鳩の糞で病気の危険?自分で撃退すると違法性も?駆除は業者に依頼するべき理由

みなさんは、

お好きでしょうか?

実は私は鳩がけっこう好きでして、公園などであの珍妙な動きを眺めているだけでしばらく飽きません(笑)

そして、

鳩にとまられた事がある

程度には鳩からも好かれるようです。

銅像か何かと間違われただけかもしれませんが(笑)

しかし、

ベランダなど、自宅の敷地内に巣を作られる

などとなってくると、残念ながらちょっと話が変わってきます。

今回は、

・鳩の撃退や駆除

・鳩の糞の危険性

などに関する話題です。

自宅の敷地内に鳩に巣を作られた事はありますか?

冒頭でも少し触れましたが、みなさんは

ベランダなど自宅の敷地内に鳩の巣を作られた

などといったご経験はあるでしょうか?

余談:鳩の巣作り、未遂はある

ここで少々余談にはなりますが、私の部屋のベランダにもたま~に鳩がやってきます。

特に春が多いような気もしますが、なんだかベランダで物音がすると思って窓を開けると、

バサバサバサッ

とすごい音がして鳩が飛び去って行く姿をたま~に見かけます。

もしかしたら、巣を作ろうと狙っている可能性もあるかもしれませんが、幸いにして今のところは巣を作られるまでには至っていません。

鳩は何度でも戻ってくる?

それでは、もし鳩に巣を作られてしまったらどうなるのでしょうか?

鳩110番によると、

鳩には強い帰巣本能があり、何度撃退しても、鳩よけの対策をしたとしても、なんとしても巣に戻ってこようとする習性がある

ようです。

一度巣を作られてしまうと、何度でも舞い戻ってくるという事ですね・・・

「くるっぽー(I’ll be back!!)」

みたいな感じですかね・・・

ちょっとムカつきますね・・・(苦笑)

一度鳩が巣を作ってしまうと、例えそこに鳩よけの対策をしたとしても、その強い帰巣本能からなんとしても巣に戻ってこようとします。

これが、鳩を何度撃退しても、同じ巣に舞い戻ってくる理由です。マンションの多い都市部では、手すりなど止まり木にできる場所が多いため、集まる数も必然と増えます。被害がで始めたら早急な対策が必要です

引用:「鳩110番」ホームページ

鳩の糞は危険?

さらに鳩の巣といえばもれなくついてくるのが

鳩の糞

です。

この鳩の糞ですが、同じく鳩110番によると、

・サルモネラ菌

・真菌類

・トキソプラズマ

・オウム病クラミジア

・アレルギー

・ダニ、シラミ、ノミ

などといった様々な細菌などが含まれている場合があり、様々な病気を引き起こす原因になるなど、非常に危険であるようです。

・サルモネラ菌

集団食中毒の原因になる菌です。鳩の約2%が保菌しており主に糞から検出されます。

・真菌類

鳩はさまざまな真菌、つまりカビを保菌しており、クリプトコッカス、アスペルギルス、ヒスとプラズマなどがあります。乾燥した糞を人が吸い込むと肺炎を引き起こし、免疫の弱い高齢者や小さなお子さんは特に危険です。

・トキソプラズマ

集団食中毒の原因になる菌です。鳩の約2%が保菌しており主に糞から検出されます。

・オウム病クラミジア

オウム病の原因となる細菌で、鳩の便によって感染します。ドバトの約20%が保菌していると考えられており、感染すると肺炎を引き起こします。

・アレルギー

鳩の羽毛や糞、鳩に付着した寄生虫は、アレルギー源になります。これらを吸い込むことで、喘息発作を発症することもあります。

・ダニ・シラミ・ノミ

鳩は様々な虫に寄生されています。中には人を吸血する種類もいるため、鳩が原因で感染が広がることもあります。

引用:「鳩110番」ホームページ

鳩を自分で撃退・駆除すると違法の可能性も?

さらに、

鳩を自分で撃退・駆除した場合、鳥獣保護法に違反してしまう場合もある

ようです。

このように、鳩は様々な病気を引き起こす原因になります。なんとか鳩を撃退しようとご自身で対処される方もいらっしゃいます。しかし鳩の駆除をご自身で行った場合、鳥獣保護法に違反してしまうことがあります。この法律で、鳩の取り扱いは以下のように定められています。

・ドバトの狩猟禁止。キジバトは狩猟期間内であれば1日10羽まで捕獲可能。

・意図的に衰弱させる行為や、過度な威嚇によって鳩の生命を脅かす行為の禁止。(箒で追い払う等)

・卵や巣を採取、移動させる行為の禁止こういった駆除行為を勝手に行った場合、「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」が課されることもあります。そのため安易に鳩を撃退しようとするのは危険です。

引用:「鳩110番」ホームページ

また、下記の記事においてもやはり、

・網や罠などを用いて捕獲するのは違法

・猟銃や薬などを用いて駆除するのも違法

・卵を採取し捨てるなどの駆除行為も違法

・べランダなどに住みついた鳩に餌をやるのも違法

などとされており、鳩を自分で撃退・駆除するというのは法律の観点から考えても避けるのが無難であるように思われます。

しかし鳩というのは思いのほかやっかいですね・・・

Q.自宅に住み着いたハトを駆除すると、法律違反となるのは事実でしょうか。

刈谷さん「ハトは、いわゆる鳥獣保護管理法(以下「法」)における『鳥獣』に該当し(法2条1項)、原則、捕獲や採取、損傷をしてはならないとされています(法8条)。違反した場合、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処するとされており(法83条1項1号)、未遂罪も罰するとされています(法83条2項)。鳥獣とは、鳥類または哺乳(ほにゅう)類に属する野生動物を指します(法2条1項)。つまり、野生の鳥類はすべて該当します。

引用:livedoor NEWS「自宅のベランダに住み着いた鳩に餌はダメ?鳥獣保護管理法に違反」より

鳩の撃退・駆除におすすめの業者は?

自分で鳩の撃退や駆除ができないとなると、当然、専門業者に頼らざるを得ません。

そこでここからは、

鳩の撃退・駆除の専門業者

をご紹介していきます。

お客様満足度98%以上!鳩のことなら「鳩110番」

【鳩110番】

は、東証上場企業である「シェアリングテクノロジー株式会社」が運営する鳩の駆除サービスです。

・1羽からでも受付対応

・年間受付数20万件以上

・鳩駆除「20,000円~」という低価格設定

・見積もり後の追加料金なし

・現地調査・見積もり無料

・日本全国受付対応

・24時間365日受付

などといった特徴のある、非常に高い対応力をもった鳩の駆除サービスです。

まとめ

今回は、

・鳩の撃退や駆除
・鳩の糞の危険性

などに関する話題をご紹介してきました。

最後に鳩の撃退や駆除についてまとめますと、

・鳩には強い帰巣本能があり、なんとしても巣に戻ってこようとする習性がある

・鳩の糞には様々な細菌などが含まれている場合があり、様々な病気を引き起こす原因になるなど非常に危険

・網や罠などを用いて捕獲するのは違法

・猟銃や薬などを用いて駆除するのも違法

・卵を採取し捨てるなどの駆除行為も違法

・べランダなどに住みついた鳩に餌をやるのも違法

などとなっており、

非常に厄介

なのが鳩の特徴でもあります。

冒頭で鳩がけっこう好きなどと言ってしまいましたが、ちょっと嫌いになりそうです(苦笑)

というかそれ以前に、細菌などの危険性を考えると不用意に近づくべきではないのかもしれません・・・

いずれにせよ、自分で鳩の撃退や駆除をするのは避けるのが無難であるように思いますので、もし鳩の被害でお困りの場合は自分で何とかしようとはせず、

【鳩110番】

のような専門業者に駆除や撃退の依頼をしてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする