二見興玉神社と月夜見宮(三重/伊勢)

二見興玉神社

海鮮丼をたべて体勢を立て直した私は、雨にもマケズに伊勢市駅から電車に乗って二見興玉神社を目指します!

二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)は御祭神に猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)を祀り、縁結び・夫婦円満・交通安全などにご利益のある神社とのことです。

御祭神に猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)を祀り、縁結び・夫婦円満・交通安全などにご利益のある神社。

正面に見える夫婦岩は、沖合約700m先に鎮まる猿田彦大神縁りの霊石「興玉神石」と、日の大神を遙拝するための鳥居とみなされています。古くより神宮参拝の前に二見浦の海水で心身を清める禊をする「浜参宮」という習わしがあり、現在でもまず神社に参拝し、お祓いを受けてから神宮へ向かう参拝者も多いです。

引用:観光三重ホームページ

二見興玉神社

二見興玉神社

二見興玉神社 鳥居

二見興玉神社 鳥居

二見興玉神社 夫婦岩と蛙

二見興玉神社 夫婦岩と蛙

二見興玉神社 竜宮社 御由緒

二見興玉神社 竜宮社 御由緒

この頃には雨でびしょびしょ、足もボロボロ、後で振り返ると写真もほとんどありませんでした(苦笑)

しかし、二見興玉神社の参拝を終え、いったん伊勢市駅に戻った私はさらに行きます!

月夜見宮

目的地は伊勢市内の月夜見宮です!

月夜見宮の御祭神は月夜見尊(つきよみのみこと)で、天照大御神の弟神で内宮別宮 月読宮のご祭神と同じとのことです。月読宮は月読尊と荒御魂をそれぞれ別の社殿にお祀りしていますが、月夜見宮は、月夜見尊と月夜見尊荒御魂を一つの社殿に合わせてお祀りしているそうです。

ご祭神は月夜見尊。天照大御神の弟神で内宮別宮 月読宮のご祭神と同じです。月読宮は月読尊と荒御魂をそれぞれ別の社殿にお祀りしていますが、月夜見宮は、月夜見尊と月夜見尊荒御魂を一つの社殿に合わせてお祀りしています。
月夜見宮は、外宮北御門から西へ伸びる「神路通かみじどおり」の先にあり。樹齢数百年の楠を始め、たくさんの木々に囲まれた神域は、市街地と思えない静かで穏やかな佇まいです。

引用:伊勢神宮ホームページ

月夜見宮 入口

月夜見宮 入口

月夜見宮

月夜見宮

写真にも大粒の雨が写っていますが、さすがにビショビショのドロドロでここまでが限界でした(笑)

この後は宿に戻ってシャワーを浴びて、伊勢市駅前で地元の美味しい料理とお酒をしこたまいただいて休み、明日は帰路に着くはず、でした。。

そして、奈良へ

次の日の朝、伊勢市駅から帰路に着くはずだった私ですが、なんだか行ける気がした私は、ほとんどその場の思いつきと勢いで奈良方面への電車に乗ってしまいましたw

目指すは、奈良県桜井市の大神神社です!!!

という事で、伊勢の旅は、奈良の旅へと続きます(笑)

思いつきと勢いで大神神社へ さて、伊勢神宮とその周辺を、雨にまみれながらも思う存分満喫した私は、翌朝、帰路に着く予定を思いつきと勢いで変更...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする