海外旅行で言葉や会話が通じるか不安!外国語が分からない方におすすめの対策は?

日本人は外国語が苦手とされている民族ですが、楽しみではありつつも、外国語が苦手な方にとっては不安もまた非常に大きいイベントの一つに、

海外旅行

があるかと思います。

しかし、

たとえ外国語が話せなくとも海外旅行には行きたい!楽しみたい!

という方も非常に多いかと思われます。

そんな私も英語と中国語をかじる真似事はしてみたものの、文字通り「話にならない」うちの一人です(苦笑)

海外旅行どころか、日本国内の外国人旅行者と話すのも躊躇われます…

まあ私の事はさておき、今回は、

海外旅行で会話が不安な方におすすめの対策は?

などに関する話題です。

海外旅行で言葉に不安がある日本人はどれくらいいる?

さきほど、「日本人は外国語が苦手とされている」という点について触れましたが、

海外旅行で言葉に不安がある日本人

というのはどれくらいいるのでしょうか?

「言葉が通じるか不安だから海外に行かない」という人は非常に多い

下記の調査によると、

海外渡航経験がない方が、海外へ行かない理由

として、

・旅行代金が高いから:49.8%

・治安が心配だから:32.0%

・言葉が通じるか不安だから:30.1%

がTOP3となっています。

お金や治安の問題については割と致し方のない問題かと思いますが、言葉が原因で海外旅行にいかないという方は思いのほか多いようです。

また、性別や年代別でみると、

30代女性の55.6%が、言葉が通じるか不安だから海外旅行にいかない

という調査結果が明らかになっており、外国語に対する不安を伺い知る事のできる結果となっています。

【海外へ行かない理由 性年代別表】

海外渡航経験がない方に、海外へ行かない理由を尋ねたところ、「旅行代金が高いから」が49.8%で最も高く、次いで「治安が心配だから」(32.0%)、「言葉が通じるか不安だから」(30.1%)と続いています。

性年代別で見ると、「旅行代金が高いから」と回答している人は20代が一番多く、年齢が上がるにつれ、割合が下がっています。

働き盛りの40代男性は、「時間がないから」の割合が42.9%となっていて、全体より16.3ポイントも高くなっています。 定年退職を迎える60代男性は、「時間がないから」は10.3%と全体より10ポイント以上低く、一方で「国内旅行の方が好きだから」の割合が41.4%と全体より20ポイント以上高くなっています。

30代女性は、「言葉が通じるか不安だから」と考えてる方が全体より20ポイント以上高くなっています。

引用:株式会社バルク「Vol.85 海外経験に関する調査」より

半数近くの方が外国語を話せない

次に、

外国語を話すレベル

に関する下記の調査によると、

外国語は話すことができない人は44.3%

に上っており、半数近くの人が外国語を話すことができないという調査結果が明らかになっています。

【外国語レベル 性別グラフ】

全員の方に、外国語の話すレベルについて尋ねたところ、「外国語は話すことができない」人が44.3%で最も高い結果となりました。

男女別で見ると、「外国語は話すことができない」に次ぐのは、男性は「簡単な会話ができる」(22.8%)、女性は「あいさつ、自己紹介ができる」(24.6%)となっています。

引用:株式会社バルク「Vol.85 海外経験に関する調査」より

あいさつや自己紹介は、話せるうちに入るのか…?

ところで、さきほどの調査において少々気になったのですが、

あいさつ、自己紹介ができる(21.4%)

というのは、「外国語を話せる」うちに入れてよいんですかね?

それでしたら私も英語であいさつや自己紹介くらいはできますし、できるという方も多いかと思いますが、正直その程度のレベルでは、海外旅行に対する不安を解消するのにはちょっと足りない気もします…(苦笑)

海外旅行で言葉や会話の不安を解消する方法は?

多くの日本人が不安に感じている、海外旅行における言葉の問題ですが、

海外旅行で言葉や会話の不安を解消する方法

として考えられるものにはどのようなものがあるのでしょうか?

近年、翻訳機が驚異的な進化を見せている

海外旅行で言葉や会話の不安を解消する方法として考えられるものの一つに、

翻訳機を利用する

という方法ががあります。

翻訳機というと性能面を心配する方も多いかもしれませんが、近年急速な進歩を遂げているAI(人工知能)の活用もあり、翻訳機の性能も驚異的な進化を見せています。

翻訳機業界シェア率9割超え!74言語対応、双方向に訳せる「POCKETALK(ポケトーク)」

翻訳機業界のシェア率94.4%(2019年6月時点)

という、驚異的なシェア率を誇る大人気のAI翻訳機に、

POCKETALK(ポケトーク)

があります。

ソースネクストは7月4日、AI翻訳機「POCKETALK(ポケトーク)」シリーズが、全国の主要家電量販店・ネットショップのPOSデータを集計した「BCNランキング」2019年6月の「音声翻訳機」部門で、メーカー別販売台数シェア94.4%を獲得し、トップになったと発表した。

引用:exciteニュース『最も売れてるAI翻訳機「ポケトーク」、市場シェアは9割超え』より

下記の紹介動画ではその性能の高さと人気の理由を伺い知る事ができますが、

英語、中国語、韓国語、ロシア語、フランス語、タイ語、ベトナム語など、74言語のうち任意の2言語でコミュニケーション可能

という特徴があります。

「POCKETALK(ポケトーク)」はレンタルも可能

また、

・海外旅行に頻繁に行くわけではない

・翻訳機に興味があるけど、購入するほどではない

という方もいらっしゃるかと思います。

そういった方向けに、ポケトークをレンタルすることができる、

「ポケトーク」購入前にお試しレンタル

というサービスもあります。

「ポケトーク」購入前にお試しレンタル

を利用すれば、

・海外旅行で使いたいときだけ「ポケトーク」をレンタルする

・「ポケトーク」を購入する前に、使い勝手や性能を試してみる

などといった事ができますので、非常に便利です。

まとめ

今回は、

海外旅行で会話が不安な方におすすめの対策は?

などに関する話題についてご紹介してきました。

言葉が通じるか不安なために海外旅行に行くのを躊躇う方も非常に多いようですが、近年の驚異的な性能の進化を見せている、翻訳機を利用するという方法もあります。

そのあまりの進化に、

英語の勉強はもういらないのでは?

といった議論まで巻き起こるほどです。

前回は機械翻訳の仕組みと特性、その限界について「Google翻訳」などを例に挙げて説明しました。まだまだ限界があるとはいえ、機械翻訳の精度は日々上がっており、補助的な役割であれば十分ビジネス利用に値します。では、「機械翻訳があるからもう英語話せなくても大丈夫」という世界は近いのでしょうか?

引用:ビジネス+IT『「機械翻訳があるからもう英語話せなくても大丈夫」は本当なのか?』より

もちろん、英語の勉強はもういらない、という結論にまではいたらない場合が多いのですが、それでも外国語が苦手な方にとって、高性能な翻訳機というのは非常に魅力的なアイテムです。

もし、

たとえ外国語が話せなくとも海外旅行には行きたい!楽しみたい!

という場合、

POCKETALK(ポケトーク)

「ポケトーク」購入前にお試しレンタル

のような人気翻訳機を利用してみるのも一つの選択肢ではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする