AGA・薄毛治療薬の個人輸入や輸入代行の危険性は?輸入薬の約半数が偽物?

AGA治療薬や、薄毛治療薬の入手方法の一つに、

・個人輸入

・輸入代行

があります。

安価で治療薬を入手できるこれらの方法を検討されている方もいらっしゃるかと思いますが、AGA・薄毛治療薬の個人輸入や輸入代行に危険性はないのでしょうか?

今回は、

AGA・薄毛治療薬の個人輸入や輸入代行の危険性は?

などに関する話題です。

前提として「AGA・薄毛治療薬は非常に強い薬」

まずそもそもの大前提として、

・AGA・薄毛治療薬は非常に強い薬である

・副作用のリスクがある

という事を忘れてはなりません。

生えなくなった毛髪を再び生やそうなどといった薬なのですから、当然といえば当然です。

有名な治療薬のリスクは?

例えば、薄毛治療薬として知名度が高い成分に、

・フィナステリド

・デュタステリド

・ミノキシジル

などがあります。

これらの成分について、2018年に7年ぶりに改定された、

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

を元にそれぞれの成分の安全性や副作用について見ていきますと、下記のような説明がされています。

※出典:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

治療方法 推奨度  主な副作用など
フィナステリドの内服 ・男性型脱毛症:A(行うよう強く勧める)

・女性型脱毛症:D(行うべきではない)

・妊婦に投与すると男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼす恐れがある

・妊婦または妊娠している可能性のある女性、授乳中の女性への投与は禁忌である

デュタステリドの内服 ・男性型脱毛症:A(行うよう強く勧める)

・女性型脱毛症:D(行うべきではない)

・妊婦に投与すると、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがある

・女性への投与は禁忌である

ミノキシジルの内服 D(行うべきではない) ・男性型脱毛症に対する治療薬としても認可されている国はない

・それにもかかわらず、医師が安易に処方したり、一般人が個人輸入で入手し服用することがあるので、医薬品医療機器等法の観点から問題視されている

・ミノキシジルの内服療法は、利益と危険性が十分に検証されていない

※引用:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

さらに,フィナステリド同様,妊婦に投与すると DHT の低下により男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあり女性への投与は禁忌である.

以上のように,男性型脱毛症に対するデュタステリド内服の発毛効果に関して,高い水準の根拠があるので,内服療法を行うよう強く勧める.

他方,女性型脱毛症には内服療法を行うべきではない

※引用:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

さらにデュタステリド同様,妊婦に投与すると DHT の低下により男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼす恐れがあり,妊婦または妊娠している可能性のある女性,授乳中の女性への投与は禁忌である.

以上のように,男性型脱毛症に対するフィナステリド内服の発毛効果に関して,高い水準の根拠があるので,内服療法を行うよう強く勧める.他方,女性型脱毛症には内服療法を行うべきではない.

引用:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」より

ミノキシジル内服の有用性に関して臨床試験は実施されていない.

ミノキシジルは降圧剤として開発されたが本邦では認可されていない.

また,男性型脱毛症に対する治療薬としても認可されている国はない.それにもかかわらず,全身の多毛症を起こす副作用があることを根拠に,医師が安易に処方したり,一般人が個人輸入で入手し服用することがあるので,医薬品医療機器等法の観点から問題視されている.

多毛症以外のミノキシジル内服薬の副作用の報告は少なく,内服用製剤の添付文書中の市販後調査欄に,胸痛,心拍数増加,動悸,息切れ,呼吸困難,うっ血性心不全,むくみや体重増加などの重大な心血管系障害が生じるとの記載がある.

以上のように,ミノキシジルの内服療法は,利益と危険性が十分に検証されていないため,男性型脱毛症・女性型脱毛症ともに行わないよう強く勧められる.

引用:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」より

特に女性に対しては、非常に危険な副作用が多い

ここまでの情報をご覧いただければ分かるように、非常に有名な成分である「ミノキシジル」でさえ、

一般人が個人輸入で入手し服用することがあるので、医薬品医療機器等法の観点から問題視されている

とされており、さらに女性型脱毛症に対する「フィナステリド」や「デュタステリド」の内服の評価にいたっては、

・妊婦に投与すると、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼす恐れがある

・女性への投与は禁忌である

など、非常に厳しい言葉が並んでいます。

※関連記事

薄毛対策として比較的有名だと思われるものに、 ミノキシジル があります。 しかし、この「ミノキシジル」には副作用の...
薄毛といえば、主に男性の悩みだと思われる方が多いかと思います。 しかし近年は、 薄毛に悩む女性も増加している とさ...

