PRP療法で毛髪や頭皮の再生による薄毛治療が可能に!導入クリニックは?

近年、薄毛の治療方法は日を追うごとに多様化しています。

その様子は、まさに人類(の髪)の存亡をかけた総力戦と言っても過言ではない状況です。

そして、薄毛に悩む方々が思い描く理想の状態は、

毛髪の再生

ではないかと思います。

ところで「再生」といえば、近年注目されている再生治療に、

PRP療法

があります。

このPRP療法ですが、近年では有名スポーツ選手が怪我を治療するための方法として選択するケースが増えているようです。

PRP(多血小板血漿)とは、血小板を高濃度に含んだ血漿のことです。採血した自分の血から精製し、患部に注射をします。怪我した組織の修復の促進が期待され、スポーツによる怪我に対して、体の負担が少ない治療方法として、注目されています。

肘や膝蓋靱帯、アキレス腱の故障、ハムストリングの肉離れなどに用いられるケースが増えています。

ヤンキースの田中将大投手は2014年の右肘靭帯の部分断裂時、メジャーの投手で一般的な治療法となっている靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)ではなく、PRP療法を選択しました。

引用:THE ANSWER『大谷翔平が受けた「PRP療法」って何? スポーツ界注目の「注射」は何がスゴイのか』より

一見、薄毛治療とは関係なさそうに見える「PRP療法」ですが、

実は、「PRP療法」による毛髪再生治療がある

というのをご存知でしょうか?

今回は、

PRP療法による毛髪再生治療

に関する話題です。

PRP療法とは?

まず、

PRP療法とはなんなのか?

について、簡単に振り返ってみたいと思います。

PRP療法は、自己治癒力をサポートする治療法

少しスポーツ医学の領域に入ってしまいますが、下記の記事によると、

PRP療法は、自己治癒力をサポートする治療法

であり、

・自分の血液中の、血小板が多く含まれる部分のみを抽出し、自己PRPを作成する

・PRP中には成長因子が豊富に含まれている

・作成したPRPを自分の身体に注射することで、その部分の組織の修復が促進され、早期治癒などの効果をもたらす

などといった内容の治療方法であるようです。

PRP療法は、この”自分で自分を治す力(自己治癒力)”をサポートする治療法として、ヨーロッパやアメリカでは頻繁に行われている治療法です。

自分の血液を約20㏄とり、特殊な技術を用いて血液中の血小板が多く含まれる部分のみを抽出し、自己PRPを作成します。

このPRP中には、成長因子が豊富に含まれますので、これを自分の身体の傷んだ部分に注射することにより、その部分の組織の修復が促進され、”早期治癒”や”疼痛の軽減”効果をもたらします。

引用:順天堂大学医学部付属 順天堂医院「多血小板血漿(PRP)による治療とは」より

PRP療法では副作用を起こすことが滅多にないとされている

さらに、

PRPは自分の血液であるため、副作用を起こすことは滅多にない

という特徴もあるようです。

また、PRPは自分の血液ですので、薬物のように副作用を起こすことは滅多にないというのも、この治療が欧米でも広く支持されている理由の一つです。

引用:順天堂大学医学部付属 順天堂医院「多血小板血漿(PRP)による治療とは」より

この点については別記事、

多くの日本人が悩んでいる切実な問題の一つに、 薄毛 があります。 薄毛に悩む日本人の推定人口は、 ・男性1300万人...

などでもご紹介している、自分の髪を自分に移植する薄毛治療である「自毛植毛」に通ずるところもあるように思います。

やはり当然といえば当然かもしれませんが、自分の髪や血液を自分に使用するというのは、副作用が起こりにくい方法であるようです。

スポーツ選手が怪我を治療するための方法として、PRP療法を選択するケースが増えている

また、冒頭でも少し触れましたように、近年ではスポーツ選手が怪我を治療するための方法としてPRP療法を選択するケースが増えているようです。

代表的なところでは、メジャーリーガーとして活躍している田中将大選手や大谷翔平選手がいらっしゃるようですが、全員挙げていくとキリがない程に、スポーツ界における怪我の治療方法としてPRP療法が広まっているようです。

PRP療法(自己多血小板血漿注入療法)は、海外では10年以上の実績があり、ヤンキースの田中将大選手や、エンゼルスの大谷翔平選手が、右肘の靱帯損傷でPRP療法を行なったことでも知られています。

引用:Dr.KAKUKO スポーツクリニック「PRP療法(自己多血小板血漿注入療法)」より

PRP療法による毛髪再生治療とは?

ここまでご紹介した内容を見ますと、PRP療法というのはスポーツにおける再生治療という印象を持たれる方も多いかもしれません。

しかし冒頭で少し触れましたように、近年では、

PRP療法による毛髪再生治療

も行われ始めているようです。

厚生労働省の審査を通過しなければPRP療法を行う事はできない

しかし、

厚生労働省「再生医療について

でも事細かに記されているように、厚生労働省の審査を通過しなければPRP療法を行う事はできません。

つまり、

どんなクリニックでも気軽にPRP療法による毛髪再生治療を行う事ができる訳ではない

という事になります。

PRP療法による毛髪再生治療を導入しているクリニックは?

厚生労働省の審査を通過しなければ行う事ができないPRP療法ですが、PRP療法による毛髪再生治療を行っているクリニックには、

AGA治療専門のTOMクリニック

などがあります。

毛髪再生治療におけるPRP療法は、

PRPを頭皮に注入することで、毛母細胞を再生し発毛を促す治療方法

となっています。

毛髪再生治療 –PRP療法–

PRP療法とは、ご自身の血液に含まれるPRPを抽出し、それを頭皮に注入することで毛母細胞を再生し発毛を促す治療方法です。

PRPとは多血小板血漿のことを指し、英名であるplatelet-rich plasmaを略した表記になります。そして、このPRPについて詳しく説明していくと、血小板に含まれるPRPに細胞を再生する成長因子を多数含んでおり、これらが複合的に作用することで細胞を再生していきます。

例えば、子供の時にこんなことはありませんでしたか?外で遊んでいて、怪我をした時。怪我した次の日には、傷口にかさぶたが出来て知らない間に傷口が治っていくたということ。まさにこれが、PRPの力なのです!

この能力を薄毛治療で応用し、PRPを頭皮に直接注入することで毛母細胞自体を再生させ発毛能力を蘇らせます。

引用:AGA治療専門のTOMクリニック

また、先ほどご紹介したPRP療法の特徴にもありましたように、PRP療法による毛髪再生治療においても、

副作用や拒絶反応がほとんどでない

という特徴があるようです。

AGA治療と違う!毛髪再生治療のメリットはコレ

薄毛治療において、まだ頭皮自体が髪の毛を発毛出来る状態であることも重要なポイントであると言えます。

発毛させる頭皮環境にする毛髪再生治療と従来のAGA治療にはないメリットがあります。

引用:AGA治療専門のTOMクリニック

さらに、

AGA治療専門のTOMクリニック

では、

無料カウンセリング

を行っており、

無料カウンセリングを実施する中で、クリニック側と患者側のお互いが納得しない限り、治療を行わない

としていますので、安心して薄毛治療に関する相談を行う事ができるように思われます。

また、別記事、

別記事、 では、 ・自毛植毛とは? ・自毛植毛の施術方式の種類 ・株(グラフト)とは? などに...

などでもご紹介した事がありますが、

AGA治療専門のTOMクリニック

では「自毛植毛」を始めとした幅広い薄毛治療を行っているため、PRP療法にこだわらずに幅広い選択肢の中から薄毛治療を行う事ができるのも特徴です。

クリニック名 AGA治療専門のTOMクリニック
支払い方法 現金、クレジットカード、メディカルローン(医療分割):月々3,000円~
無料カウンセリング あり
クリニック所在地 【池袋院】東京都豊島区東池袋1-15-3 近代グループBLD.12 7F(Googleマップで見る

【新橋院】東京都港区新橋3-7-3 新橋フォディアビル5F(Googleマップで見る

最新の情報は、必ず「AGA治療専門のTOMクリニック 」サイト内にてご確認下さい。

まとめ

今回は、

PRP療法による毛髪再生治療

に関する話題についてご紹介してきました。

スポーツの世界ではすでに幅広く認知されている「PRP療法」ですが、いよいよ薄毛治療の世界においても「PRP療法」が広がっていきそうな気配です。

もし、

他のどんな薄毛治療でも効果が感じられない

という悩みをお持ちの方は、PRP療法による毛髪再生治療を行っている、

AGA治療専門のTOMクリニック

の無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする