大学中退からの就活!正社員を目指す20代におすすめの無料就職支援サービス

日本人の多くが生きていく上で直面する問題の一つとして、

「就職活動(就活)」

があります。

今回は就職活動(就活)の中でも、

20代の就職活動(就活)

に関する話題です。

大学卒業予定者、大学中退・フリーター、それぞれの正社員就職状況は?

まず、

・大学卒業予定者
・大学中退(専門学校含む)
・フリーター

それぞれの正社員としての就職状況はどのようになっているのでしょうか?

大学卒業予定者の正社員就職状況(大学内定率)は、「比較的堅調」

まず、大学卒業予定者の正社員就職状況(大学内定率)についてですが、2019年3月卒業予定者の就職内定率は2018年10月1日の時点で、

77%

となっており、2018年~2019年にかけての売り手市場を反映してか、比較的堅調な数字になっているといえます。

人材不足が深刻化しているとされる採用市場を反映して、大学内定率は過去最高を記録した。厚生労働省と経済産業省の発表によれば、2019年3月卒業予定者の就職内定率は今年10月1日の時点で77%となり、調査を開始した1996年以降最高を記録した。就職活動において学生有利の「売り手市場」が堅調な状況が一層浮き彫りになった格好だ。

引用:財経新聞ホームページ「大学卒業予定者の就職内定率、過去最高 売り手市場続く」より

大学中退(専門学校含む)からの正社員就職状況は、「100人に1人~2人」

大学卒業予定者の正社員就職状況(大学内定率)は比較的堅調である事が分かりました。

それでは、何らかの理由で途中で大学を辞めてしまった、大学中退(専門学校含む)からの正社員就職状況はどのような状況でしょうか?

こちらは大学中退者(専門学校含む)全体のうち、

「一貫して非正規雇用」が約50%

「無職」も14%

と非常に厳しい状況となっています。

さらに

「正社員に定着」はわずか1.7%

とこちらも非常に厳しい数字であると言わざるをえません。

大学中退者(専門学校含む)の就職状況は「一貫して非正規雇用」が約5割で最多。「無職」も14%あった。「正社員に定着」はわずか1.7%にとどまった。

引用:講談社ホームページ「文科省が大学中退実態を本格調査 非正規雇用増加の要因にも 無視できない社会的損失[教育]」より

フリーターからの正社員就職状況は、「2人に1人」

最後に、フリーターの正社員就職状況はどのような状況でしょうか?

ちなみに近年では、

フリーター経験者の4割を大学・大学院卒者が占める

など、フリーターの高学歴化が進んでいる傾向があります。

2001 年にはフリーター経験者の4割を高卒者が占めていたが、2016 年には大学・大学院卒者が4割を占めるようになった。学歴別にフリーター経験率をみると、2001 年に比べると 2016 年の方が高卒者も大学・大学院卒者も高くなっている。

引用:独立行政法人労働政策研究・研修機構『「フリーター経験者の高学歴化と正社員化減少 ―「第4回 若者のワークスタイル調査」―」 』より

そしてフリーター経験者の中で、現在の雇用・就業形態を問わず、正社員になろうとしたことがある人の割合は

【2016年】
男性:77.4%
女性:66.0%

となっているのに対し、そのうち実際に正社員になれた人の割合は、

【2016年】
男性:61.9%
女性:40.8%

となっており、

正社員になろうとして、実際に正社員になれた人は男女合わせて2人に1人

という結果ですので、こちらもかなり厳しい状況であると言わざるを得ません。

また残念ながら、特に女性には厳しい状況といえます。

フリーターからの正社員化への状況についてはあまり改善しておらず、特に男女間の格差が開いた

引用:独立行政法人労働政策研究・研修機構『「フリーター経験者の高学歴化と正社員化減少 ―「第4回 若者のワークスタイル調査」―」 』より

正社員就職、特に「大学中退」は非常に厳しい・・・

ここまで、

・大学卒業予定者
・大学中退(専門学校含む)
・フリーター

それぞれの正社員就職状況についてみてきました。

大学卒業予定者

は近年の売り手市場も手伝ってか比較的堅調です。

しかし、

フリーターは2人に1人の確率

とかなり厳しい状況となっています。

さらに

大学中退(専門学校含む)は100人に1人~2人

と、残念ながらほとんど絶望的な状況と言わざるを得ません・・・

正社員就業率が高い!大学中退でもOKの正社員就職を支援する無料サービスとは?

しかし、大学中退やフリーターの方も、諦めるのはまだ早いです。

近年では、

大学中退やフリーターの方でも無料で利用可能な正社員就職支援サービス

が存在するのをご存知でしょうか?

そしてそれらのサービスの中には、

就職成功率を明示

し、さらに

就職成功率が非常に高い

サービスが存在します。

下記の記事では、

・正社員への就職率が非常に高いサービス

・無料で利用できる就職支援サービス

などをご紹介しています。

近年では、 ・完全無料 ・正社員就職率:90%以上 などといったサービスを展開する就職・転職支援付きITスクールが...
近年は本当に様々な正社員就職支援サービスが存在しています。 そのため、 どの就職支援サービスを利用すればよいか分からない...

IT系企業が正社員登用に積極的な理由 ~IT人材不足~

ところで、下記の記事ではIT系企業へ就職するためのサービスをご紹介しています。

近年では、 ・完全無料 ・正社員就職率:90%以上 などといったサービスを展開する就職・転職支援付きITスクールが...

しかしなぜこれだけIT系企業、およびIT業界の正社員就業率が高く、人材確保に力を入れているのでしょうか?

それは、

IT人材の不足

によるところも非常に大きいです。

経済産業省の調べによると、

IT人材の不足の規模は2030年の中位のシナリオで59万人、最大で79万人

に達する試算だそうです。

逆にいえば、IT人材が不足している状況の中で、

近年では、 ・完全無料 ・正社員就職率:90%以上 などといったサービスを展開する就職・転職支援付きITスクールが...

などの記事でご紹介しているようなサービスが熱心に人材を育成して正社員を送り出そうとしている今こそが、

正社員になるための絶好のチャンス

であるといえます。

経済産業省の調べによると、IT人材の不足の規模は2030年の中位のシナリオで59万人、最大で79万人に達するという。この調査に対して、AWSの長崎社長は「なんとなく感じていたものの、この数字は予測を上回る」と語る。

引用:EnterpriseZine『「IT人材は2030年に60万人不足」AWSが育成プログラム発表』より

最初は誰もが「未経験」

もし、これまでITに縁が無かった方でも必要以上に不安になる必要は全くありません。

当たり前の話ですが、

最初は誰もが「未経験」

です。

ちなみに私が一番最初に触ったプログラミング言語は「HTML」でしたが、知識も何も一切無い、何も分からない状況から始めました。

といいますか、「明日からやれ!」とパワハラ的に押し付けられました(苦笑)

でも、やってみれば案外何とかなるものです。

要は何事も、

やるか、やらないか

です。

※関連記事:転職・就職率が高い!無料で利用できる就職・転職支援付きITスクール比較

近年では、 ・完全無料 ・正社員就職率:90%以上 などといったサービスを展開する就職・転職支援付きITスクールが...

まとめ ~大学中退でも正社員は可能!~

今回は、

20代の就職活動(就活)

に関する話題をご紹介してきました。

繰り返しにはなってしまいますが、特に

大学中退

フリーター

の正社員就職はかなり高いハードルと言わざるを得ません。

しかし近年では、そういった境遇を気にすることなく正社員就職を目指せるサービスも多数存在します。

もし、

正社員になりたいのに全然上手くいかない

ことで悩んでいる20代の大学中退やフリーターの方は、諦める前に、

近年では、 ・完全無料 ・正社員就職率:90%以上 などといったサービスを展開する就職・転職支援付きITスクールが...
近年は本当に様々な正社員就職支援サービスが存在しています。 そのため、 どの就職支援サービスを利用すればよいか分からない...

の記事でご紹介している就職支援サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする