AGA(男性型脱毛症)の治験モニター募集サイトは?メリットやデメリットは?

スポンサーリンク

皆さんは、

・治験ボランティア

・治験モニター

・治験アルバイト

などに興味はありますか?

近年では、副業の一種としても名前が出る事の多い、「治験」のボランティアやモニターですが、実は、

AGA(男性型脱毛症)にも治験モニターがある

というのをご存知でしょうか?

治療費もバカにならないAGA(男性型脱毛症)ですが、治験モニターに応募すれば最新の治療を受けつつ、報酬までもらう事も可能です。

今回は、

・治験のメリットやデメリットは?

・AGA(男性型脱毛症)の治験モニターに応募するには?

などに関する話題です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AGA治療・薄毛治療の専門医療機関情報

ここでは、AGA治療・薄毛治療の専門医療機関に関する情報をご紹介します。

AGA治療・薄毛治療の専門医療機関「銀座総合美容クリニック(銀クリ)」で『無料カウンセリング』や『オンラインカウンセリング』を実施中

AGA治療・薄毛治療の専門医療機関、

銀座総合美容クリニック(銀クリ)

では、AGA・薄毛の状態を無料で確認してもらう事ができる、

無料カウンセリング

を実施中です。

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

にもありますように、AGAや薄毛の進行には家系的な遺伝や男性ホルモンなど、様々な要因が関与しますが、

銀座総合美容クリニック(銀クリ)

では、それらを総合的に考慮しつつ、適切な治療方法や効果・副作用、治療にかかる期間や費用など、多岐に渡る項目を無料でカウンセリングしてもらう事が可能です。

また、来院せずにカウンセリングを受ける事ができる、

オンラインカウンセリング

も実施中です。

治験とは?

まず、

そもそも、治験とは何なのか?

について簡単に振り返ってみたいと思います。

新しい薬や治療法の効果や安全性を科学的に調べる

国立研究開発法人 国立成育医療研究センター「治験ってなあに?」によると、

健康な成人や患者を対象に、新しい薬や治療法の効果や安全性を科学的に調べる「臨床試験」の事を、『治験』という

としています。

色々な病気を良くするために、たくさんの薬が使われています。

薬が多くの患者の治療に使われるようになるためには、「薬の候補」となる物質を選び出し、動物やヒトで作用・効果・安全性などを調べます。

このうち「薬の候補」を健康な成人や患者に使用して、効果や安全性、治療法(適正な投与量や投与方法)などを確認する目的で行われる「臨床試験*」のことを「治験」といいます。

製薬会社は「治験」の結果をもって厚生労働省に申請し、薬として承認されてはじめて、多くの患者に安心して使われるようになります。

*臨床試験とは、健康な成人や患者を対象に新しい薬や治療法の効果や安全性を科学的に調べる方法です。

引用:国立研究開発法人 国立成育医療研究センター「治験ってなあに?」より

まさか何の試験も行っていない薬や治療を世の中に広める訳にはいきませんし、新しい薬や治療方法の効果や安全性をテストするために行われるのが、『治験』であるようです。

治験のメリットやデメリットは?

次に、

治験のメリットやデメリット

について見ていきたいと思います。

治験のメリット

まず治験のメリットについてですが、

独立行政法人 国立病院機構 広島西医療センター「治験のメリット・デメリット

によると、

1.新しい薬による治療をいち早く受ける事ができます。
2.通常診療より詳しい検査や診察が受けられます。また、治験担当医師が責任を持って診察いたします。
3.専任の看護師・薬剤師が患者の皆様の服薬指導や健康に関する質問・相談をお受けいたします。
4,治験に参加すると、特別診察枠での診察になりますので、予約された時間に来院されれば、検査・診察・受薬を含め待ち時間が短縮されます。
5.治験中、一部のくすり代・検査代の費用が治験薬を開発している会社より支払われるため、治療費の負担が少なくなります。
6.交通費等の負担を軽減する目的で、来院毎に1回7000円の負担軽減費が支払われます。
7.治験に参加される事により医療の発展・同じ症状を持つ人々の治療に役立つ事になります。また、治療の進歩に社会貢献することになります。

引用:独立行政法人 国立病院機構 広島西医療センター「治験のメリット・デメリット

などとしています。

「負担軽減費」という名目で、『謝礼金』を受け取ることもできる

また、

「負担軽減費」という名目で謝礼金を受け取ることができる

という点もメリットとして挙げられるかと思います。

治験を受けるとお金をもらえる

治験を受けると「負担軽減費」という名目で謝礼金を受け取ることができます。入院が必要になる治験だと1泊あたり2万円程度の謝礼をもらえることもあり、効率の良いバイトとして紹介しているサイトもあるほどです。

引用:livedoorニュース「効率のいいバイトとも紹介される治験 申し込むと前段階が大変」より

「負担軽減費」というのもかなり回りくどい言い回しではありますが、そこには大人の事情があるようです。

しかし「負担軽減費」の言い回しを追求したところで話が長くなるだけで特に意味もありませんし、今回のところは割愛させていただきます。

治験のデメリット

次に、

治験のデメリット

についてですが、

・来院や検査の回数が多くなることがある

・薬の飲み方や生活の仕方など、守っていただくことがある

・副作用が出ることがある

などとされています。

1.治験薬の効果や安全性の確認のために、来院・検査の回数が、通常の治療より多くなります。
2.日誌・記録などをつける事があり、負担が増える事もあります。
3.薬がプラセボであったり、予測しない副作用がみられる可能性があります。
4.併用してはいけない薬・治療の制限など、治験では守らなくてはならない細やかな取り決めがあります。
5.有効性を正しく評価するために、現在のくすりを中止して頂く事もあります。

引用:独立行政法人 国立病院機構 広島西医療センター「治験のメリット・デメリット

やはり、薬や治療の効果を正確に確認するためには決まり事も多く、試験中であるために副作用が出ることもあるようです。

AGA(男性型脱毛症)の治験モニターに応募するには?

ここまで「治験」そのものについてご紹介してきましたが、それでは、

AGA(男性型脱毛症)の治験モニターに応募できるサイト

にはどのようなものがあるのでしょうか?

「インクロム ボランティアセンター」AGA治験モニター募集

AGA(男性型脱毛症)の治験モニターは、

インクロム ボランティアセンターの「AGA治療薬の治験に参加していただける方募集

などで募集しています。

治験モニターを募集している「インクロム」は、発毛剤の「リアップ」シリーズなど、
3試験で計414名が治験に参加した実績のある企業です。

今回参加できる条件としては、

実施する治験の内容により異なりますが、以下の写真の2-4の方が対象

とされています。

引用:インクロム ボランティアセンター「AGA治療薬の治験に参加していただける方募集」より

また、治験が行われる場所は、

クリニック名住所
ToCROMクリニック東京都新宿区四谷三栄町4-9
大阪治験病院大阪府大阪市淀川区宮原4-1-29

の2箇所となっています。

主なメリットやデメリットなどは、

【メリット】
・薬、診察、検査の費用はゼロ
・新しい薬を試すことができる
・負担軽減費を受け取ることができる
・医療や薬の進化、発展に貢献できる

【デメリット】
・来院回数、検査回数、通院時間
・プラセボ(偽薬)の可能性
・規則正しい服薬や来院
・副作用の可能性

などとされており、先ほどご紹介した治験に関する情報と、大きな違いは無いようです。

引用:インクロム ボランティアセンター「AGA治療薬の治験に参加していただける方募集」より

その他の治験モニター募集サイトは?

また、AGA治療以外にも様々な治験モニターの情報が欲しいという場合には、

治験ボランティア【シスモール】

安心実績のJCVN治験モニター

などといったサイトもあります。

これらのサイトに登録しておく事で、AGA治療だけでなく、様々な治験モニターの情報を得る事ができます。

AGA(男性型脱毛症)治験モニターへの参加が難しい場合、手軽に試せる薄毛対策は?

ここまで、AGA(男性型脱毛症)治験モニターに関する話題を中心にご紹介してきました。

しかし、

AGA(男性型脱毛症)治験モニターは、自分には無理そう・・・

と思われる方もいらっしゃるかと思います。

もし、

手軽に試せる薄毛対策

を探しているという場合、

無料体験がある

副作用の心配がほとんどない

効果を実感できるのが早い

などといったメリットがある、

「増毛」サロン

を利用してみるのも一つの選択肢です。

「増毛」の無料体験ができるサロンには、

スヴェンソンの増毛体験

増毛体験ならアデランス

などがあります。

さらに「マープ無料増毛体験」だけでなく、「ヘア・フォーライフ無料お試し体験」「無料ヘア・チェック」「育毛トライアルコース」など、多彩な無料体験コースを用意しているサロンには、

アートネイチャー

があります。

また増毛サロンではありませんが、薄毛の原因となる可能性のある「角栓様物質(角栓)」の除去などといった「抜け毛防止ケア」を無料体験できる育毛サロンには、

バイオテック

があります。

もし、AGA(男性型脱毛症)治験モニターへの参加は難しいという場合でも、利用しやすい「無料体験」のある増毛サロンなどから、様々な薄毛対策を試してみるのも考えられる選択肢であるように思われます。

まとめ

今回は、

・治験のメリットやデメリットは?

・AGA(男性型脱毛症)の治験モニターに応募するには?

などに関する話題についてご紹介してきました。

・来院回数、検査回数、通院時間

・プラセボ(偽薬)の可能性

・規則正しい服薬や来院

・副作用の可能性

などといったデメリットのある、

インクロム ボランティアセンターの「AGA治療薬の治験に参加していただける方募集

ではありますが、一方で、

・薬、診察、検査の費用はゼロ

・新しい薬を試すことができる

・負担軽減費を受け取ることができる

・医療や薬の進化、発展に貢献できる

などといったメリットも非常に多いです。

もし、デメリットよりもメリットに魅力を感じるという方は、

インクロム ボランティアセンターの「AGA治療薬の治験に参加していただける方募集

への参加も検討されてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました