六本木 天祖神社、乃木神社(東京/港区)

今回は出雲大社 東京分祠と赤坂氷川神社に続き、同じく東京都港区の六本木 天祖神社と乃木神社についてご紹介します!

前回の出雲大社 東京分祠と赤坂氷川神社の記事はこちらをご覧ください。

出雲大社 東京分祠 出雲大社といえば島根県出雲市の縁結びの神様というイメージをお持ちの方がほとんどかと思いますが、こちらは東京都港区六本木...

六本木 天祖神社

まずは東京都港区六本木の、天祖神社です。

天祖神社は出雲大社 東京分祠と同様に都会のど真ん中にあり、こちらの方がさらに高層ビルに囲まれている感じです!

通常、御社殿の扉は閉じている事が多い気がするのですが、たまたま?扉が開いていた際にせっかくなので記念に一枚撮影させていただきました。

六本木 天祖神社 御社殿

六本木 天祖神社 御社殿

【御祭神】
伊邪那岐命(いざなぎのみこと)
伊邪那美命(いざなみのみこと)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)

【御由緒】
当神社は、南北朝時代の至徳元年(西暦1384年)から続くお社です。品川沖から毎夜、竜が御灯明を献じたという故事から「竜灯」と呼び、「竜灯」がなまって、この地を「竜土(りゅうど)」と呼ぶようになり、神社の名前も「龍土神明宮」と称えられました。

引用:六本木 天祖神社ホームページ

六本木 天祖神社 鳥居

六本木 天祖神社 鳥居

六本木 天祖神社 狛犬様

六本木 天祖神社 狛犬様

こちらの神社の狛犬様は何故だか分からないですがとても好きです(笑)

東京都港区って東京23区の中でも特に都会の部類に入ると思うのですが、そんなビルだらけで一見、神社仏閣とは縁がなさそうな都会なのに、なぜだか港区はとても素晴らしい神社が多い印象です。

こちらの天祖神社もその例に漏れずに素晴らしい神社で、乾ききった都会の高層ビル群の中の数少ない清浄なオアシスのようです。

また、こちらの神社を参拝させていただいていると、近くのビルのオフィスで働く人々の通り道のようになっている様子も見受けられますが、ご神域(というかそれ以前に人様の土地ですが)を通らせていただいているのですから、せめて鳥居の前で軽く一礼してから通らせていただくとかした方が良いのではないかな~と思うときはあります。(できれば御参拝しましょう!)

神社の参拝といいますと、どうしてもご利益だとかパワースポットですとかそういった言葉が先に出てきがちです。

もちろん私もパワースポットとか大好きですし(笑)、何か良い事があればとても嬉しいので、そこを否定する気は全くないのですが、鳥居の前で頭を下げる、参道の真ん中を歩かない(神様の通り道なので)、拝殿や御本殿の前で頭を下げて感謝の気持ちを捧げる、といった行為により、日頃芽生えてくる傲慢さを捨てて謙虚になる、素直に感謝の気持ちをもつ、という意味でもすごく大事な場所だと個人的には思っています。

(私はそんな偉そうな事を言えるような人間ではないですが・・・苦笑)

乃木神社

続いては同じく東京都港区にある、乃木神社です。

明治時代の日露戦争における旅順攻囲戦の指揮などで活躍した軍人であり、明治天皇の崩御の際に殉死した、乃木希典将軍をお祀りする神社です。

こちらは大正時代の創建との事ですので、全国の神社の中ではかなり新しい部類に入るのかなとは思います。

ご祭神である乃木将軍のご神徳は、「忠誠」という語に表されます。ご祭神の、自らに対し、そして父母、国に対して誠を貫かれたという御事績は、我々日本人が大切にしてきた精神を表しています。

また、ご祭神は文武両道の神でもあります。
武においては軍人として数々の武勲や御事績が示しているように、また文においては学習院長に任ぜられ、昭和天皇の御養育にあたられるなどの教育者としての御事績や、作られた数多くの詩歌、漢詩や書画をみても明らかなように教行両全の学問の神でもあります。

妻として殉じられた静子夫人も、ともに明治天皇に殉じられるまでの30年ほどのあいだ、常に忠孝・質素・仁愛の志あつく、内助の功を尽くされました。その淑徳清操のご生涯もまた世の尊崇を集め、共に夫婦和合の神として祀られています。

引用:乃木神社ホームページ

こちらもまたまた緑が豊かで、大都会・東京都港区である事を一時忘れてしまいそうな空間です。

乃木神社 二の鳥居

乃木神社 二の鳥居

乃木神社 拝殿

乃木神社 拝殿

また、敷地内には乃木将軍が暮らしてた旧乃木邸や宝物殿、乃木公園などもあり、かなり敷地が広くて見所も多い場所となっていますので、訪れる機会のある方はぜひ神社の参拝と合わせて散策してみてください。

ところでたまに思うのですが、こちらの乃木神社はアイドルグループの乃木坂46となにか関係があるんですかね?

たまにそれっぽいファンのような方を見かける気もしますが、乃木将軍と芸能につながりがある気はあまりしないので、ちょっと気になっているところではあります(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする