薄毛相談が恥ずかしい?通院せずに安く薄毛・抜け毛の理由・原因を診断する方法は?

現代日本は、非常に多くの人々が薄毛に悩まされています。

そんな方々が特に気になる情報に、

薄毛になる理由

薄毛や抜け毛の原因

があるかと思います。

インターネットや雑誌、テレビなどでは、薄毛の原因に関する様々な情報で溢れかえっていますが、例えば以前の記事、

薄毛やハゲの原因になるとされる物は数多く存在しますが、 重力がハゲの原因になる とする研究がある事をご存知でしょうか? ...

などでは、

重力が薄毛の原因になる

という情報についてご紹介した事があります。

その他にも、「加齢・老化」「紫外線」「食生活」「睡眠」「ストレス」「ホルモンバランス」「遺伝」など、薄毛の原因になるとされるものは非常に数多く、一つ一つ挙げていけば本当にキリがありません。

しかし、これらの薄毛要因が、本当に自分に当てはまっているかどうかというのは、そう簡単に判断できるものではないように思われます。

そこで今回は、

手軽に薄毛や抜け毛の理由・原因を診断する方法

に関する話題です。

薄毛に悩む人々が感じる、自分の薄毛の原因は?

冒頭でも触れましたように、薄毛の原因になるとされるものは非常に数多く存在しています。

ところで、

世の中の薄毛に悩む人々は、自分の薄毛の原因はどこにあると考えているのでしょうか?

基本的に、年齢のせいだと考えている

下記の調査は、

あなたの薄毛は、どんなことが原因だと思いますか。

というものになりますが、

加齢・老化が原因であると考えている人が、男女共に70%前後

となっており、

基本的に、薄毛の原因は年齢のせいだと考えている

という人が非常に多いようです。

◆薄毛の原因は男性、女性ともに「加齢・老化」が1位となった

男性の2位は「遺伝」、女性の2位は「ホルモンバランスの乱れ」と男女の特徴の違いが表れたデータとなった。

Q. あなたの薄毛は、どんなことが原因だと思いますか。(複数回答 n=男性:1,446/女性:617)

引用:株式会社リクルートライフスタイル「薄毛に関する意識調査2019」より

薄毛の原因を、独断で判断するべきではない?

多くの人々が、

薄毛の原因は、加齢や老化であると考えている

ようですが、果たしてこれは本当なのでしょうか?

男性型薄毛(AGA)は、比較的若い年代から進行する

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

によると、男性の薄毛が進行する年代として、

日本人男性の場合、 20歳代後半から30歳代にかけて著明となり,徐々に進行して40歳代以後に完成される

発症頻度は20代で約10%、30代で20%、40代で30%、50代以降で40数%と年齢とともに高くなる

とされています。

確かに、加齢と共に進行するのは間違いなさそうではあるのですが、

20代や30代などといった、比較的若い年代から薄毛の進行が始まるケースも決して少なくはありません。

 日本人男性の場合には 20 歳代後半から 30 歳代にかけて著明となり,徐々に進行して 40 歳代以後に完成される.25 年前の本邦における男性型脱毛症の統計から,日本人男性の発症頻度は全年齢平均で約 30%と報告されている8).

この発症頻度は現在もほぼ同程度であり,20 代で約 10%,30 代で 20%,40 代で 30%,50代以降で 40 数%と年齢とともに高くなる.

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

男性型脱毛症(AGA)の原因は、「加齢・老化」だけとは限らない

さらに、

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

によると、

男性型脱毛症(AGA)の発症には、遺伝と男性ホルモンが関与する

としてはいますが、

「加齢」や「老化」という単語は、一度も出てきません。

自分自身の薄毛の原因を「加齢」や「老化」の一言で片づけてしまうのは、あまりにも諦めが早すぎるというものです。

男性型脱毛症の発症には遺伝と男性ホルモンが関与するが,遺伝的背景としては X 染色体上に存在する男性ホルモンレセプター遺伝子の多型や常染色体の 17q21 や20p11 に疾患関連遺伝子の存在が知られている11).

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

女性型脱毛症の場合、恥ずかしくて相談できない場合も多い

また、女性型脱毛症の場合は男性より複雑で、

男性とは異なり,更年期に多発するようになる

男性ホルモン依存性では病態が説明できない場合も有る

などとされています。

一方,女性では男性と異なり,頭頂部の比較的広い範囲の頭髪が薄くなるパターンとして観察される.発症時期についても男性とは異なり,更年期に多発するようになる12).

また後述する男性ホルモン依存性では病態が説明できない場合も有り13),現在では男性型脱毛症より「女性型脱毛症(female pattern hair loss)」という病名を用いることが国際的にも多くなってきている.

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

さらに問題は、

女性の8割が「薄毛の悩みを相談できない」

という調査結果もあるなど、一人で抱え込んでしまうという点です。

これでは、調べれば分かるかもしれない薄毛の原因も、分からないままに進行し続けてしまう可能性もあります。

女性は薄毛の悩みを誰かに相談できない!?深刻な女性の薄毛の悩み

「薄毛の悩みを誰かに相談したことはありますか?」という質問には、8割以上の方が「相談したことがない」と回答しました。

引用:PRTIMES「【髪は女の命?】女性の8割が「薄毛の悩みを相談できない」と回答!気が付いた時には手遅れになる可能性も・・・」より

安く、手軽に、他人に知られず薄毛の原因を調べる方法は?

原因を独断で決めつけてしまう

誰にも相談できず、一人で抱え込んでしまう

などといった傾向のある薄毛ですが、

安く、手軽に、他人に知られずに薄毛の原因を調べる方法

というのが存在している事をご存じでしょうか?

【発毛・育毛ケアのリーブ21】500円ワンコイン!抜け毛・薄毛・脱毛原因診断キャンペーン

【発毛・育毛ケアのリーブ21】500円ワンコイン!抜け毛・薄毛・脱毛原因診断キャンペーン

は、

「増毛」などでも有名な『リーブ21』が、40年の研究と17万人の診断実績を駆使

して提供する、抜け毛・薄毛・脱毛診断キャンペーンです。

・抜け毛を送るだけ(通院不要)で、薄毛や抜け毛の原因と、最適な対策が分かる

・500円のワンコインで診断可能、送料も無料

などといった特徴があり、

・薄毛治療クリニックは高くて行けない

・恥ずかしくてクリニックに行けない、他人に相談できない

・自分の脱毛原因や、頭皮ケアの方法が分からない

などといった方におすすめしたいキャンペーンです。

まとめ

今回は、

手軽に薄毛や抜け毛の理由・原因を診断する方法

に関する話題についてご紹介してきました。

自分自身が独断で考えている薄毛の原因や頭皮ケアの方法というのは、必ずしも正解であるとは限りません。

また、薄毛の悩みを一人で抱え込むというのも精神衛生上、決して良いものではありません。

もし、

・薄毛治療クリニックは高くて行けない

・恥ずかしくてクリニックに行けない、他人に相談できない

・自分の脱毛原因や、頭皮ケアの方法が分からない

などといった悩みを抱えている方は、

【発毛・育毛ケアのリーブ21】500円ワンコイン!抜け毛・薄毛・脱毛原因診断キャンペーン

のような利用しやすい薄毛診断を利用してみるのも、一つの選択肢ではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする