ノロウイルス対策|普通の手洗いだけでは不十分な理由とは?

毎年冬になると必ず話題になるものの一つに、

「ノロウイルス」

があります。

嘔吐、下痢だけでなく、腹痛や発熱をも伴い、しかも発症しても有効な薬がないとされる恐るべき感染症です。

今回はそんな、「ノロウイルス」に関する話題です。

ノロウイルスの発生場所

私の身の周りでも、冬になると必ずと言っていいほど誰かしらノロウイルスに感染します。

下記の記事によると、自宅、職場、学校、外出時など、ノロウィルスはいたるところで発症する恐れがあります。

特に外出中などに発症してしまうと、トイレにこもりきりになってしまったり、近くにトイレが無い場合などはさらに悲惨な状況になってしまう事も極めて多いようです・・・

百歩譲って、発症するならせめて自宅でありたいですね・・・

Q. ノロウイルスにまつわる最も悲惨な体験は、どのようなシチュエーションで起きたかを教えてください

1位: 自宅にいるとき(63.5%)

2位: 職場や学校にいるとき(25.5%)

3位:映画館やレストランなど、プライベートな理由で外出しているとき(8.7%)

引用:マイナビニュース

私の場合

ちなみに私の場合、多分ノロウイルスに感染したことはありません。

なぜ「多分」かというと、ノロウイルスがどのような症状なのかよくわかっていなかったからです(苦笑)

以前、もしかしたらノロウイルスか?という症状が出た事があり、非常に体調も悪かった時があります。

あの時にもしかしたらノロウイルスに感染していたのかもしれませんが、本当のノロウイルスはあの程度ではないような気もしています・・・

ただ、実は極力手すりなどに必要以上に触れないようにしていたりもするので、案外その辺も効果があったりするのかもしれません。

(後にご紹介する記事にも、「人が手を触れる場所ほど汚染度が高い」とあります)

あとは以前、海外で食した昆虫をはじめとした強力な食材の数々により、耐性が強化されている可能性もあります(苦笑)

当時、お腹の調子自体は最悪でしたので・・・

みなさんは、「昆虫食」に興味がありますか? ありますよね? 以前の記事では、「最初に食べた人を尊敬したくなる食べ物」につ...

ノロウイルスに有効な対策 ~やはり手洗い~

次にノロウイルスに有効な対策についてですが、下記の記事によると、ノロウイルスを持ち込まないために有効な手段はやはり「手洗い」であるようです。

実は意外と手を洗えていない?

ノロウイルス対策に有効な「手洗いに」についてですが、実は意外とくまなく洗えていないようです。

下記の記事によると、「親指」や「爪」のまわりを洗えていない人が多いようです。

あと、アルコールや石鹸というのもあまり効果がないんですね・・・

さらに下記の記事では「爪ブラシ」の使用を推奨していますが、ぶっちゃけ私は見たことないのですが、日頃汚れ仕事などをする機械が少ないためですかね・・・?

ウイルスを持ち込まないためにはやはり「手洗い」

では、ノロウイルスにはどう対処すればいいのか。「感染拡大を少しでも防ぐには手洗いだが、意外と人は手をくまなく洗えていないのが実態」とダスキンの小林氏は話す。

「ノロウイルスにアルコールや石鹸はあまり効果がなく、手洗いではウイルスを洗い流してしまうことが重要です。ですが、爪や親指のまわりを洗えていない人が多い」という通り、日本ユニセフ協会の2018年手洗い実態調査によると、手洗いで98.5%の人が手のひらを洗うのに対し、親指のまわりは18.0%、爪に至っては13.5%しか洗えていないという結果が出ている。

(中略)

手洗いのポイントとして小林氏は「爪ブラシ」の使用を推奨している。ハンドソープで手の隅々までしっかりと洗ってから、爪ブラシを使って爪を磨くように洗うことで爪もきれいにすることができるという。だが、爪ブラシも衛生環境によっては菌が付着するため、定期的な手入れや交換が必要となる

引用:NewsWalkerホームページ

トイレの後、手を洗わない人って意外と多い?

ところで、みなさんの身の周りで、トイレの後で手を洗わない人って多いでしょうか?

日頃の手洗いがおろそかになってしまうのはまだしも、私の身の回りではトイレの後で手を洗わない人が以外と多いような気がします(苦笑)

大きい方のトイレから出てきて、そのまま洗面台を華麗に素通りしてそのまま出ていかれると、思わず

「えっ!?」

と思ってしまいます。

そしてそんなタイプの方に限って、案の定腹を壊したり体調を崩したりする場合も多いように思われます。

間違いなく感染症の発生・拡散元になり得る存在の筆頭候補ですので、できる事ならあまり近寄りたくはないですよね…

先ほどご紹介した記事にあった

「意外と人は手をくまなく洗えていないのが実態」

どころではなく、

「(トイレの後などに)意外と手を洗う気のない人が多いのが実態」

ですからね・・・

また、先ほどご紹介した記事の中にも

「手が触れる場所ほどATP清浄度測定の数値が高い」

との情報がありましたので、そもそも「トイレで手を洗わない」タイプの人が手を触れた場所っていったいどれだけの数値になるんでしょうね・・・

想像しただけでぞっとします・・・

一方、様々な場所の汚染状況を数値化して確認するATP清浄度測定をダスキンが行ったところ、保育園・家庭ともにもっとも清浄度の指標が悪いのがテーブル。保育園では手すり、おもちゃがこれに続き、家庭内ではトイレ、入り口と、手が触れる場所ほどATP清浄度測定の数値が高いという。

引用:NewsWalkerホームページ

ノロウイルス対策に有効な対策

一見、少々話がそれたようにも見えますが、実際のところ、

一般的には想像しがたい程、衛生面に気を使っていない人は思いのほか存在します(苦笑)

そして職場などでそんな方々と行動を共にする以上、

知らず知らずの内に、間接的にとても不潔な物に触っている恐れがあります・・・

この記事を読んでいるという事は、おそらくとても衛生面に気を使う方だと思います。

そういった方々は、せめて自分や身近な人々だけでも衛生面に気を使い、トイレで手を洗わないような不衛生な人々からの巻き添えを食わないようにする必要があります。

ノロウイルス対策No.1の除菌消臭剤

ネット通販などで非常に人気の高い、

ノロウイルス対策アマゾンNo1除菌消臭剤チャーミスト

という除菌消臭剤があるのをご存知でしょうか?

元々は全国の医療機関の機器の除菌等に使われていた

そうですが、

医療現場で「個人でも使いたい」という評判が上がり、一般向けに流通するようになった除菌消臭剤であるそうです。

その除菌率は99%を誇り、医療現場での評判もそのままに、一般家庭での評判も非常に高く、Amazonの消臭剤パーソナルランキングで売上1位を獲得した実績もある、人気の除菌消臭剤です。

先ほどご紹介した記事にも、

ノロウイルスにアルコールや石鹸はあまり効果がない

という情報がありましたので、手洗いに不安のある方は導入を検討する余地があるように思われます。

【公式ショップ】ノロウイルス対策アマゾンNo1除菌消臭剤チャーミスト

まとめ

今回は、ノロウイルスへの感染とその対策についてご紹介してきました。

まず一言物申したいのは、

トイレなどで手を洗わない人は、せめて手を洗ってほしい

です(苦笑)

トイレですら手を洗わないのに、普段から手を洗っているはずがないと思うんですよね・・・

しかし、いずれにせよノロウイルスへの感染に不安を感じている方は、本格的なシーズンに突入する前に対策を強化してみてはいかがでしょうか?

【公式ショップ】ノロウイルス対策アマゾンNo1除菌消臭剤チャーミスト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする