ワインが薄毛対策に効果あり?酒石酸が発毛を促進?しかし早とちりは危険な理由

スポンサーリンク

2019年2月、全国の薄毛に悩む方々を揺るがす衝撃のニュースが飛び込みました。

『ロート製薬が、ワインなどに含まれる酸味成分「酒石酸」に頭皮の細胞から発毛促進物質の産出を増加させる効果があることを発見』

ロート製薬が、ワインなどに含まれる酸味成分「酒石酸」に頭皮の細胞から発毛促進物質の産出を増加させる効果があることを発見し、新たな製品開発に生かそうと研究を進めている。ロートは医療分野で培った知見を生かして昨年から発毛剤市場に参入しており、早期に詳しいメカニズムを解明し、応用につなげたいとしている。

酒石酸はワインやブドウ、レモンといった酸味や苦味のある果物に含まれ、皮膚を弱酸性の状態に保ったり、微生物の増殖を抑制したりする効果で知られている。

ロートは酒石酸が持つこうした皮膚の細胞に対する強い作用に注目し、研究に着手した。

引用:livedoorNEWS『ワインに含まれる「酒石酸」が発毛促進か ロート製薬が発見、応用へ』より

今回は、薄毛とその対策に関する話題です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毛髪関連細胞へ作用する「酒石酸」とは?

まず、ロート製薬が発見した、

毛髪関連細胞へ作用する「酒石酸」

とは何なのでしょうか?

「酒石酸」は、ワインにも含まれる酸味成分

ロート製薬によると、

酒石酸はブドウ、レモンなど酸味と苦みのある果物に含まれる有機酸の一つ

で、

ワインにも含まれる酸味成分

であるようです。

酒石酸はブドウ、レモンなど酸味と苦みのある果物に含まれる有機酸の一つで、ワインにも含まれる酸味成分です。

収斂作用や皮膚の弱酸性を保つ働き、また微生物の発育阻止効果があるといわれているほか、ケミカルピーリング溶剤として、皮膚の古い角質の除去等の効果が知られています。

引用:ロート製薬ホームページ『ワインに含まれる成分「酒石酸(しゅせきさん)」の毛髪関連細胞への作用を発見』より

薄毛はともかく、肝臓は大丈夫か?

しかし、

どれだけ「酒石酸」を摂取すれば薄毛対策になる

のでしょうか?

冒頭にご紹介した記事の中でも、

新たな製品開発に生かそうと研究を進めている

という段階である事が触れられています。

あくまでも、

研究を進めている段階

です。

薄毛対策に一生懸命ワインを飲んだ挙句、今度は肝臓をダメにしては本末転倒

です。

ロート製薬の研究が進むまでは、ワインの摂取も適量にした方が良い

と思います。

推奨されている薄毛対策は?

ロート製薬の研究が進み、「酒石酸」の効果がはっきりするまでは、

ワインは適量にしつつ、既存の薄毛対策で決死の防衛戦を展開する

のが賢明であるように思います。

ところで、数ある薄毛対策の中で、推奨されている薄毛対策にはどういったものがあるのでしょうか?

2018年に7年ぶりに改訂された、

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

によると、

・ミノキシジルの外用:A(行うよう強く勧める)

・フィナステリドの内服(男性型脱毛症):A(行うよう強く勧める)

・自毛植毛(男性型脱毛症):B(行うよう勧める)

などが、推奨される薄毛治療となっています。

※出典:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

※引用:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

そこでここからは、

・ミノキシジルの外用

・フィナステリドの内服

・自毛植毛

などをピックアップしていきたいと思います。

ミノキシジルの外用

まず、「ミノキシジル」についてですが、先ほどご紹介した、

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

でも触れられているように、

・ミノキシジルの外用:A(行うよう強く勧める)

・ミノキシジルの内服:D(行うべきではない)

などとされており、外用と内服で評価が全く異なっている点に注意が必要です。

ミノキシジルについては下記の記事などでご紹介しています。

※関連記事

404 NOT FOUND | ひでぶろチャンネル
ミノキシジル誘導体とは?配合スカルプアイテムが安いのは?比較ランキング5選
薄毛対策に様々なスカルプアイテムが開発され続けている近年の日本ですが、今回はその中の一つ、「ミノキシジル」「ミノキシジル誘導体」などに関する話題です。

薄毛対策の期待度2位!『ミノキシジル』の3倍の効果があるとされる『キャピキシル』

また、

『ミノキシジル』の3倍の効果があるとされる『キャピキシル』を配合した育毛剤

というのも存在していますので、そちらもご紹介しておきたいと思います。

さらに、

『キャピキシル』は、『ミノキシジル』より副作用の心配がないだろうと言われているのも特徴

です。

キャピキシルとは育毛成分の一種です。発毛効果に優れると言われている育毛成分として有名なミノキシジルと比べても3倍の効果があると言われ、期待が寄せられています。

(中略)

ミノキシジルをはじめ、一般的に発毛効果が高い育毛成分には少なからず副作用の心配がされてきました。しかし一方でキャピキシルの場合は副作用の心配がないだろうと言われているのも大きな特徴です。

引用:ホットペッパービューティー「キャピキシル」より

その『ミノキシジル』の3倍の効果があるとされる『キャピキシル』配合育毛剤!「BOSTONスカルプエッセンス」

薄毛・抜け毛対策のBOSTON スカルプエッセンス

は、

発毛効果が医学的に証明されている『ミノキシジル』の3倍の効果があるとされる『キャピキシル』を配合した育毛剤

です。

・シリーズ累計出荷本数40万本以上

・効果を実証する為の、臨床試験実施済み

・ISO認証取得済の国内工場で製造

・45日間全額返金保証付き

・顧客満足度94.6% ※2018年1~6月購入者アンケート

などといった特徴のある、育毛剤です。

※関連記事

ミノキシジル誘導体とは?配合スカルプアイテムが安いのは?比較ランキング5選
薄毛対策に様々なスカルプアイテムが開発され続けている近年の日本ですが、今回はその中の一つ、「ミノキシジル」「ミノキシジル誘導体」などに関する話題です。

フィナステリドの内服

厚生労働省承認薬「フィナステリド」を採用しているAGA治療クリニックには、

湘南美容クリニック

があります。

湘南美容クリニックは、

・年間来院者数186万人以上(2018年)

・紹介リピーター率90%以上

を誇り、

全国に業界最大級の63クリニックを展開

しており、全国どこからでも通いやすいのも特徴です。

※関連記事

404 NOT FOUND | ひでぶろチャンネル

自毛植毛(じもうしょくもう)

次に、

自毛植毛(じもうしょくもう)

についてですが、

30年以上の実績を誇る「自毛植毛専門・ヨコ美クリニック」によると、

・自毛植毛とは、将来ずっと抜けない安全な部分(後頭部から側頭部にかけて)から自分自身のヘアをドナーとして採取し、脱毛した部分に移動させて外科的に植え込む方法である

・薄毛を根本的に解決する方法として他にも髪の毛を増やす技術はありますが、一生ものの髪が生え続け、永続的にヘアサイクルを繰り返す事ができるのは自毛植毛だけ

というのが「自毛植毛」の特徴やメリットであるようです。

自分の髪を自分に移植する訳ですから、高い効果が期待されるのも当然かもしれません。

自毛植毛とは、将来ずっと抜けない安全な部分(後頭部から側頭部にかけて)から自分自身のヘアをドナーとして採取し、脱毛した部分に移動させて外科的に植え込む方法です。

薄毛を根本的に解決する方法として他にも髪の毛を増やす技術はありますが、一生ものの髪が生え続け、永続的にヘアサイクルを繰り返す事ができるのは自毛植毛だけです。

引用:自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

自毛植毛については、下記の記事などで詳しくご紹介しています。

※関連記事

自毛植毛とは?株(グラフト)とは?メリットやデメリット、主な施術方式は?
近年では数多くの育毛剤、薄毛治療法の開発・発表などが続けられていますが、その中でも比較的高い推奨度を誇る注目の薄毛治療に、自毛植毛があります。 今回は、「自毛植毛とは?」「自毛植毛のメリットや特徴は?デメリットは?」などに関する話題です。
自毛植毛10クリニック手術料金・費用比較|安いのは?安くする方法や最安値は?
自毛植毛の各クリニックを比較してみました。 自毛植毛の手術料金・治療費用が安いクリニックは?安くする方法は?など、様々な面から比較しています。

「酒石酸」の研究結果を待てない場合、副作用が少なく、もっと手軽に試せる薄毛対策は?

ここまで、「酒石酸」に関する話題を中心にご紹介してきました。

しかし、

「酒石酸」の研究結果が出るまで待ってられない!

と思われる方もいらっしゃるかと思います。

もし、

手軽に試せる他の薄毛対策はないのか?

と思われる場合、

・無料体験がある

・副作用の心配がほとんどない

・効果を実感できるのが早い

などといったメリットがある、

「増毛」サロン

を利用してみるのも一つの選択肢です。

「増毛」の無料体験ができるサロンには、

スヴェンソンの増毛体験

増毛体験ならアデランス

などがあります。

さらに「マープ無料増毛体験」だけでなく、「ヘア・フォーライフ無料お試し体験」「無料ヘア・チェック」「育毛トライアルコース」など、多彩な無料体験コースを用意しているサロンには、

アートネイチャー

があります。

また増毛サロンではありませんが、薄毛の原因となる可能性のある「角栓様物質(角栓)」の除去などといった「抜け毛防止ケア」を無料体験できる育毛サロンには、

バイオテック

があります。

もし、薄毛対策としての「酒石酸」の研究結果が出るまでまってられない!という場合でも、利用しやすい「無料体験」のある増毛サロンなどから、様々な薄毛対策を試してみるのも考えられる選択肢であるように思われます。

まとめ

今回は、

ロート製薬が、ワインなどに含まれる酸味成分「酒石酸」に頭皮の細胞から発毛促進物質の産出を増加させる効果があることを発見した

という話題に始まり、その他様々な薄毛対策に関する話題をご紹介してきました。

薄毛対策にワインを飲むのは人それぞれ自由かと思いますが、

2019年2月現在は、新たな製品開発に生かそうと研究を進めている

という段階であるのも事実です。

ワインをどれだけ飲めば効果があるのかも分かりません。

先ほども述べましたように、薄毛対策にワインを飲みすぎて、今度は肝臓を壊したのでは元も子もありません。

ワインは適量にしながら「酒石酸」の研究に関する新たな進捗を待ちつつ、それまでは既存の薄毛対策でしっかりと髪を守ってみてはいかがでしょうか?

 

【全品日本最安値に挑戦中のワインショップ】

 

【『ミノキシジル』の3倍の効果があるとされる『キャピキシル』配合育毛剤】

 

【厚生労働省承認薬『フィナステリド』採用のAGA治療クリニック】

 

タイトルとURLをコピーしました