子乗せ電動アシスト自転車が高い!電動自転車は短期間ならレンタルが安い?

スポンサーリンク

日本の多くの家庭において欠かせないアイテムの一つに、

自転車

があります。

自転車の中でも特に高額なものには

電動自転車(電動アシスト自転車)

がありますが、特に子どもを乗せて走ったりするのには労力が少なくて便利ではあるものの、高額であるために購入をためらってしまう場合も少なくないものと思います。

ところで近年は、買うのではなく借りる「レンタル」サービスが非常に多くなってきています。

購入すると非常に高価なものであっても、レンタルであれば安く済むという場合も少なくありません。

そこで今回は、

子乗せ電動自転車(電動アシスト自転車)のレンタル

に関する話題です。

子乗せ電動自転車(電動アシスト自転車)を購入する場合の相場は?

まず、子ども乗せ電動自転車を購入する場合の相場はどのくらいなのでしょうか?

価格の安さで有名なネット通販ショップ

Amazon

における、2019年4月現在最も安い子乗せ電動自転車の価格は、

115,800円(税込)

となっていますので、基本的にはこの価格が最低ラインであろう事が予測されます。

もっと安く子乗せ電動自転車を利用するには?

これだけ高価な子乗せ電動自転車ですから、どうせならできるだけ長く使っていきたい所ではありますが、

・転勤の予定など、何らかの理由で短期間しか利用しない

・子どもが大きくなったら電動自転車は使わなくなる

・自転車に乗せる子どもが1人から2人に増える予定がある

などといった場合もあるかと思います。

そんな時は

子乗せ電動自転車をレンタルする

という選択肢もあります。

子乗せ電動自転車のレンタルサービスは?

子ども乗せ電動自転車のレンタルサービスには、

子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルはMBR

がありますが、ここからは

子乗せ電動自転車をレンタルするとどれくらい安いのか?

について見て行きたいと思います。

子供乗せ電動アシスト自転車レンタル「MBR」とは?

電動自転車の料金を比較する前に、

子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルはMBR

について簡単にご紹介していきますと、

・前乗せから後乗せへ、2人用から3人用へなど、お子様の成長に合わせて乗り換えOK

・レンタル中の消耗品(バッテリー含む)交換は無料

・配送料無料(ただし、時間指定は別途サービス料が必要)

などといった特徴のある電動アシスト自転車のレンタルサービスです。

また、対応エリアは以下のようになっています。

【東京都】
23区、昭島市、稲城市、清瀬市、国立市、小金井市、国分寺市、小平市、狛江市、立川市、多摩市、調布市、西東京市、八王子市、羽村市、府中市、福生市、町田市、三鷹市、武蔵野市、武蔵村山市、東久留米市、東村山市、東大和市、日野市、西多摩郡瑞穂町

【神奈川県】
横浜市、川崎市、相模原市緑区(大島、大山町、上九沢、下九沢、田名、西橋本、二本松、橋本、橋本台、東橋本、元橋本町)、相模原市中央区、相模原市南区、横須賀市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、逗子市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、三浦郡葉山町、高座郡寒川町

【埼玉県】
さいたま市、川越市、熊谷市、川口市、行田市、所沢市、加須市、本庄市、東松山市、春日部市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、吉川市、ふじみ野市、北足立郡伊奈町、入間郡三芳町、比企郡滑川町、比企郡嵐山町、比企郡小川町、比企郡川島町、比企郡吉見町、比企郡鳩山町、児玉郡美里町、児玉郡神川町、児玉郡上里町、大里郡寄居町、南埼玉郡宮代町、南埼玉郡白岡町、北葛飾郡杉戸町、北葛飾郡松伏町

【千葉県】
我孫子市、市川市、市原市、印西市、印旛郡栄町、印旛郡酒々井町、浦安市、柏市、鎌ケ谷市、木更津市、佐倉市、白井市、袖ケ浦市、千葉市、東金市、富里市、流山市、習志野市、成田市、野田市、船橋市、松戸市、八街市、八千代市、四街道市

【大阪府】
大阪市、豊中市、箕面市、池田市、茨木市、尼崎市、伊丹市、吹田市

子供乗せ電動アシスト自転車レンタル「MBR」料金表

次に下記の表が、

子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルはMBR

の料金一覧になります。

※2019年4月現在の情報となります。
最新の情報は必ず「子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルはMBR 」サイト内にてご確認下さい。

レンタル料金 前子供乗せ電動自転車 後子供乗せ電動自転車 3人用電動自転車
1ヶ月契約料金 10,800円 10,800円 11,880円
3ヶ月契約月額 10,800円
(3ヶ月終了後月額 8,640円・毎月更新)
10,800円
(3ヶ月終了後月額 8,640円・毎月更新)
11,880円
(3ヶ月終了後月額 9,720円・毎月更新)
6ヶ月契約月額 8,640円
(6ヶ月終了後月額 5,400円・毎月更新)
8,640円
(6ヶ月終了後月額 5,400円・毎月更新)
9,720円
(6ヶ月終了後月額 6,480円・毎月更新)
1年契約月額 5,400円
(1年終了後月額 4,860円・毎月更新)
5,400円
(1年終了後月額 4,860円・毎月更新)
6,480円
(1年終了後月額 5,940円・毎月更新)
2年契約月額 4,860円
(2年終了後月額 4,320円・毎月更新)
4,860円
(2年終了後月額 4,320円・毎月更新)
5,940円
(2年終了後月額 5,400円・毎月更新)

子供乗せ電動アシスト自転車レンタル「MBR」が取り扱っている車両は?

子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルはMBR

では、2019年4月現在、「YAMAHA PAS Kiss mini un」という子乗せ電動自転車を取り扱っているようです。

料金を比較する場合、同じ条件で比較しないと意味がありませんので、

Amazon

にて同じタイプの車両の価格を調査したところ、2019年4月現在は

139,100円(税込)

となっているようです。

ここからは、この条件を元に電動自転車の料金を比較していきたいと思います。

電動自転車料金比較

まず、

子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルはMBR

の、2人乗り電動自転車のレンタル料金を見ていくと、

・1年レンタル5,400円 × 12ヶ月 = 64,800円

・2年レンタル 4,860円 × 24ヶ月 = 116,640円

となります。

先ほどご紹介した

Amazon

の同車両の2019年4月現在の価格は

139,100円(税込)

でしたので、1年レンタルならば「MBR」が圧倒的に安く、2年レンタルでもまだ「MBR」が安くなっています。

さらに、

レンタル中の消耗品(バッテリー含む)交換は無料

というサービスもありますので、万が一の場合でも安心です。

「MBR」では『前乗せ』から『後ろ乗せ』など、自転車のタイプを乗り換えられるのがポイント

また、子乗せ自転車を利用する上で考える必要があるのが、

子どもを「前に乗せるか」、「後ろに乗せるか」

があるかと思います。

下記の記事などによると、

2歳から6歳前後までは、子どもが見えて安心感がある「前に乗せる」など、基本的に利用する期間の子供の年齢で選ぶことが多い

とされています。

子供乗せ自転車は何歳から何歳まで使えるの?

子供乗せ自転車は、使用年齢によって二種類に分かれます。1歳ごろから3歳ごろまで利用でき、ハンドル付近のフロント部分に子どもが座るチャイルドシートを取り付ける「前乗せ」タイプと、2歳から6歳前後までが使用可能期間で、後輪のリアキャリアの上部に乗せる「後ろ乗せ」タイプです。

引用:ウーマンエキサイト「子育て情報『利用する際は事故や転倒に要注意! 子供乗せ(電動)自転車のTOP7選。』」より

もし、高価な子乗せ電動自転車を購入してしまった後に、

やっぱり家の子には合わなかった・・・

となってしまっては非常に面倒な事になってしまいますが、

さらに先ほどご紹介したように、「MBR」では

・前乗せから後乗せへ、2人用から3人用へなど、お子様の成長に合わせて乗り換えOK

というサービスを実施しており、万が一途中で「前乗せ」から「後乗せ」へ、またはその逆へと乗り換えたくなった場合でも困る事がありません。

まとめ

今回は、

子乗せ電動自転車(電動アシスト自転車)のレンタル

に関する話題をご紹介してきました。

最後に簡単にまとめますと、

・同じタイプの車両であれば、2年借りてもレンタルが安い

・途中で「前乗せ」「後乗せ」「3人用」などを乗り換えたくなっても安心

・レンタル中の消耗品(バッテリー含む)交換は無料

などというのが、

子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルはMBR

の特徴です。

もし子乗せ電動自転車の購入を迷っているという方は、

子供乗せ電動アシスト自転車のレンタルはMBR

のようなサービスで気軽にレンタルから始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする