植毛の副作用(リスク)とは?ショックロスとは?確認できるクリニックは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

美容医療トラブルというと、「女性」のトラブルというイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、近年では男性の美容医療トラブルも発生しているようです。

そしてその中には、

植毛の副作用や後遺症の説明に関するトラブル

も含まれているようです。

そこで今回は、

植毛の副作用(リスク)

などに関する話題です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

植毛のトラブル事例は?

自毛植毛の副作用(リスク)に関する話題に入る前に、自毛植毛を巡るトラブルに関する下記のニュースについて、色々と気になる点もあります。

まずはそれらについて、少々検証してみたいと思います。

また植毛手術の無料カウンセリングで、自身の後頭部から毛髪を移植する施術を提案された30代の男性は、「副作用や後遺症はほぼない」と説明されて、施術代320万円を承諾。

その後、心配になって自家植毛について調べたところ、皮膚が腫れるなど、さまざまなリスクや副作用があることを知って解約したいと考えるようになるなど、医師から十分な説明を受けていない患者も多い。

引用:ハザードラボ『包茎・薄毛治療…美容医療トラブル「男も2割」高額化の傾向』より

▼植毛のために320万円の手術を契約したが医師からは副作用がないと言われたが自分で調べてみて不安になった。

引用:薄毛治療やひげの脱毛 男性向け美容医療でトラブル相次ぐより

ニュースにより、「副作用がない」「ほぼない」と表現が分かれている

まず、気になる点は、

ニュースにより、「副作用がない」「ほぼない」と表現が分かれている

点です。

ニュース内の施術代の金額やニュースの公開日を考えると、同一案件であるとは思うのですが、「ない」と「ほぼない」では、少なからず違いがあります。

情報量から察するに、「ほぼない」で記載しているニュースの方が正しい情報を発信している可能性は高いようにも感じられるのですが、ニュースメディアには、より正確な情報発信を求めたいところです。

だいたい、別記事、

人工毛植毛は危険?メリットやデメリットは?他の植毛と比較するとどうなの?
薄毛対策、薄毛治療の一つに、植毛があります。 そして植毛には、「人工毛植毛」「自毛植毛」などがありますが、今回は主に、「人工毛植毛」に関する話題です。

でもご紹介しているように、同じ植毛であっても、人工毛植毛と自毛植毛では天と地ほどの差があります。

そこをはっきりさせずに「植毛」と一括りに報道するのは、全くもって正確な情報とは言えないようにも思われます。

(ちなみに、もう片方のニュースは「自毛植毛」ではなく、「自家植毛」となっていますが、原文ままとさせていただいております・・・)

※関連記事

人工毛植毛は危険?メリットやデメリットは?他の植毛と比較するとどうなの?
薄毛対策、薄毛治療の一つに、植毛があります。 そして植毛には、「人工毛植毛」「自毛植毛」などがありますが、今回は主に、「人工毛植毛」に関する話題です。

副作用とは?後遺症とは?

仮に、

「副作用や後遺症はほぼない」

と説明されたとします。

この言葉の真意を見極めるためには、今一度「言葉の意味」をよく理解しておく必要があるかと思います。

「副作用 = 有害作用」とは限らない

まず、

「副作用 = 有害作用」とは限らない

という点を改めて理解しておく必要があります。

下記の記事によると、

副作用

という言葉の意味として、

治療的効果を期待する主作用とは異なる作用

副作用には治療上好ましい作用が含まれる場合もある

などといった点について紹介しています。

治療的効果を期待する主作用とは異なる作用。副作用には治療上好ましい作用が含まれる場合もあり、最近では人体に有害な作用を有害作用(反応)とよぶことが多くなってきている。

引用:アルメディアWEB「医療・ケア用語集」より

この情報を見る限りでは、

「副作用」という言葉は必ずしもデメリットを表す言葉ではない

という事になります。

また、先ほどの記事の中では、

最近では人体に有害な作用を「有害作用(反応)」とよぶことが多くなってきている

ともしています。

確かに、

日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

における植毛の項目においても、「副作用」という言葉は使われておらず、特にリスクを表す記述に対しては、「有害事象」という言葉が使われています。

しかし,日本国内で人工毛植毛術を施行することに医療法上の問題はないが,有害事象の発生を看過できないため,安全性に関する高い水準の根拠が得られるまでは,原則として人工毛植毛術を行うべきではない.

引用:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」より

このように、「副作用はほぼない」と言われた場合、「デメリットはほぼない」と必ずしもイコールの意味合いの言葉ではない点に注意が必要です。

実際、自毛植毛の各クリニックのサイトを注意深くご覧いただければお分かりいただけるかと思いますが、

自毛植毛に対する不安要素に関して、「副作用」という言葉だけでなく、「副作用(リスク)」「リスク」などといった言葉で紹介している場合も多い

です。

もし、自毛植毛に対する不安点を正確に医師から聞き出したい場合、

「副作用はありますか?」

ではなく、

「どのようなリスクがありますか?」

「どのような有害作用(有害事象)が起こる可能性がありますか?」

などのような言い方にした方が、より正確な情報を聞き出せる可能性があります。

もちろん、医師側の説明不足があった可能性もあるかとは思いますが、正確なコミュニケーションを取る上では、「副作用」という言葉より、「リスク」という言葉を選んだ方がより適切であるかもしれません。

「後遺症」とは、将来的に回復が見込めない症状

次に、

後遺症

という言葉についてですが、下記の記事によると、

治療を続けたにもかかわらず完治せず、将来的に回復が見込めない症状

であるとしています。

「後遺症」とは、治療を続けたにもかかわらず完治せず、将来的に回復が見込めない身体的又は精神的な症状が残っているようなことをいいます。

一般的に、被害者の方や医師が考えているのは、「後遺症」です。

引用:弁護士法人たくみ法律事務所

つまり、

治療を続ければ完治する症状や、将来的に回復が見込める症状については、「後遺症」には含まれません。

「後遺症はほぼない」という回答を、「治療を続けても薄毛が改善しないという事はほぼない」と捉えれば、これも少なくとも嘘は言っていない可能性も十分に考えられます。

実際、日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」でも、

自毛植毛術は 82.5%以上という高い生着率が得られる

としており、「ほぼ」という表現から極端に乖離している訳ではないようにも考えられます。

自毛植毛術の有用性に関して,男性型脱毛症や女性型脱毛症に対するシステマティック・レビューやランダム化比較試験は実施されていない.しかし,2015 年度において世界全体で 397,048 件(男性 84.7%,女性 15.3%)の自毛植毛術が実施されている68).さらに,Beehner は著書の中で複数の報告を検討し,自毛植毛術は 82.5%以上という高い生着率が得られることを記載している.

引用:日本皮膚科学会ガイドライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」より

※関連記事

人工毛植毛は危険?メリットやデメリットは?他の植毛と比較するとどうなの?
薄毛対策、薄毛治療の一つに、植毛があります。 そして植毛には、「人工毛植毛」「自毛植毛」などがありますが、今回は主に、「人工毛植毛」に関する話題です。

この男性に問題はなかったのか?

一方で、さきほどご紹介した男性の行動にも少々疑問がつきまといます。

そこでここからは、

この男性に問題はなかったのか?

についても見ていきたいと思います。

なぜ調べる前に契約したのか?

まず、真っ先に気になるのが、

なぜ、植毛について調べる前に契約したのか?

です。

順番として、

「無料カウンセリング」→「契約」→「調べる」→「不安」

だったという事になるかと思いますが、契約してから調べるというのは、いくら何でも調べるのが遅すぎますし、順番がメチャクチャです・・・

先ほどご紹介した記事にも、「すぐに契約しないで」との警鐘が紹介されていましたが、この点については全く同意見です。

何も調べずに契約して、後になって「やっぱり不安」など、いくらなんでも考えなしにも程があります・・・

この男性は、例えば仕事で取引先から納得のいかない条件を提示されても、言われるがままに契約するのでしょうか?

セカンドオピニオンを受け付けているクリニックもある

それに、別記事、

安全で失敗しない自毛植毛にはセカンドオピニオンがおすすめ?受付クリニックは?
費用が高くなりがちな自毛植毛の手術・治療ですから、できるだけ施術内容に納得した上で、かつ信頼できると判断したクリニックで気分良く受けたいものですが、自毛植毛のクリニックにおいても「セカンドオピニオン」を受け入れているクリニックはいくつか存在しているようです。 今回は、自毛植毛のセカンドオピニオンに関する話題です。

でもご紹介した事があるのですが、

アイランドタワークリニック

親和クリニック

自毛植毛専門・ヨコ美クリニック

など、自毛植毛のクリニックの中には、

セカンドオピニオン

を受け付けているクリニックもあります。

※関連記事

安全で失敗しない自毛植毛にはセカンドオピニオンがおすすめ?受付クリニックは?
費用が高くなりがちな自毛植毛の手術・治療ですから、できるだけ施術内容に納得した上で、かつ信頼できると判断したクリニックで気分良く受けたいものですが、自毛植毛のクリニックにおいても「セカンドオピニオン」を受け入れているクリニックはいくつか存在しているようです。 今回は、自毛植毛のセカンドオピニオンに関する話題です。

手間や時間を惜しまずに、複数クリニックで無料カウンセリングを受けてから判断するべき

もし、無料カウンセリングで不安に感じる点があったのであれば、手間や時間を惜しまずに、複数クリニックの無料カウンセリングを受けてみるべきであるように思います。

自毛植毛はそれなりに高額な施術ですし、一生モノの大事な「髪」に関わる事なのですから、

「調べる」→「クリニックAで無料カウンセリング」→「不安」→「調べる」→「クリニックBで無料カウンセリング」→「クリニックBに納得」→「クリニックBと契約」

くらいの手間をかけたとしても、別におかしな話ではありません。

あるいは初めから、

複数クリニックの無料カウンセリングを受ける前提

で、

「調べる」→「クリニックAで無料カウンセリング」→「クリニックBで無料カウンセリング」→「クリニックAの方が好感触」→「クリニックAと契約」

というパターンも考えられるのではないでしょうか?

いずれにせよ、

調べもせず、考えもなしに即契約した男性側の対応にも少なからず問題がある

ようにも考えられます。

「無料カウンセリングは1施術につき1つのクリニックでしか受けられない」などという決まりはありません

し、基本的に全てのクリニックにおいて、そのようなルールは記載されていません。

医師やクリニック側にしっかりした対応が求められているのはもちろんですが、利用者側にもしっかりした判断力が求められているようにも感じます。

自毛植毛の副作用(リスク)は?

そうは言っても、

自毛植毛の副作用(リスク)が気になるというのは当然

です。

そこでここからは、

自毛植毛の副作用(リスク)

についてご紹介していきたいと思います。

まず、ARTAS植毛を行っている

湘南美容クリニック

によると、「施術の副作用(リスク)」として、

施術に伴い、痛み、赤み・熱感、初期脱毛、切れ毛・抜け毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、施術範囲のざ瘡の悪化、コメド、毛嚢炎、膨隆、色素沈着、点状出血、内出血、腫脹、灼熱感、瘢痕が生じることがある

引用:湘南美容クリニック

などといった点が紹介されています。

また、同じくARTAS植毛を行っている、

AGA治療専門のTOMクリニック

でも、

・患部に赤み・腫れが発症

・植毛後、抜け毛が増加

・効果は個人差がある

などといったリスクを紹介しており、

手術の為、絶対ということはありません。少なからずリスクを伴う治療方法です。

としています。

引用:AGA治療専門のTOMクリニック

また、両クリニックにおいて触れられている、「初期脱毛」「植毛後、抜け毛が増加」などといったリスクは、いわゆる

ショックロス

の事であろうと思われます。

「ショックロス」とは、

自毛植毛手術後に植毛部分の毛が抜け落ちてしまう

という現象の事で、

親和クリニック

によると、

・毛が抜け始める時期や抜ける量には個人差がある

・必ずしもすべての人にショックロスが起こるわけではない

・ショックロスが起こって髪の毛が抜けてしまった場合でも、ほとんどの場合で1年ほど経過すれば元の量に戻るとされている

などとされていますが、

一時的なものであり、毛髪の成長サイクルが進めばまた発毛が始まる

ともされています。

ショックロスとは

ショックロスとは、先ほどご説明したように自毛植毛手術後に植毛部分の毛が抜け落ちてしまうことです。手術から1~2ヶ月経過した頃に、自毛植毛を行った場所の周囲に生えていた既存の毛が抜け落ちていってしまいます。

毛が抜け始める時期や抜ける量には個人差があり、また必ずしもすべての人にショックロスが起こるわけではありません。

ショックロスが起こって髪の毛が抜けてしまった場合でも、ほとんどの場合で1年ほど経過すれば元の量に戻るとされています。

毛が抜けることによって不安に感じる患者さまもいらっしゃると思いますが、それは一時的なものであり、毛髪の成長サイクルが進めばまた発毛が始まりますのでご安心ください。

引用:親和クリニック

デメリットやリスクを明記しているクリニックは?

また、自毛植毛のクリニックの中には、

サイト内で自毛植毛のデメリットやリスクを明記している

クリニックも存在しています。

各クリニックが明記しているデメリットやリスクに事前に目を通しておけば、無料カウンセリングにおいても色々と確認を進めやすいはずです。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

は、最先端のメスで切らない「ARTAS(アルタス)」植毛を行っているクリニックです。

クリニック全体の実績としては、

・AGA来院数56,893人の実績(2018年)

を誇ります。

最新の情報は、必ず「湘南美容クリニック」サイト内にてご確認下さい。

クリニック名湘南美容クリニック
開院年2000年
植毛方式【ARTAS(アルタス)植毛、FUE法】

<ARTAS(アルタス)植毛の特徴>

植毛ロボットARTASによって、髪の角度、向き、密度、本数を正確に把握し、ドナー採取部にムラを出すことなく、良質なドナーを採取する手術

 

<ARTAS(アルタス)植毛のメリット>

・切開しないため傷が小さくほとんど目立たない

・切らない植毛を希望の方でも施術可能

・ドナー採取時の傷口の治癒も早い

・デジタル処理で最適な間隔を算出し採取するため、ドナー採取部がムラにならない

・一定の質を維持でき、信頼できる質の毛包を極めて低い切断率で採取可能

・ドナー採取を機械で行うため、人の施術に比べて短時間で終わる

 

<ARTAS(アルタス)植毛の副作用(リスク)>

施術に伴い、痛み、赤み・熱感、初期脱毛、切れ毛・抜け毛、つっぱり感、感覚の鈍さ、施術範囲のざ瘡の悪化、コメド、毛嚢炎、膨隆、色素沈着、点状出血、内出血、腫脹、灼熱感、瘢痕が生じることがある

※出典:湘南美容クリニック

支払い方法現金、デビットカード、ビットコイン、クレジットカード、メディカルローン(月々3000円以上の返済であれば、1回~84回までの分割払いが可能)
対応性別男性、女性
無料カウンセリングあり
クリニック所在地※全国64院(2019年5月時点)の内、自毛植毛を受けられるクリニックは下記のみになります。

【湘南美容クリニックAGA 新宿本院】東京都渋谷区代々木2-2-13 新宿TRビル4階

【湘南AGAクリニック 仙台院】宮城県仙台市宮城野区榴岡2-2-12 アーバンライフ橋本2F

【湘南AGAクリニック 大阪院】大阪府大阪市北区曾根崎新地1-4-12 桜橋プラザビル6F

【湘南美容クリニックAGA 福岡院】福岡市中央区渡辺通4-9-25 天神ロフトビル7階

「湘南美容クリニックAGA 新宿本院」所在地

「湘南AGAクリニック 仙台院」所在地

「湘南AGAクリニック 大阪院」所在地

「湘南美容クリニックAGA 福岡院」所在地

※関連記事

植毛に必要な資格は?厳格なABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)認定医は?
当たり前ではありますが、植毛を行うには医師免許が必要です。 そしてさらに厳格な植毛に関する資格に、「ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)」があります。 今回は、「ABHRS(アメリカ毛髪外科専門医制度)」の認定医などに関する話題です。

TOMクリニック

AGA治療専門のTOMクリニックは、

は、

・最新の「ARTAS(アルタス)」植毛による、メスで切らない自毛植毛

・ARTAS植毛とAGA治療を組み合わせたオリジナルの「BUSH治療」

などといった特徴のある、東京都のAGA治療の専門クリニックです。

最新の情報は、必ず「AGA治療専門のTOMクリニック」サイト内にてご確認下さい。

クリニック名AGA治療専門のTOMクリニック
開院年2013年
植毛方式【ARTAS(アルタス)植毛】

<ARTAS(アルタス)植毛のメリット>

・毛根を傷つけず、採取速度が速い

・術後の回復が早い

・髪の生着率が高い

<ARTAS(アルタス)植毛のリスク>

・術後に、患部に赤みや腫れなどの症状が一時的に発症する可能性がある

・植毛治療後、一時的に髪の毛が抜ける可能性がある

・効果は個人差がある

※出典:AGA治療専門のTOMクリニック

支払い方法現金、クレジットカード、メディカルローン(医療分割):月々3,000円~
対応性別男性、女性
無料カウンセリングあり
クリニック所在地【池袋院】東京都豊島区東池袋1-15-3 近代グループBLD.12 7F

【新橋院】東京都港区新橋3-7-3 新橋フォディアビル5F

「TOMクリニック 池袋院」所在地

「TOMクリニック 新橋院」所在地

まとめ

今回は、

植毛の副作用(リスク)

などに関する話題についてご紹介してきました。

医師やクリニック側にしっかりした対応や十分な説明が求めらている事はもちろんではありますが、一方で、植毛を受ける側も、最低限の知識があるのと無いのとでは雲泥の差があるように思います。

もし、これから植毛を受けようと検討されている方は、契約する前に、あらかじめリスクも確認しておく事をおすすめいたします。

※関連記事

自毛植毛とは?株(グラフト)とは?メリットやデメリット、主な施術方式は?
近年では数多くの育毛剤、薄毛治療法の開発・発表などが続けられていますが、その中でも比較的高い推奨度を誇る注目の薄毛治療に、自毛植毛があります。 今回は、「自毛植毛とは?」「自毛植毛のメリットや特徴は?デメリットは?」などに関する話題です。
自毛植毛10クリニック手術料金・費用比較|安いのは?安くする方法や最安値は?
近年では数多くの育毛剤や、薄毛治療法の開発・発表が続けられていますが、その中でも高い効果の期待できる注目の薄毛治療に、自毛植毛があります。 今回は、「自毛植毛の手術料金・治療費用が安いクリニックは?」などに関する話題です。
安全な自毛植毛クリニックの選び方、ポイントは「医師の経験」?どこで確認する?
自毛植毛においては、「十分な経験と技術を有する医師が施術する場合に限り」施術を行う事が推奨されているようです。 今回は、「自毛植毛のクリニック選び」に関する話題です。
自毛植毛の症例写真が充実しているクリニックは?男性だけでなく女性の症例も?
費用が決して安くはない自毛植毛ですから、クリニック選びの不安を少しでも解消してくれる可能性がある存在として、「症例写真」が挙げられるかと思います。 実際に自毛植毛を受けたモニターによるこれらの写真は、クリニックを選ぶ上で大きな参考になります。 今回は、自毛植毛の症例写真が充実しているクリニックは?などに関する話題です。
刈り上げない自毛植毛のメリットやデメリットは?刈り上げないクリニックは?
自毛植毛といいますと、後頭部を刈り上げるというイメージをお持ちの方も多いかと思います。 しかしクリニックによっては、刈り上げない自毛植毛を行っているクリニックもあります。 そこで今回は、「刈り上げない自毛植毛のメリットやデメリットは?」「刈り上げない自毛植毛を行っているクリニックは?」などに関する話題です。
日帰り可能!土日祝日対応!休診日なし!多忙でも通える自毛植毛クリニックは?
男女共に、働き盛りと言ってよい年代に発症頻度が高くなるのが脱毛症です。 そのため自毛植毛を受けるにしても、「平日は仕事を休めない…」「行ける日が限られる…」「休めても一日だけ…」などという方もいらっしゃるかと思います。 今回は、「日帰り可能」「土日祝日対応」「休診日なし」の自毛植毛クリニックなどに関する話題です。
安全で失敗しない自毛植毛にはセカンドオピニオンがおすすめ?受付クリニックは?
費用が高くなりがちな自毛植毛の手術・治療ですから、できるだけ施術内容に納得した上で、かつ信頼できると判断したクリニックで気分良く受けたいものですが、自毛植毛のクリニックにおいても「セカンドオピニオン」を受け入れているクリニックはいくつか存在しているようです。 今回は、自毛植毛のセカンドオピニオンに関する話題です。
トルコ自毛植毛ってどう?日本は後進国?植え放題のエステセンタージャパンとは?
今回は、「トルコの自毛植毛ってどうなの?」などに関する話題です。
人工毛植毛は危険?メリットやデメリットは?他の植毛と比較するとどうなの?
薄毛対策、薄毛治療の一つに、植毛があります。 そして植毛には、「人工毛植毛」「自毛植毛」などがありますが、今回は主に、「人工毛植毛」に関する話題です。
タイトルとURLをコピーしました