】

・25,200円(税込)

【定期コース】

・1~2回目:8,200円(税込)

・3回目以降:8,080円(税込)

・7回目以降:7,980円(税込)

・キャピキシル7%

・ノコギリヤシ2%

30日間
THE SCALP 5.0C【1本】

・15,000円(税込)※約1ヶ月分

【定期コース】

・1回目:4,980円(税込)

・2~3回目:10,000円(税込)

・4~7回目:9,500円(税込)

・8~11回目:9,000円(税込)

・12回目以上:8,500円(税込)

・キャピキシル5%

・ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)

60日間

1位:【ミノキシジル誘導体】を推奨の「10倍」濃度配合したスカルプ剤「ミノックス」

ミノックスは、

ピロリジ二ルジアミノピリミジンオキシド(ミノキシジル誘導体)を含む原液を、推奨配合量の「10倍」配合

している濃縮養毛料です。

数十成分もの育毛成分は配合せず、毛を生やす為の「本質」のみを追求する

というコンセプトの元、

・厳選された6種のスカルプ成分

・水(基剤)

・エタノール(溶剤)

・安定剤

のみによるシンプルな処方により、価格を抑えて購入のしやすさを実現しているスカルプアイテムです。

また、スカルプアイテムというと「定期購入」をすると安くなるというのが一般的ですが、

定期購入をせずとも、他のスカルプアイテムと比較して安価

であるのも「ミノックス」の特徴であると言えます。

※最新の情報は、必ず各サイト内をご確認下さい。

商品名価格主な成分返金保証
ミノックス【1本】

・2,780円(税込)※20日分

【スターターキット】

・8,980円(税込)※60日分

【5本セット】

・12,980円(税込)※100日分

・ピロリジ二ルジアミノピリミジンオキシド(ミノキシジル誘導体)なし

2位:【海洋性フルボ酸】【ミノキシジル誘導体】【7種の天然成分】のトリプル配合「オーラ・スカルプ・エフ・トニック」

オーラ・スカルプ・エフ・トニックは、

・ミノキシジル誘導体

・海洋性フルボ酸

・7種の天然成分

により、毛髪を健やかに保つスカルプケアアイテムです。

こちらも定期購入ではなく、比較的単品で購入しやすい価格設定となっています。

※最新の情報は、必ず各サイト内をご確認下さい。

商品名価格主な成分返金保証
オーラ・スカルプ・エフ・トニック【1本】

・3,330円(税抜)※150mL

【2本セット】

・6,137円(税込)

【3本セット】

・8,974円(税込)

・ピロリジ二ルジアミノピリミジンオキシド(ミノキシジル誘導体) なし

3位:ミノキシジルの3倍の効果があるとされる『キャピキシル』も配合「BOSTONスカルプエッセンス」

薄毛・抜け毛対策のBOSTON スカルプエッセンスは、

ミノキシジル誘導体である「ピディオキシジル」を配合

したスカルプアイテムです。

さらに、

「ミノキシジル」の3倍の効果があるとされる『キャピキシル』を配合

しており、

『キャピキシル』は、「ミノキシジル」より副作用の心配がないだろうと言われている

のも特徴です。

キャピキシルとは育毛成分の一種です。発毛効果に優れると言われている育毛成分として有名なミノキシジルと比べても3倍の効果があると言われ、期待が寄せられています。

(中略)

ミノキシジルをはじめ、一般的に発毛効果が高い育毛成分には少なからず副作用の心配がされてきました。しかし一方でキャピキシルの場合は副作用の心配がないだろうと言われているのも大きな特徴です。

引用:ホットペッパービューティー「キャピキシル」より

薄毛・抜け毛対策のBOSTON スカルプエッセンスは、

・シリーズ累計出荷本数40万本以上

・効果を実証する為の、臨床試験実施済み

・ISO認証取得済の国内工場で製造

・45日間全額返金保証付き

・顧客満足度94.6% ※2018年1~6月購入者アンケート

などといった特徴のある、スカルプアイテムです。

※最新の情報は、必ず各サイト内をご確認下さい。

商品名価格主な成分返金保証
薄毛・抜け毛対策のBOSTON スカルプエッセンス【1本】

・9,800円(税抜)※約1ヶ月分

【定期コース】

・1本:8,800円(税抜)

・キャピキシル5%

・ピディオキシジル1.5%(ミノキシジル誘導体)

45日間

4位:キャピキシル7%配合でさらなる実感「バイタルウェーブ スカルプローション」

バイタルウェーブ スカルプローションは、

・キャピキシル7%

・ノコギリヤシ2%

などの成分を配合しており、

今回ご紹介する中では最もキャピキシルの配合比率が高い

スカルプケアアイテムとなっています。

さらに、

・無添加、無香料

・国内第三者機関による商品検査による、安心の低刺激処方

・30日間返金保証

など、安全・安心面にも配慮しているのも特徴です。

※最新の情報は、必ず各サイト内をご確認下さい。

商品名価格主な成分返金保証
バイタルウェーブ スカルプローション【1本】

・11,880円(税込)※約1ヶ月分

【3本セット】

・25,200円(税込)

【定期コース】

・1~2回目:8,200円(税込)

・3回目以降:8,080円(税込)

・7回目以降:7,980円(税込)

・キャピキシル7%

・ノコギリヤシ2%

30日間

5位:新育毛成分「ヒト幹細胞」配合「THE SCALP 5.0C」

THE SCALP 5.0Cは、

ミノキシジル誘導体である「ピディオキシジル」を配合

したスカルプアイテムです。

またこちらも、

「ミノキシジル」の3倍の効果があるとされる『キャピキシル』を配合

しており、

・毛髪診断士が監修

・4年連続モンドセレクション金賞受賞

・60日間全額返金保証付き

などといった特徴のある、スカルプアイテムです

※最新の情報は、必ず各サイト内をご確認下さい。

商品名価格主な成分返金保証
THE SCALP 5.0C【1本】

・15,000円(税込)※約1ヶ月分

【定期コース】

・1回目:4,980円(税込)

・2~3回目:10,000円(税込)

・4~7回目:9,500円(税込)

・8~11回目:9,000円(税込)

・12回目以上:8,500円(税込)

・キャピキシル5%

・ピディオキシジル(ミノキシジル誘導体)

60日間

ミノキシジル誘導体「キャピキシル」を超えるとされる育毛剤とは?

ここまで、「ミノキシジル誘導体」を中心にご紹介してきましたが、

実験の結果、ミノキシジルやキャピキシルを超える結果を出している育毛成分

に、

「Algas-3(アルガス-3)」

があります。

「アルガス-3」は育毛において有用と期待される「3つの海藻由来エキス」から構成された、株式会社キーリーが開発した独自スカルプケア成分です。

育毛業界に革命を起こした成分「M-034」、神秘の海藻と呼ばれ、育毛剤や化粧品などに有用性が高いと期待される優れた保水力の保湿成分「ペルベチアカナリクラタ」、毛母細胞の増殖を促進し、毛髪の成長因子に働きかける「ガゴメコンブ」の「3つの海藻由来エキス」から構成されています。

また、日本臨床試験協会(JACTA)による育毛評価臨床試験にて「キャピキシル5%配合ローション」「リデンシル5%配合ローション」と比較した被験者へのアンケートでは、以下のグラフのように「アルガス-3配合ローション」が非常に高い評価を得ました。

引用:FNN PRIME『薬用育毛剤「イクオスEXプラス」が10月20日に発売。有効成分数・全成分数の2部門で第1位(日本国内最多)を獲得!(日本マーケティングリサーチ機構調べ)』より

そして、この「Algas-3(アルガス-3)」を配合している育毛剤には、

天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>EXプラス

があります。

天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>EXプラス

は、

成分数No.1の育毛剤

であるとして、ゴールデンタイムでテレビ紹介されるなど、今非常に注目されている育毛剤です。

放送内容は、下記Youtubeでも配信されています。

※「IQOS<イクオス>EXプラス」は、動画の8分20秒頃から紹介されています。

また、

「Algas-3(アルガス-3)」

や、

天然無添加育毛剤IQOS<イクオス>EXプラス

については別記事、

キャピキシル・ミノキシジルを超えるアルガス3とは?イクオスが安いのは?価格比較4選
「ミノキシジル」の3倍の効果があるとされるのが「キャピキシル」ですが、「キャピキシル」を超えるとされるスカルプケア成分、『Algas-3(アルガス-3)』についてご紹介します。

でも詳しくご紹介しています。

まとめ

今回は、

・ミノキシジル

・ミノキシジル誘導体

などに関する話題についてご紹介してきました。

最後になりましたが、人間の身体には色々な毛が生えていますが、

どうして髪の毛だけ抜けてしまう人が多いんでしょうね?

そこを突っ込んでしまうと話が脱線したまま2度と戻ってこれなくなりそうですので、また別の機会があれば、という事にさせていただければと思いますが、なぜ髪の毛が抜けるように進化してしまったのか不思議でなりません。

「神の悪戯」なのでしょうか・・・。

「髪」だけに。

(失礼しました)

まあそれはさておき今回は、

・ピロリジ二ルジアミノピリミジンオキシド

・ピディオキシジル

など、頭が痛くなりそうな単語が出てきましたが、頭から髪が無くなるよりはマシかもしれません。

本記事が、皆様のスカルプアイテム探しの助けになりましたら幸いです。

※関連記事

MINOXI JET(ミノキジェット)とは?治療を受けられるクリニックは?
今回は、男性型脱毛症と女性型脱毛症の両方に対して強く勧められている「ミノキシジルの外用」による薄毛治療のうち、MINOXI JET(ミノキジェット)に関する話題です。
404 NOT FOUND | ひでぶろチャンネル
髪の毛を復活させたい!確率の高い薄毛治療は?有名人の髪の毛復活劇は?
薄毛に悩む人々の誰もが一度は夢見るものに、「髪の毛の復活」があると思います。 そして近年は薄毛治療にも実に様々な種類があり、その中には様々な研究結果が報告されているものが存在しています。 今回は、「髪の毛を復活させる確率の高い方法は?」などに関する話題です。
自毛植毛とは?株(グラフト)とは?メリットやデメリット、主な施術方式は?
近年では数多くの育毛剤、薄毛治療法の開発・発表などが続けられていますが、その中でも比較的高い推奨度を誇る注目の薄毛治療に、自毛植毛があります。 今回は、「自毛植毛とは?」「自毛植毛のメリットや特徴は?デメリットは?」などに関する話題です。
自毛植毛10クリニック手術料金・費用比較|安いのは?安くする方法や最安値は?
自毛植毛の各クリニックを比較してみました。 自毛植毛の手術料金・治療費用が安いクリニックは?安くする方法は?など、様々な面から比較しています。
ビュリクシールの効果とは?最大配合の薄毛治療サプリ「SHEE+」が安いのは?比較4選
多くの日本人が悩んでいる切実な問題の一つに、薄毛があります。 近年では薄毛対策に関する様々な治療や製品の開発・発表が続けられていますが、今回はその中の一つである、「ビュリクシール」に関する話題です。
タイトルとURLをコピーしました