子どもをスポーツ選手に育てたい!回り道しないための遺伝子検査とは?

スポンサーリンク

近年は若き日本人アスリート達が世界中で活躍し、輝かしい成績を残しています。

野球では大谷翔平選手

テニスでは錦織圭選手や大坂なおみ選手

フィギュアスケートでは羽生結弦選手

ボクシングでは井上尚弥選手

などなど、全員挙げていったらキリがないほどです。

そんな若き日本人アスリートが世界中で活躍するのが当たり前のようになってきたスポーツ界ですが、

もし自分があのスポーツ競技をやっていたらどうだったのだろう?

本当はどんなスポーツ競技が向いていたのだろう?

あるいは、

自分の子どもはどんなスポーツ競技が向いているのだろう?

自分の子どもはどのスポーツ競技を始めれば成功する可能性があるのだろう?

とか考えた事はないでしょうか?

今回はそんな、自分やその子どものスポーツの才能や適正に関する話題です。

自分に向いているスポーツ競技ってなんだろう?

人生において何かしらのスポーツ競技を経験した事のある方は非常に多いと思いますが、

もし自分があのスポーツ競技をやっていたらどうだったのだろう?

本当はどんなスポーツ競技が向いていたのだろう?

と考えた事のある方も少なくないのではないでしょうか。

私の場合・・・

ちなみに私がこれまである程度まともに練習しつつ経験したことのある主なスポーツ競技といえば、

・野球

・バレーボール

・砲丸投げ

・バスケットボール

などになります。

高校最後の体育祭あたりになると、リレー、バスケ、バドミントン、サッカーやらなんやら片っ端から借り出されてヒーヒー言わされる程度の運動能力は一応ありましたが、どのスポーツ競技が向いていたかと言われると、正直よく分かりません。

強いて言えば持久力系よりは瞬発力系の方が向いていたとは思いますが、それなりの努力はしたものの、どのスポーツも最終的には「そこそこ」みたいな成績や実力でしたし、どのスポーツも区切りの良いタイミングですっぱりと止めてしまいましたので、おそらくはどれも大して向いてはいなかったのかもしれません。

やり始めてから数年経って才能がない事に気付いても、時すでに遅し・・・

正直なところ、あるスポーツ競技をやってみてから数年も経てば、向き不向きというのはある程度は見えてくるとは思います。

しかし残念ながら、

気付いた頃には別のスポーツ競技をやり直す時間は既に無かった

という場合も多いと思います…

できればやり始める前に競技の向き不向きに気付ければ、それが最善のようにも思います。

もし自分の子どもに何かしらのスポーツ競技を始めさせるとしたら、何を基準にしますか?

子どもを持つ親御さんの場合、

自分の子どもはどんなスポーツ競技が向いているのだろう?

自分の子どもはどのスポーツ競技をやれば成功する可能性があるのだろう?

などと考えた事のある方も多いと思います。

下記の調査によると、実に25%の親御さんが自分の子どもをスポーツ選手に育てたいと思っているそうです。

自分の子供をスポーツ選手に育てたいと思うか、という設問では「育てたいと思う」が25%となり、ママたちの約4人に1人が、子供の運動能力や選手になって活躍することに高い関心を持っていることがわかった。

引用:@DIMEアットダイム「母親の4人に1人が「我が子をスポーツ選手に育てたい」」より

冒頭でもご紹介したように、近年では若き日本人アスリートが世界中で大活躍を収めています。

自分の子どもにも、できれば一番向いているスポーツを始めさせて、ゆくゆくは大成功を収めてほしいと願っている親御さんも非常に多いのだろうと思います。

ありがちなスポーツ競技を始める基準

自分の子供をスポーツ選手に育てたい

自分の子どももスポーツ界において大成功を収めてほしい

という場合、子どもが小さい頃に、

どんな基準で

どのスポーツ競技を始めるか

というのは非常に重要だと思います。

子どもがスポーツを始める場合、

親や家族などの身内に勧められた(またはやっていた)

兄弟や友達がやっていたからなんとなく

親が好きなスポーツ選手と同じ競技

などという方も非常に多いと思いますが、その選び方で本当に良いのでしょうか?

もちろんその始め方が悪い訳ではないのですが、子どもをスポーツ選手として育てたいと思うならば、より子どもに合ったスポーツの選び方ができればそれに越した事はないようにも思います。

それにやり始めてから何年も経ってから「やはり向いていなかった」となっては、無駄とまではいいませんが、別のスポーツへ転向する時間が無くなってしまう可能性も十分に考えられます。

遺伝子検査で得意分野を発見し、スポーツを選ぶ最新テクノロジー

近年では「遺伝子検査」のテクノロジーがどんどん発展し

遺伝子検査によって得意分野や才能を発見し、方向性を決める

という方法がアメリカを中心とした海外では非常に注目されており、さらに日本にもそのテクノロジーが普及しはじめています。

DNAでスポーツを選ぶ時代? 得意分野が分かる遺伝子検査に挑戦してみた

きっと世の中にはとんでもない才能を秘めながら、それに気付かず一生を終える人もいるのでしょう。しかし近い将来、自分のスポーツの才能がテクノロジーによって判明するようになるかもしれません。

引用:ITmedia「DNAでスポーツを選ぶ時代? 得意分野が分かる遺伝子検査に挑戦してみた

そこでここからは、自宅でも手軽に遺伝子検査を行う事のできるサービスをいくつかご紹介していきたいと思います。

安心の国内検査で子どもの才能を開花する「GIQ子ども能力遺伝子検査」

【GIQ子ども能力遺伝子検査】は、

・安心の日本国内の医療機関が担当

・自宅で出来るから手間や負担がかからない

・医師からの分かりやすい解析結果コメントを受けられる

・記憶力遺伝子の結果に基づき、最適な学習法を提案

といった特徴のある、子ども向けの遺伝子検査サービスです。

身体能力

はもちろん

学習能力

感性

の検査も受けることができるため、万が一、

残念ながら子どものスポーツの適正が低かった

としても、

その他の分野へと子どもを導いてあげる

事もできます。

またこちらの動画のように、テレビでも紹介されるなど、【GIQ子ども能力遺伝子検査】は非常に注目されているサービスでもあります。

運動能力遺伝子を検査するエクササイズ遺伝子検査キット「DNA EXERCISE」

口腔粘膜でスポーツ遺伝子を調べる【DNA EXERCISE】は、

筋肉のタイプ(速筋タイプや遅筋タイプ)などの運動に関する遺伝子を検査し、向いている運動種目、 効果的なトレーニングを提案してくれる遺伝子検査サービスです。

残念ながら12歳以下の子どもは検査を受けられない

ようですが、

13歳~19歳までなら親の同意があれば検査を受けられますし、

もちろん大人なら問題なく検査を受ける事ができます。

・ジムに通っても思うように効果が出ない

・好きな競技が本当に向いているか悩んでいる

・現在取り組んでいるスポーツの成績が伸び悩んでいる

・スポーツを始める際の参考にしたい

といった方におすすめで、

検査キットを使い、自宅で口腔粘膜を採取して申込書と共に送るだけで、具体的な結果レポートを受け取る事ができます。

さらに、

7000円(税抜)

という安価で気軽に検査を受けられるのもの魅力です。

まとめ ~最新テクノロジーの利用も選択肢~

今回は、遺伝子検査により得意分野を発見し、スポーツを選ぶ最新テクノロジーなどの話題についてご紹介してきました。

下記の記事にもあるように、もちろんDNAで全てが決まる訳でもないですし、検査結果により子どもの可能性を狭めてしまっては本末転倒ではありますが、親も気付かなかった可能性を見出し、子どもの可能性を広げる機会にも十分なりえます。

もちろんDNAで全てが決まるわけではなく、環境や行動による影響も考慮する必要があります。ただ、子どもが自分のDNAの型を知ったがために、興味の分野が狭まったり、挑戦する機会を失ったりするような未来だけは避けなければいけません。

引用:ITmedia「DNAでスポーツを選ぶ時代? 得意分野が分かる遺伝子検査に挑戦してみた

子どもの方向性を示してあげられずに悩んでいる親御さん

子どもが伸び悩んでいるのに何もしてあげられずに悩んでいる親御さん

などは、こういった最新の遺伝子検査テクノロジーを利用して、活路を見出すのもひとつの選択肢ではないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする