初めての一人暮らし!お部屋探しや内見のコツと、おすすめ賃貸情報サイト

進学や就職などで新たなスタートを切る際や、現在の住まいに満足できなくなってきた時に必要になってくるのが部屋探しです。

何度か引っ越しの経験を重ねると、ある程度は自分に合った部屋というのが分かってくるものですが、特に最初の引っ越しで右も左も分からない時などは、部屋選びに悩んだり、失敗してしまうことも多いかと思います。

引っ越しには何かにつけて多額の費用がかかりますし、いざ入居してから部屋選びに失敗した事に気づいてしまうと、非常に大きな損害になってしまいます・・・

そんな私も、これまで良い部屋から酷い部屋まで、色々な部屋を経験してきました・・・

そこで今回は、部屋探しに失敗しないための、私なりの部屋探しのポイントなどについてまとめてみました。

個人的に賃貸物件情報サイトを見るのが好き

部屋探しのポイントの前にちょっと雑談にはなりますが、私は賃貸物件のサイトを見るのがけっこう好きでして、自分の好みの部屋や、なんだか怪しい注意書きのある部屋を見ると妙にテンションが上がってしまいます(笑)

賃貸物件情報サイトなどでの部屋探しのポイント

ちょっと脱線してしまいましたが、ここからはこれまでの経験から考える、私なりの賃貸情報サイトでの部屋探しのポイントをいくつか挙げていきたいと思います。

部屋に求める条件の優先順位をつける(譲れない条件と、妥協できる条件を明確に決める)

まず賃貸物件情報サイトなどで部屋探しをする前にするべきことは、

部屋に求める条件の優先順位をつける(譲れない条件と、妥協できる条件を明確に決める)

事です。

部屋探しをする際に情報サイトを見ると分かりますが、指定できる条件は、

・家賃
・部屋の間取りや広さ
・木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造
・職場や学校からの距離や所用時間(駅数)
・バストイレ別
・収納スペースの有無や広さ
・キッチンの仕様
・洋室、和室
・セキュリティー
・階数
・角部屋
・バルコニーの有無
・洗濯機などの設置個所(室内、室外)
・駅から徒歩何分以内
・近くのお店やコンビニの有無

など非常に多岐に渡り、物件情報の数も膨大で、何のあてもなく探すのは極めて非効率ですし、自分に合った物件に出会いにくくもなります。

もちろん家賃に糸目をつけないのであれば、希望する全ての条件を満たした部屋を見つける事も簡単であるとは思いますが(笑)、大抵の場合はある程度限られた家賃内での部屋探しになると思います。

支払える家賃に上限がある場合は、希望する全ての条件を満たした部屋を見つけるのは中々に難しいです。

それに、自分が良い条件だと思った部屋は、必ず他にも良いと思っている人がいるので、うだうだ迷っているとあっという間に埋まってしまいます。

そのため、まず

自分の中で部屋に求める優先順位をしっかり整理し、

譲れない条件と、妥協できる条件を明確にしてから部屋探しに挑む

と、無駄が少なくて効率的です。

実際に部屋を内見する際のポイント

入居する部屋の候補を決めた後は、実際に現地へ赴いて部屋を内見することになります。

そこで、部屋を内見する際のポイントについて、私なりにいくつか挙げてみたいと思います。

まず直感が大事(部屋や物件に対する第一印象)

ちょっとアバウトで申し訳ないですが、部屋や物件に対する直感や第一印象は大事にした方が良いです。

物件を内見した際、

・なんか暗い
・湿気が多い
・空気が悪い
・変な匂いがする

などといった感覚を受ける場合もあると思いますが、これは自分を信じて良いと思います。

少し見学しただけでは気付かない要因や、目に見えない要因というのも必ず存在しますので、直感や第一印象で合わない物件や部屋は、無理に選ばず避けるのが賢明です。

もちろんそれとは逆に、

・部屋が明るい
・空気が良い

などのような良い印象を受けた場合は、その部屋は候補に入れて良いと思います。

ゴミ捨て場、郵便受け、ベランダを見る(入居者の民度やマナー、管理の行き届き具合の確認)

他の入居者の民度やマナーや、管理の行き届き具合を見る方法として、ゴミ捨て場や郵便受けを見る、さらには見える範囲でベランダを見る、という方法があります。

・ゴミの日ではないのにゴミが出ている
・ゴミ捨て場が汚い
・郵便受けが荒れている
・ベランダが異常に荒れている部屋がある

などといった物件は、住民の民度やマナーが低く、また管理も行き届いておらず、なにかしらのトラブルに巻き込まれる可能性も高いと言えます。

ちなみにこれは少々余談にはなりますが、以前、「金返せ!」みたいな張り紙が沢山貼ってある物件を目撃した事がありますが、もはや論外です(苦笑)

壁ドン(防音性能の確認)

これは変な意味ではなくて(笑)、部屋や物件を内見する際に壁を数か所、軽く叩いてみてください。

(本気でぶん殴ったら駄目ですよ!)

これは建物の音の響き具合を確かめるためのもので、

音が壁の中で響くような部屋は、隣室などの音を通しやすい

ですし、逆に

音が響かない部屋は音を通しにくい

です。

基本的にはやはり鉄筋コンクリート造は文字通りコンクリートなので音が響きにくいですし、次いで鉄骨造、一番響くのは木造になるかと思います。

私も一時期、騒音に苦しめられた経験がありますので、音に対する確認はしておいた方が良いように思われます・・・

※関連記事

みなさんは、不眠や寝不足に悩まされたことはありますか? ストレス、悩み、病気、花粉症、騒音、不規則な生活など・・・ なか...

私が見た残念な部屋

私も今までいくつもの部屋や物件を見てきましたが、今まで見た中で一番残念な部屋をご紹介します。

窓が閉まらない(鍵もかからない)

それは、

窓が閉まらない(鍵もかからない)部屋

でした(笑)

部屋や間取りも結構広くて、駅からも近く、その割にどうも家賃が安いので少々怪しんでいたのですが、窓にエアコンか何かの部品が挟まっていて、窓が閉まらず、鍵もかけられない部屋でした。

おそらくそのせいで家賃が安かったんだと思いますが、ちょっと防犯面を考えるとこんな部屋は選べません(笑)

というか、入居者を募集する前にこの窓をなんとかしろよって感じですよね・・・

窓閉まらなかったらエアコン意味ないし・・・

件数や情報が豊富で、お得なキャッシュバック付きの賃貸物件情報サイト

ここからは、物件の情報が豊富で、さらにお得なキャッシュバックサービスを展開している賃貸物件情報サイトをご紹介していきます。

【最大10万円】の引越し祝い金がもらえる!「キャッシュバック賃貸」

キャッシュバック賃貸は、

入居決定で最大10万円の引越し祝い金がもらえる賃貸物件情報サイトです。

またそれだけでなく、

公開物件数:全国650万件以上(2018年10月現在)

と非常に充実しているのが特徴です。

・アパマンショップ
・minimini
・ハウスコム
・ヘヤギメ!
・レオパレス21
・ハウスメイト
・SUUMO

などといった日本全国の有名な賃貸物件サイトの情報を網羅しています。

さらに、家賃の相場や用語など、賃貸に関する様々なサポート情報も豊富に掲載されています。

そのため、キャッシュバック賃貸を見れば、賃貸物件に関するほとんどの問題は解決してしまうのではないかというほどの、充実したサイトです。

【最大9.9万円】の引越し祝い金がもらえる!「DOOR賃貸」

「DOOR賃貸」も入居決定で引越し祝い金がもらえる賃貸物件情報サイトです。

入居決定で最大9.9万円もらえる!お部屋探しの【DOOR賃貸】

こちらも

公開物件数:全国450万件以上(2018年10月現在)

と非常に充実した賃貸物件情報を掲載しています。

また、

・ペット可
・敷金礼金なし
・防音・楽器可
・保証人不要
・新築・築浅
・女性専用
・5万以下
・家具家電付き

などといった条件を分かりやすく選べるようになっているのも特徴です。

不動産屋さんに合わなくてOK!LINEで部屋探しができる、遠距離引越しに便利な「AWANAI賃貸」

・引越し先から遠くて気軽に行けない方

・不動産屋さんがが苦手な方

などには、

AWANAI賃貸

というサービスもおすすめです。

AWANAI賃貸は、

LINEで部屋探しができる

サービスで、

全ての手続きがオンラインでほぼ完結し、鍵の受け取りも郵送で対応してくれます。

遠距離引越しの体験談(遠距離の部屋探しは大変です・・・)

この。AWANAI賃貸のサービスを見ると、思い出すことがあります。

それは遠距離の引越しで、しかも始めて単独で部屋探しをした時の事です。

その当時は遠距離の引越し先に、直接乗り込んで部屋探しをしました。

ですが、

滞在費に限りがあるため、1泊2日以内に部屋を決めなければなりませんでした。

今にして思えば他の色々な要素も含めてかなり無鉄砲な行動でしたが、まあ何とかなるだろうと思いつつ、いざ引越し先に乗り込んでみると、土地勘が無いためどこに行ったら良いのかすらよく分かりません。

しかも不動産屋さんって、

雑居ビルなどに店舗を構えていることも多く、基本的にもの凄く入りづらい

です。

さらに言うと、不動産屋さんも一度来店したお客さんを簡単には逃がしたくないので、

好みの物件が無かったとしても、お店によってはなかなか立ち去りにくい

です(苦笑)

不動産屋さんに慣れていない場合は上手く断れなくなってしまう場合もあります。

私の場合はさらにそれだけでなく、どうしたものかとウロウロさまよっている内に、今度は大雨になってしまい、まともに行動する事すらできず、右も左も分からない土地でちょっと泣きそうになってしまった事を思い出します(苦笑)

最終的にはなんとか引越し先の部屋を確保したのですが、もし部屋を確保できなかった場合は色々な意味でちょっとまずかったです・・・

そんな遠距離引越しの苦労をしたくないという方には、

AWANAI賃貸

のような

・LINEで部屋探しができる

・オンラインでほぼ全ての手続きが完結する

・鍵の受け取りも郵送で対応してくれる

というサービスも選択肢の一つです。

引越しを安くするには引越し業者比較サイトが便利

引越し業者に頼むのはお金がかかりますが、やはり最もポピュラーかつ無難な選択肢だと思います。

【引越しラクっとNAVI】

のように、1度のヒアリングで複数の見積もりを一括手配してくれる見積もりサービスにお願いすれば、できるだけ引越し費用を抑えることもできます。

※よろしければこちらの引越し関連記事もご覧下さい。

みなさんは、引越しをする際はどのような方法を使いますか? ぱっと考え付く方法では、下記のようなものがあるかと思います。 ...

まとめ ~住み心地の悪い部屋は人生をも狂わせる・・・~

今回は、引越しの際に部屋を選ぶポイントや、お得な賃貸物件情報サイトなどについてご紹介してきました。

新しい部屋に引っ越したはよいものの、不運にも住み心地の悪い部屋に当たってしまった場合などは、仕事や学校などの日常生活にまで多大な悪影響を及ぼしてしまい、人生をも狂わせてしまいかねません・・・

私も以前は住み心地の悪い部屋で苦しめられていた時期もありましたが、みなさんの身にそういった事が起こらないよう、この記事が少しでも参考になりましたら幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする