派遣切り、雇い止めにあったら?就職保証サービスや脱企業依存で事前対策を

派遣労働者が同じ職場で働ける期間を最長3年とした、改正労働者派遣法が施工されてから、2018年9月30日で3年が経ちました。

その3年という区切りの中で、派遣労働者の派遣切りや、雇止めといった問題が表面化しているようです。

派遣労働者が同じ職場で働ける期間を最長3年とした改正労働者派遣法が9月30日で施行から3年。改正法には派遣労働者の正社員化を促す狙いがあったが、人件費が増す直接雇用の形で雇い続けることには慎重な企業が少なくないのが実情だ。長く同じ職場で働いてきた派遣社員が雇い止めとなる「派遣切り」も出始めている。

引用:西日本新聞ホームページ

そこで今回は、派遣労働者の派遣切りや雇止めといった問題についてや、実際にそういった事態に遭遇する前の対策について考えてみました。

派遣という働き方について

まず派遣という働き方を選んでいる方の場合、大きく分けて下記の2パターンに分類されるのではないかと思います。

・ゆくゆくは正社員になりたい

・正社員に興味はない

正社員になりたい場合、企業に対する考えの甘さがあるなら改めるべき

先ほどご紹介した記事にもあったように、改正労働者派遣法は元々、

3年で派遣労働者の正社員化を促す目的があった

という話ではありますが、個人的には元々、

なんて甘い目論見なんだろう

という印象を持っていました。

正社員の平均勤続年数は、インターネット業界の最大手企業でも2年~5年

例えば、私にも比較的馴染みのあるインターネット業界に関していえば、

業界最大手の企業の正社員でさえ、平均勤続年数は2年~5年

程度です。

※参考記事:インターノウス社「IT業界とは」

正社員ですら安定はない

終身雇用があたりまえだった数十年前と比べ、正社員ですら安定しているとは言い難い時代なのに、有期雇用である派遣社員はなおさら安定しないのは当然の道理です。

3年経ったからといって本当に派遣社員が大事に扱われるのか?

正社員でさえ2年~5年程度の勤続年数であるのに、

派遣社員が3年経ったら正社員ね!

なんて、本当にそれほど大事にされるでしょうか?

どれだけ正社員より仕事ができ、スキルが高かったとしても、大抵の場合、

良い仕事をしても昇給などもめったになく、3年経ったら「はい、さよなら」で使い捨て

がほとんどの場合の現実だと思います。

同じ会社で秘書として10年勤めるBさん(42)も今夏で雇い止めになった。仕事量は正社員と同等で残業もこなしてきたが、時給は1030円。昇給は10年で10円だった。

引用:西日本新聞ホームページ

ましてや正社員に及ばない業務内容やスキルの派遣労働者であるなら、なおさらの事、「はい、さよなら」で使い捨てが現実です。

無期雇用の契約を結べたとしても、待遇が良くなるとは限らない

もし仮に無期雇用の契約を結べたとしても、下記の記事のように

派遣労働時代以上の責任を押しつけられつつ、給与は据え置きか、派遣労働時代以下

にされるケースも十分に考えられます。

北九州市のコールセンターで勤める女性(57)は昨年、派遣会社と無期雇用契約を結び、同じ職場で働けることになったが「時給は以前と同じ1200円。待遇が良くなったわけではない」と話した。

引用:西日本新聞ホームページ

ある派遣労働者が受けた仕打ち

これはある知り合い(ということでお願いします)の派遣労働者が派遣先から受けた仕打ちですが、

それなりに仕事が速い派遣労働者が毎日全力で頑張っても、

どうやっても定時内では終わらない程の業務量を毎日押し付けられた挙句、

ある日突然、望まない部署への明日からの異動を告げられ、

「今の部署でもう少し頑張りたい」とお願いしたところ、

問答無用で

「言うことを聞けないならウチには置いておけない」

と告げられたそうです。

派遣会社に相談したところ、結局何もしてくれなかったそうです。

もちろん企業によって対応の差はあると思いますが、こういった例もあるという事で、少々ご紹介させていただきました。

正社員希望の有無に関わらず、特定の企業に依存しない環境を自分の手で作るべき

「派遣切り」や「雇い止め」と言いますが、逆に言えば、

派遣労働者側も、契約満了でもって就業を終了する事ができる、「企業切り」や「就業止め」のような事をできる立場

にあります。

派遣労働者側も、正社員にはない自由な立場を生かしつつ、

特定の企業のみに依存して不当に搾取される事のない、

働き方、働く企業、自分の人生を自分の意志で選ぶ事のできる、

強い自分、強い生活基盤を構築するべき

であると考えます。

企業側の判断によって振り回され、生活を決められるような人生で、あなたは本当に満足ですか?

特定の企業のみに依存しない働き方を考える

ここからは、特定の企業のみに依存しない働き方や生き方について考えてみたいと思います。
働き方が多様化している現代には、生活の基盤を構築するためのさまざまな方法があります。

特定の企業に所属しない「フリーランス」

派遣労働者のなかで、自らのスキルに自身のある方は、フリーランスという働き方にシフトする選択肢もあります。

フリーランスは近年注目されはじめている働き方で、特定の企業・団体・組織に所属せず、自らのスキルを武器に働く独立した個人事業主、個人企業法人です。

確かにフリーランスという働き方は何事も自己責任の側面が強くなってきますが、それを言うなら派遣労働も、企業や派遣会社を必ずしもあてにできない働き方です。

フリーランスには高額案件も非常に多い

収入面で見ると、派遣会社が仲介する派遣労働だけでなく、正社員と比較しても、

働いた分のより多くが自身の収入と直結する

ため、

フリーランスの方が上になるような高額案件も非常に多い

です。

フリーランスの経済規模

また、フリーランスという働き方の経済規模は、日本経済新聞の記事によると、

・フリーランスの経済規模が20兆円(日本総給与支払額の10%)を突破

となっており、2018年の時点で既にフリーランスとして収入を得ている方は非常に多くなっており、今後も経済規模は拡大を続けると見られています。

●フリーランスの経済規模が20兆円(日本総給与支払額の10%)を突破

ランサーズは、過去12ヶ月に仕事の対価として報酬を得た全国の20-69歳男女(3,096人)を対象に「フリーランス実態調査」(2018年版)を実施しました。今年で4年目となる調査では、広義のフリーランスの推計経済規模が初の20兆円を超え、日本の総給与支払額の10%を占めることになります。また、広義のフリーランス個人の平均報酬は186万円となり、昨年比12%増加傾向となりました。

引用:日本経済新聞ホームページ

無料エントリーして、すぐにフリーランスとして働く

すぐにフリーランスとして働けるだけのスキルを身につけているという方は、フリーランス向け求人サイトをどんどん利用して、高額案件情報を手に入れるべきです。

下記の記事では、高額案件多数のフリーランス向け求人サイトをご紹介しています。

近年注目されている働き方の一つに、 フリーランス があります。 フリーランスにはフリーランスなりの苦労も多いですが...

派遣切りや雇い止めに負けないスキルを身につけるためのスクール(無料体験あり)

派遣切りや雇い止めといった事態に負けず、自分の人生を自分で決め、企業に頼らない生き方を目指すには、やはり何かしらの武器や、それ相応の実力が必要不可欠です。

特に自分のスキルに自身がないという方は、何かしら武器となるスキルを身に付ける事や、今持っているスキルを向上させる事で、正社員、フリーランス、派遣労働、副業、いずれの働き方においても選択の幅が確実に広がります。

下記の記事では、派遣切りや雇い止めといった事態に負けないためのスキルを身につけられるスクールなどをご紹介しています。

近年の日本は、 プログラミングスキルの習得が当たり前 の時代になりつつあります。 文部科学省や大手企業など、様々な...
みなさんは、Google Apps Script(GAS)をどのように学んでいますか? こちらの記事でも少し触れた事があるのですが、G...

無料で始められる副業で、新たな収入源を確保する

副業で収入源を確保するというのも選択肢のひとつです。

副業がある程度軌道に乗れば、企業へ就業する場合も必ずしもフルタイムである必要はなくなるなど、非常に選択の幅が広がります。

日本経済新聞によると、副業の経済規模は、

・副業(本業・副業を区別しない労働者を含む)フリーランスの数は744万人、経済規模は7兆8280億円

となっており、既に副業を持っているのは当たり前の時代になりつつあります。

また下記の記事によると、副業で成功をおさめ、最終的には副業が本業になるといったケースも少なくないようです。

●「副業元年」業務委託ベースの副業経済は8兆円規模へ!

広義のフリーランスのうち、副業(本業・副業を区別しない労働者を含む)フリーランスの数は744万人、経済規模は7兆8280億円となり8兆円近い規模になりました。業務委託ベースのパラレルワーカー数が伸長している傾向にあり、会社員から副業を経て個人独立オーナーのフリーランスとして独立するケースも見られます。

また、副業フリーランスの職種として接客や作業の仕事のほか、営業などのビジネス系の仕事が半数を超える結果となりました。

引用:日本経済新聞ホームページ

下記の記事では、無料で始められる副業情報を中心にご紹介しています。

近年は本業のお仕事の他に、 副業でお金を稼ぐ 人が急速に増えており、特に2018年は、 副業元年 という言葉...

派遣の登録会社を増やす

派遣会社によっては派遣会社自体が派遣先との交渉の障害になってしまう事もあるようです。

やはり派遣社員として働きたいと思いつつも、現在の派遣会社の対応に満足できない場合は、派遣会社を変える事も視野に入れるべきです。

2019年4月より全てのお仕事で交通費を別途支給!「パーソルテクノロジースタッフ」

パーソルテクノロジースタッフは、

「パーソルテクノロジースタッフ」は、TVやCMなどでもお馴染みの、知名度の高い派遣会社で、

・ITエンジニア(ほかIT業界全般)

・Webクリエイター

・ものづくりエンジニア

などに特化した派遣サービスです。

派遣社員というと交通費は自腹を切るのがほとんどですが、

パーソルテクノロジースタッフでは

2019年4月より全てのお仕事で交通費を別途支給

するという、派遣社員にとってはありがたいサポートを展開しています。

関東の派遣情報を探すなら【リクナビ派遣】

リクナビ派遣は、

・関東地方を中心に4万件以上のお仕事情報を掲載

・派遣社員をサポートする様々なコラムや情報を掲載

といった特徴のある、非常に利用しやすい派遣情報サイトです。

正社員になりたい!

それでもやはり正社員になりたい!

という方も当然いらっしゃると思います。

そういった方におすすめなのが、

・転職や就職を保証するサービス

・転職や就職の確率が非常に高いサービス

などになります。

そういったサービスを利用する事で、より確実に正社員への道を歩むことができるようになります。

下記の記事では、

・正社員への転職・就職を保証するサービス

・正社員への就職率が非常に高いサービス

などをご紹介しています。

近年では、 ・未経験OK! ・転職できなければ全額返金! などといったサービスを展開する 転職・就職保障型I...
近年では、 ・完全無料 ・正社員就職率:90%以上 などといったサービスを展開する就職・転職支援付きITスクールが...
近年は本当に様々な正社員就職支援サービスが存在しています。 そのため、 どの就職支援サービスを利用すればよいか分からない...

まとめ ~様々なサービスを有効活用しつつ、柔軟な考えで立ち回る~

今回は、派遣切りや雇い止めといた問題から、

特定の企業のみに依存しない働き方

正社員になりたい方の選択肢

などについてご紹介してきました。

もう一度述べますが、働き方が多様化している現代には、生活の基盤を構築するためのさまざまな方法があります。

特定の企業、特定の生き方にこだわり過ぎると、いざ派遣切りや雇い止めといった苦難に遭遇した場合、柔軟に対応することができません。

そういった事態に遭遇する前に、必要以上に企業に依存するだけでなく、自分らしい生き方を歩んでいくためにはどういった手段が考えられるかを、今一度模索していただく機会になりましたら幸いです。

フリーランスとして働く

近年注目されている働き方の一つに、 フリーランス があります。 フリーランスにはフリーランスなりの苦労も多いですが...

スキルを身に付ける

近年の日本は、 プログラミングスキルの習得が当たり前 の時代になりつつあります。 文部科学省や大手企業など、様々な...
みなさんは、Google Apps Script(GAS)をどのように学んでいますか? こちらの記事でも少し触れた事があるのですが、G...

副業を探す

近年は本業のお仕事の他に、 副業でお金を稼ぐ 人が急速に増えており、特に2018年は、 副業元年 という言葉...

就職・転職保障型サービス

近年では、 ・未経験OK! ・転職できなければ全額返金! などといったサービスを展開する 転職・就職保障型I...

就職・転職率の高いITスクール

近年では、 ・完全無料 ・正社員就職率:90%以上 などといったサービスを展開する就職・転職支援付きITスクールが...

正社員就職率の高い就職支援サービス

近年は本当に様々な正社員就職支援サービスが存在しています。 そのため、 どの就職支援サービスを利用すればよいか分からない...