男性にもある、安易な薄毛治療薬の使用による危険な副作用

ここまでは女性に対する副作用の情報が多かったですが、薄毛治療薬の副作用は女性に限った問題ではありません。

下記の記事によると、安易に個人輸入代行サイトなどで手に入れた「ミノキシジル」や「アボダート」などの薄毛治療薬による副作用として、

・全身毛だらけ

・寿命短縮

・勃起不全

・乳房肥大

などといった内容が紹介されています。

そして、

効果や謳い文句に釣られて薬を試す前に、まずは専門医に相談したほうが間違いない

としています。

経口タイプのミノキシジルの場合は、心臓や肝臓、腎臓の負担が大きく、寿命を縮めてしまう恐れもあるという。現在、これらの薬はインターネットの個人輸入代行サイトなどで簡単に手に入れることができるが、使用するにあたっては細心の注意が必要だ。

(中略)

フィナステリドは、この5アルファリダクターゼの働きを抑制するため、AGA治療に効果的なのだ。とはいえ、プロペシアは現在こそ主流となっているが、「性欲減退」「勃起不全」などの副作用があり、なかには効果が表れない人も少なくないという。

(中略)

アボダートは、日本では前立腺肥大症の薬として処方されているのみで、AGA治療薬としては未認可だ。そのため、自己責任による個人輸入代行で入手するしかないが、Bさんのように、とんでもない副作用に悩まされるリスクもある。

(中略)

育毛剤やAGA治療薬の選択は、薄毛に悩む男性にとって最大の課題だ。しかし、効果や謳い文句に釣られて薬を試す前に、まずは専門医に相談したほうが間違いないだろう。

引用:Business Journal「薄毛治療薬は危険!全身毛だらけ、寿命短縮、勃起不全、乳房肥大の副作用」より

AGA・薄毛治療薬の安易な個人輸入に対して、国からも注意喚起がなされている

さらに、

厚生労働省「プロペシア(PROPECIA)(男性型脱毛症用薬)に関する注意喚起について

においても、プロペシア(成分名:フィナステリド)に対し、

安易な個人輸入などでは絶対に購入してはいけいない

と注意喚起がされています。

※関連記事

薄毛治療にも非常に数多くの種類がありますが、その中でも比較的有名だと思われる成分のひとつに、 プロペシア(成分名:フィナステリ...

個人輸入などで購入した医薬品は、偽物である危険性が非常に高い

また、下記の記事によると、

・インターネット経由で発注・入手した治療薬のうち約40パーセントが偽造医薬品だった

・国内で被害にあいやすいのは、インターネットを通して医薬品を個人輸入するなど、通販を利用した場合

などといった点について紹介されています。

「国内で被害にあいやすいのは、店頭ではなく、インターネットを通して医薬品を個人輸入するなど、通販を利用した場合です」(坪井氏)

そうはいうものの、大半の人は「まさか」と思うだろう。だが、私たちが考えている以上に、偽造医薬品の脅威は身近にあるのだということを示すデータがある。

昨年、国内で勃起不全(ED)治療薬を製造・販売している4社の製薬会社が合同で実施した偽造ED治療薬に関する調査によると、インターネット経由で発注・入手した治療薬のうち約40パーセントが偽造医薬品だったことが報告されている。

引用:livedoorニュース「ネットで購入する医薬品は約半数が偽造品 身近な脅威を示すデータ」より

偽造医薬品の被害にあいやすい「育毛・養毛薬」

さらに、インターネット経由で偽造医薬品の被害にあいやすいものに、

育毛・養毛薬

が含まれています。

偽造品が多く出回る理由としては、

・安さに釣られる

・対面で買うのが恥ずかしい

といった心理を付いたものであるという点について紹介されています。

まずは、どのような品目の医薬品に注意すべきか知っておくことが大切だ。インターネット経由で偽造医薬品の被害にあいやすいのは「ED治療薬」「抗肥満薬」「育毛・養毛薬」といった医薬品。

引用:livedoorニュース「ネットで購入する医薬品は約半数が偽造品 身近な脅威を示すデータ」より

このような状況ですから、

厚生労働省「医薬品等を海外から購入しようとされる方へ

のような注意喚起が再三にわたり出されるのも仕方のない状況であるといえます。

日本の正規流通経路では、偽造医薬品が紛れ込む事はほとんどない

一方で、

日本の正規流通経路では偽造医薬品が紛れ込む事はほとんどない

ともされています。

AGA治療や薄毛治療を行う場合、やはり日本国内を軸にして考えるのが賢明であるようです。

「わが国の正規流通経路では、偽造医薬品が紛れ込むことはほとんどなく、医療機関や薬局で偽装品が患者さんの手に渡る事件は、極めてまれです。過去にもほとんど例が見られないケースですね」

引用:livedoorニュース「ネットで購入する医薬品は約半数が偽造品 身近な脅威を示すデータ」より

AGA・薄毛治療薬に不安を感じる場合、副作用が少なく、もっと手軽に試せる薄毛対策は?

ここまで、AGA・薄毛治療薬の個人輸入や輸入代行の危険性に関する話題を中心にご紹介してきました。

薄毛治療薬というのは非常に強い薬である場合も多いですし、

AGA・薄毛治療薬に不安を感じる・・・

と思われる方も決して少なくないものと思います。

もし、

副作用の少ない薄毛対策はないのか?

もっと手軽に試せる薄毛対策はないのか?

と思われる場合、

無料体験がある

副作用の心配がほとんどない

効果を実感できるのが早い

などといったメリットがある、

「増毛」サロン

を利用してみるのも一つの選択肢です。

「増毛」の無料体験ができるサロンには、

スヴェンソンの増毛体験

増毛体験ならアデランス

などがあります。

さらに「マープ無料増毛体験」だけでなく、「ヘア・フォーライフ無料お試し体験」「無料ヘア・チェック」「育毛トライアルコース」など、多彩な無料体験コースを用意しているサロンには、

アートネイチャー

があります。

また増毛サロンではありませんが、薄毛の原因となる可能性のある「角栓様物質(角栓)」の除去などといった「抜け毛防止ケア」を無料体験できる育毛サロンには、

バイオテック

があります。

もし、AGA・薄毛治療薬は副作用が心配という場合でも、利用しやすい「無料体験」のある増毛サロンなどから、様々な薄毛対策を試してみるのも考えられる選択肢であるように思われます。

※関連記事

近年の日本においては非常に多くの薄毛対策や薄毛治療が存在しています。 しかし、 ・即効性がある ・すぐに効果が実感...
現代日本には、非常に数多くの薄毛対策や薄毛治療の方法があります。 どの方法を選ぶにせよ、やはりどうしても気になるのは、 ...
現代日本には、「発毛」「育毛」「植毛」「増毛」など、実に多彩な薄毛対策が存在しています。 このうち、「自毛植毛」や「人工毛植毛...
現代日本において、薄毛や抜け毛に悩む方は非常に多いです。 ある調査によると、 20歳以上の日本人のうち、約4,558万人...

まとめ ~独断で安易にAGA・薄毛治療薬を購入、使用するのは危険!必ず医師に相談を!~

今回は、

AGA・薄毛治療薬の個人輸入や輸入代行の危険性は?

などに関する話題についてご紹介してきました。

最後に整理しますと、

・AGA治療薬や薄毛治療薬には副作用のリスクがある

・個人輸入などで購入した医薬品は、偽物である危険性が非常に高い

であり、そもそも、

個人輸入や輸入代行で購入するかどうか以前の問題で、独断で服用するのは基本的に避けるべきであるのがAGA・薄毛治療薬

であると言えます。

やはり、

安易にAGA治療薬や薄毛治療薬を試す前に、まずは専門医に相談するべき

であるのは間違いないようです。

※関連記事

薄毛対策として比較的有名だと思われるものに、 ミノキシジル があります。 しかし、この「ミノキシジル」には副作用の...
薄毛治療にも非常に数多くの種類がありますが、その中でも比較的有名だと思われる成分のひとつに、 プロペシア(成分名:フィナステリ...
AGA治療にも本当に数多くの種類があります。 ・ミノキシジル ・プロペシア(フィナステリド) などはAGA治療にお...
薄毛といえば、主に男性の悩みだと思われる方が多いかと思います。 しかし近年は、 薄毛に悩む女性も増加している とさ...
多くの日本人が悩んでいる切実な問題の一つに、 薄毛 があります。 薄毛に悩む日本人の推定人口は、 ・男性1300万人...
別記事、 では、 ・自毛植毛とは? ・自毛植毛の施術方式の種類 ・株(グラフト)とは? などに...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする